UQモバイルのスマホが圏外になりやすいって本当?

UQモバイルのスマホが圏外になりやすいって本当?

UQモバイル(UQMobile)のスマホが圏外になりやすいと、巷で噂になっていることをご存知でしょうか?
スマホの回線では、3G回線もあるのですが、これが中々、通信に使えないということも経験した人もいるのではないでしょうか?
UQモバイルで圏外になりやすいことや3Gデータ通信が使えないとどうなるのかを見ていきましょう。
●UQモバイルで、3G通信が使えない?
UQモバイルで3G回線が使えないと聞いたことがある人も入ると思います。
これはUQモバイルのスマホの回線自体が、圏外になりやすいということなのでしょうか?
確かに圏外になりやすいというのは、3G回線を利用したデータ通信のことを指していることがほとんどと思われます。
では、3Gデータ通信ができないと、どのようなことなるのか?
●UQモバイルでは3Gデータ通信は不可能!
UQモバイルでは、3G回線でデータ通信を行うことができません。
そこで気になってくるのが、UQモバイルは圏外になりやすいのか?という理解です。
大手キャリアの契約から格安SIMに乗り換えることで、月々のスマホ料金が安くできるからといって、ネットや通話ができないのであれば、契約変更をした意味が無くなります。
●そもそも、3Gデータ通信とは何?
そもそも3Gデータ通信とは、何でしょうか?
3Gデータ通信とは、今の4GやLTEと呼ばれている回線より、ひと昔前の回線のことを指しています。3Gデータ通信の3Gは「3rd generation」の略称で、「第3世代」の通信規格のことを指しています。
今では主流となっている4G LTEと比べて、3Gデータ通信は通信速度がかなり遅い仕様になっています。
LTEが始まる前の規格なので、仕方のないことですが、LTEの方が通信速度が速いなのであれば、3Gデータ通信は使えなくても問題なさそうに思えます。
しかし、決して実そうでもないのです。
今でも3Gデータ通信が残っているということは、使えるメリットがそれなりにあるということです。
3G回線のメリットとしては
・電波の届くエリアが広いこと
・障害物に強く電波が届きやすい
確かに4G LTE回線と比べて通信速度は3Gデータ通信の方が遅いのですが、この回線を使えることによって2つのメリットが生まれてくるのです。
●1つ目のメリット
電波が広範囲に届くということが挙げられます。
4G LTE回線により3Gデータ通信の方が普及率が今だに高いため、圏外になりにくい特徴があります。
●2つ目のメリット
LTE回線よりも3Gデータ通信の方が障害物に強いということもメリットになっています。
3Gデータ通信では、建物の中まで電波が届きやすい性質を持っています。
この差は地下の建物に入ると顕著に現れてくる現象です。
●UQモバイルは、本当に圏外になりやすい?
3G回線の特性を知ると、電波が入りやすい3Gが使えなかったら、UQモバイルは圏外になりやすそうに思えます。
しかし、現実的にはそんなことはありません。
UQモバイルに使われているau 4G LTEの人口カバー率99%と高い普及率を誇っているからです。
●UQモバイルは、LTE対応エリアが広い
UQモバイルの通信方式は、au 4G LTEが採用されています。
実は大手キャリアのauと全く同じ電波を使っています。そのおかげで繋がるエリアは基本的にauと同じになのです。
auの電波の特徴は、ドコモやソフトバンクより地下に強いことです。
これは、利用されている電波の特性で、800Mhzのプラチナバンドである4G LTEは、遠くに届きやすいので、田舎や山間部でも電波が拾いやすくて、オフィス街でも大きな建物を回り込んで室内まで電波を届けてくれるという特徴があります。
●UQモバイルが圏外になりやすい所
auの回線を使っているなら安心になります。
しかし、それでも実際には、圏外に全くならないのでしょうか?
基本的には圏外にはならないと思っても大丈夫です。
ただ、地下に入る時は少し注意した方がいいかもしれません。
実際にUQモバイルを利用して圏外になりやすいと思われるスポットは地下でしょう。
但し、地下といっても駅やデパート、地下街といった人通りが多いところは圏外になることは、ほとんどありません。
圏外になりやすいのは、地下にある劇場やライブハウスなどでしょう。
演劇やイベントが行われる劇場やライブハウスは、防音・騒音対策のために地下にあることが多いのですが、このような地下施設は圏外になりやすいと思われます。
ただ、実際の運用を考えると、公演中は携帯電話やスマートフォンの電源を切ることになっているので、デメリットになることはありません。
●UQモバイルの圏外の真実
UQモバイルは、確かに広範囲に届きやすい3Gデータ通信が使えません。
au 4G LTEを使った通信のみになってしまうので、地下は少しばかり電波が弱い可能性はあります。
しかし、これはUQモバイルに限ったことではなく、キャリアでも電波が弱くなる可能性が高い場所でもあります。
UQモバイルに乗り換える前には、必ずエリアマップで電波状況やカバーエリアを確認することが必要です。

ランキングカテゴリの最新記事