UQ(UQ)モバイルの利用されているバンドのことを知っておく

UQ(UQ)モバイルの利用されているバンドのことを知っておく

大手キャリアからUQモバイル(UQモバイル)にスマホを乗り換える時に自分で用意する場合は、スマホのバンド数(周波数帯)に注意する必要があります。
UQモバイルは、au回線を利用していますので、auの周波数に対応したスマホを購入する必要があります。
ドコモやsoftbankでSIMロック解除したスマホをUQモバイルに持ち込む場合、注意が必要です。
元々、ドコモやソフトバンク専用で作られたスマホは、auプラチナバンドの18という周波数体育に対応していない可能性があるからです。
●UQモバイルへの乗り換えではau回線のプラチナBandに対応したスマホを選ぶこと
周波数は、ドコモ、au、softbankなど各キャリアによって帯域が違います。
ドコモの周波数とauの周波数が違うために、地方に行くとドコモでは電波が入るのにauでは入らないことが出てくる可能性があります。
チェックしていおきたいのは、使用しているスマホが、格安SIMのプラチナバンドに対応しているかどうかです。
プラチナバンドとは、その回線の基幹となるメイン周波数のことです。
●プラチナバンドとは?
プラチナバンドは、より高速で速く障害物にも強い回線で、建物や障害物を回り込んで電波が届く特性があります。
前よりも各社のスマホの電波が建物内や地下などで届きやすくなりましたが、プラチナバンドを受信できるスマホでないと速度の低下や電波のつかみなどに大きな影響が出てくるのです。
●au回線のプラチナバンドは18
UQモバイルは、au回線を利用しています。
そのためにauのプラチナバンドに対応したスマホが望ましいと言えるのです。
auのプラチナバンドは18。
このバンド18に対応したスマホをUQモバイルで利用することが理想です。
そのためにUQモバイルで販売されている以外の機種やドコモ、softbankで利用していた機種の中には、バンド18とバンド26に対応していないスマホが多々あるので注意が必要です。
●使われているバンドの種類
バンド1は、au、ドコモ、ソフトバンクなど主要キャリア全てで利用されている一番標準的な周波数帯です。
バンド1に対応していないスマホは、おそらくなく、ほぼ全てのスマホが、このチャネルに対応しています。
●コモやsoftbankのスマホは、UQモバイルで使うには注意が必要?
元々ドコモやsoftbankで発売されているスマホは、キャリアのバンドに合わせて作られています。
ドコモの端末からドコモ系MVNO格安SIMへ移行は問題無いのです。
これと同じように、au端末からUQモバイルへの移行も問題無くバンドを意識する必要はないでしょう。
しかし、ドコモ端末からUQモバイルへの移行だと、注意が必要になってきます。
ドコモのXperiaZ5を移行するなら、SIMロック解除をすればUQモバイルやmineoなどのau系格安SIMで利用することができますが、auのプラチナバンドのバンド18に対応していません。
この場合、高速通信や障害物、建物内で電波の届き具合が落ちる可能性があるのです。
実際にドコモのXperiaシリーズは、残念ながらバンド18には対応していません。
●プラチナバンドに対応していなくても使えることは使える
ではドコモのXperiaをSIMロック解除してUQモバイルではまったく使えないのでしょうか?
いえ、実はバンド1に対応していることから、使えないことは無いのです。
LTE利用もOKです。
しかし、au回線のメインバンドを受信できないので、完璧なパフォーマンスは期待できません。
au回線で他社Xperiaは、ベストな選択肢と言いづらいのが、実情でしょう。
auで発売されたXperiaはしっかりとバンド18、26に対応しているので問題はありません。
Xperiaは1つのパターンですが、他社スマホはSIMロック解除してUQで利用できる反面、auのプラチナバンドに対応している保証がないので注意が必要です。
●au回線のバンド数を把握しておくこと
UQモバイルでスマホを持ち込みで利用するなら、au回線のプラチナバンドに対応している機種が選ぶことが望ましいのですが、auのプラチナバンド以外にはどんな周波数があるのでしょうか?
・バンド1:2.1Ghz 準メインの周波数帯 下り最大150Mbps
・バンド11:1.5Ghz 
・バンド18:800Ghz
auのメイン周波数
・バンド26:800Ghz
・バンド28:700Ghz
・バンド41:2.5Ghz
WiMAX2+専用帯域
ここでチェックしておくのは、バンド1と18に対応しているかどうかです。
メインのバンド18と準メインのバンド1に対応しているかどうかを確実にチェックしておくことが大切です。
その他のバンドは、あまり気にする必要はありません。
バンド26はバンド18のエリアに入るとバンド18に接続できますし、バンド26に対応していると18が利用できる程度の理解で十分です。
●iphone6s以降はどのキャリアでもauのプラチナバンドは対応
ドコモ、ソフトバンク、auとiphoneを販売しています。
どのキャリアのiphoneでも6s以降は、auのバンド1、18、26に対応しており、WiMAX2+のバンド41にも対応しています。
そのためにSIMロック解除してiphoneをUQモバイルで利用するには、バンド数を気にすることなくau回線の利点を最大に利用することができます。
●総括
UQモバイルにスマホを持ち込むなら、au回線のプラチナバンドに対応しているか確認します。
auのプラチナバンドは、18、26で、ドコモやソフトバンク専用モデルはバンド18、26が対応になっていない場合が多いことも知っておくことです。
また、iphoneは6s以降、どのキャリアでもauのプラチナバンド対応できます。
ただし、SIMロック解除は必要です。
iphone6s以降をUQモバイルで使うなら、SIMロック解除さえすればauのバンドは問題無いことも認識しておきましょう。