Webデザイナーの転職は未経験者でも可能?

Webデザイナーの転職は未経験者でも可能?

転職を希望する人の中で、人気の高い業界がIT系の企業への就職。この人気の高いIT系企業でも、そのジャンルは実に幅広く、システムエンジニアやソフトプログラマー、インターネットや無線系のネットワークの仕事等、多岐に渡っています。その中でも、人気の高いジャンルと言えば、Web関係の仕事も含まれています。

●Web系の仕事とは?

Webと言うと、ホームページの製作を指しています。今では、企業だけでなく、個人商店やプライペートな性格を持ったホームページがありますが、このホームページの作る仕事がWebデザインになります。

このジャンルは、インターネットによるビジネスがますます拡大している中で、今でもデザイナーの数が慢性的に不足していることから、有望な転職先として、期待されている職種でもあります。

●未経験者でも転職希望が多い

実はWebデザイナーを目指す日との中には、今まで全くこの仕事に携わっていない人が少なくありません。IT系の企業への転職者の中には、全体的に素人同然の人が転職するケースがよくありますが、Webデザイナーも例外ではなさそうです。

●専門スキルが求められるWebデザイナー

しかし、この職種はWebを製作するにあたり、専門的なスキルや知識を必要することも事実です。そのために転職前に通信教育や独学で勉強してマスターしている人がかなり多くいるのです。

しかし、逆に言えば、独学で何とかWebデザイナーとしての地位を確立させることができるので、IT企業でもシステムエンジニアのような職種よりハードルが高くないということが言えるでしょう。

●Webデザイナーになるための事前準備

デザイナーを目指す上で、事前に用意しておきたいツールがいくつかあります。まずはパソコン。これはWebデザイナーならずとも、IT系の仕事を目指す人は必要最低限の道具です。

そして、ソフト関係のツール。イラストレーターやフォトショップ、そしてテキストエディター。これらもWebを作る上で必要なツールとなります。そしてここから独学のスタートとなります。

●どんな勉強をすればいい?

まずは、デザインの勉強です。デザインと言っても、美術的なデザインの勉強ではなく、Webの構成を形作るサイトのページ構成のデザインと言った方が正しいでしょう。一言で言うと、サイト訪問者かホームページにアクセスして、見やすく理解しやすいページの構成です。

よく理解できるのは、ネットショップかもしれません。初めて訪れたネットショップのホームページが理解しにくかったら、買い物をする気にはなりませんね。サイト訪問者に買う気にさせる見やすく理解しやすいデザイン作りが重要になってきます。

しかも、Webはポータルサイトから下の下層に深くなっていく構造をしています。これも多くの情報を体系化して扱いやすいWeb構成に整えてあげる必要があります。これもWebのデザインの知識として学ぶ必要があります。

●ホームページを作る言語

次に実務的な知識の習得です。Web製作で必要な言語は、HTMLとCSSコーディングです。HTMLはWeb上の文字で、CSSは、視覚的な表現を表記させる言語と言ってもいいでしょう。

そして、Webページの見映えを良くするために考えられたデザイン案に沿って、プログラミングするのが、コーディングです。ここまでの知識を習得できると、Webデザインーの基本的なスキル身に付いたことになります。

●さらにブラッシュアップするために

そして、さらに基礎的な知識を学んだ上に、フォトショップやイラストレーターで効果的なWebデザインにブラッシュアップさせるテクニックを身に付けていきます。ここまで来ると、Webデザイナーとしての道に希望の光が見えてきます。

●ポートフォリオサイトを作ること

ここまでの段階になったなら、ポートフォリオサイトと言うものを作りましょう。ポートフォリオサイトとは、自分が作ったWebページを掲載して外部の人にはアピールするためのサイトです。よくフリーランスで、この仕事をしている人は、クライアントへの効果的なセールスページとして活用しています。

これを完成させることで、より自分の力を多くの人に理解してもらうことが出きるのです。これは転職先の面接の時でも、強くアピールすることができますので、大いに活用することです。そうすることで、難しいと感じていた未経験者の採用の可能性が一気に高めることができます。

●通信教育やセミナーへの参加

Webデザイナーのノウハウや技術は、常に進んでいます。そのようなことを考えると、転職を果たした後でも、通信教育や外部セミナーに参加して、新しいスキルを身に付けていくことも、大きな武器となります。

また、最近はフリーランスの人々を対象にしたクラウドソーシングでWebデザインの仕事も数多く募集されています。このようなビジネスチャンスに積極的にエントリーして、実践的な経験を積んでいくことも大きな経験を蓄積することになります。