UQモバイル  お得な使い放題プランを考察してみた

UQモバイル  お得な使い放題プランを考察してみた

3人の美人姉妹が出てくる CM でおなじみのUQモバイル。
格安 SIM 業界の先頭集団を突っ走っている会社です。 データ通信事業を専門に行うKDDIグループが親会社となっています。
「新春セール開催中、だぞっ」のようなキャッチフレーズで、毎回様々なキャンペーンを打ち出しています。
大手キャリアからUQモバイルに乗り換える人も多く、毎月のお得な料金プランで携帯料金が浮いてる人も多いでしょう。
スマホをよく使う人にとって一番気になるのは、通話料が無料のプランやインターネット使いたい放題の概要です。
今回はUQモバイルの使い放題について着目して色々紹介していきたいと思います。

【UQモバイル お得な通話使いたい放題】

昨今ではLINE によるやりとりを行っている人がほとんどなので、通話の料金を気にする人も少なくなってきていると思います。
しかしどこかのお店に予約の電話を入れる、実家の固定電話に電話をかける、ガラケーなどで LINEを登録していない人との通話など、まだまだ有料で電話をかける機会は多いものです。
また仕事上の電話のやり取りは LINEを使わないことが一般的です。会社から専用の携帯をあてがわれていれば気にすることはないですが、自分のスマホを使って仕事をする人も多く、その電話代は自分持ちという人も少なくはないでしょう。
無料通話のサービスの拡大に伴い、サービス対象外の有料通話の料金が以前に比べて割高になっているケースもよく見られます。基本料金以外は1円たりとも払いたくない!これは利用者の本音ではないでしょうか。

UQモバイルのお得な通話プランは、大まかに二つに分かれています。無料通話付きの料金プランと無料通話なしのシンプルプランです。
無料通話付きの料金プランはさらに二つに分かれています。
まず一つ目はおしゃべりプラン。ギガ数によってS・M・L と三つのプランがあります。1980円から4980円月額料金で、国内通話が一回5分以内であれば何度でもかけ放題になります。
もうすぐ5分だ!と思った時点で、一度切ってまたかけ直すというやり方は賢い使い方です。
もう一つはぴったりプラン。こちらもギガ数によって三つに枝分かれしていて、料金は1980円から4980円です。
ぴったりプランは月のトータルの通話時間が60分から180分と決まっています。
一度の通話が5分以上になったとしても、月トータルで60分以内であれば通話料が無料というプランです。
普段自分が有料の通話を行う際に、どのようなパターンが多いのか思い起こして、自分に合ったプランを選ぶことが大切です。
「店への予約くらいしか使っていないな」と思えば通話料5分以内のおしゃべりプランの方で十分ですし、「実家の親と電話する時はいつも長くなるな」と思う時はぴったりプランの方が良いでしょう。
無料通話なしのシンプル料金プランの場合は、月の利用料はもっと格安になります。980円から2680円です。自分はほとんど有料通話を使わない、もし使う時は公衆電話を使ってやる!と思っている人は、使いたい放題のプランをあえて選ばないことも賢い選択です。

【UQモバイル お得なネット使いたい放題】

通話料が無料にお得になれば、次はネットも使いたい放題を求めたくなります。
手が空いた時についゲームをしたり、調べものをしたりと、ネットを活用する人は多いのではないでしょうか。
いくらネットも使い放題とはいえ、月末に向けて通信速度が遅くなってしまうのでは、使い勝手は悪いです。

こちらのネットの使いたい放題も、先ほどの通話料使いたい放題のプランで紹介したギガ数から選択することができます。
例えば普段スマホはメールやLINEの利用がほとんどで、あまりゲームや調べものなどでインターネットを使わない人にとっては、「プランS」の月2GB以下で十分でしょう。
一番人気は6GB以内の「プランM」です。月の料金2980円で、ネット使いたい放題が6GB まで対応できます。ネットやSNS をほぼ毎日利用しているという人には、このプランがおすすめです。
自分は動画もよく見る、YouTube 大好き!という人には、「プランL」月料金4980円のプランがおすすめです。こちらは14GB まで通信速度を落とさず、使いたい放題で利用することができます。

思い返してみると大手キャリアを使っていた頃は、余裕でこの「プラン L」 の2倍の料金は払っていたように思います。そう考えると、どのプランを選んでもかなりUQモバイルの使いたい放題のプランはお得になっていることがわかります。

以上、UQモバイルの通話料やネット使いたい放題について考察してみました。
ただし今回紹介した料金プランは、最大2年間の料金となっています。3年目以降からは料金が上がりますので注意が必要です。上がるといっても各プラン1000円以内の上げ幅ですので、そこまでバカ高く料金がかかるというわけではないので、十分検討の余地はあるのではないでしょうか。

※表記中の料金はすべて税抜き価格となっています。 

ランキングカテゴリの最新記事