UQモバイルには光回線のセット割のメニューがない?

UQモバイルには光回線のセット割のメニューがない?

今やドコモでも、自宅の光回線とセット割があって、スマホとインターネットの両方を利用するのが、メリットはかなり大きいと言えます。
しかし、UQモバイル(UQモバイル)には、家のネット(光回線)とのセット割が無いのです。
「えっ、本当なの?」
と疑問の声が出てしまいそうになりますが、本当のことです。
●セット割するならワイモバイルになってしまう
家の光回線も取り込んで、セット割にしようと思うなら、格安スマホのMVNOだと、ワイモバイルになってしまいます。
ただし、UQモバイルとワイモバイルは、非常に似ているような印象があるのですが、違いがいくつかあります。
相違点を十分理解した上で、どのスマホ事業者にするかを判断して決めていくことです。
●ワイモバイルの強みは?
ワイモバイルは、基本料金が安いことで有名です。
たた、その他にも色々と割引キャンペーンが併用できるのも大きな強みかもしれません。
●それがセット割
その1つが光回線とのセット割引である「おうち割」になるでしょう。
「おうち割」は、ワイモバイルのスマホを契約している人が、自宅のインターネット回線を「ソフトバンク光」にすることで、毎月のスマホ料金が最大1,000円も割引になるというメニューなのです。
この割引は、契約者1人当たりの割引額なので、家族でワイモバイルユーザーが4人いれば最大4,
000円/月の割引になってしまうのですから、かなりの魅力を感じることでしょう。
●UQモバイルは?
ワイモバイルとUQモバイルは、料金プランもほぼ同じなので、キャンペーンも同じような内容のものがあるのでは?とイメージするかもしれません。
しかし、UQモバイルには「おうち割」のような自宅のインターネット(光回線)とのセット割引のメニューが無いのです。
今では、光コラボもインターネット契約の中で、セット割りが流行っているだけに、ちょっと驚きです。
家のネットとのセット割は「おうち割」が適用されるワイモバイルのみのサービスとなっていいるのです。
●auの子会社なのですが
実はUQモバイルは、auの子会社です。
普通に考えると、auスマートバリューも対象外なのか?という疑問が沸いてきても不思議ではありませんが、auスマートバリューは、au本体が実施している割引サービスです。
自宅のネット回線の光コラボの「auひかり」にすることで、auのスマホ料金が毎月割引になるメニューです。
ワイモバイルの「おうち割」と同じ内容です。
しかし、UQモバイルはauの子会社にも関わらず、auスマートバリューが適用されないのです。
同じく「eo光(イオ光)」や「コミファ光」とのセット割引もありません。
今のところ、ご提案回線のネット(光回線)とのセット割の制度が無いのがとても残念で仕方ありません。
●UQモバイルとワイモバイルの違いは?
では、UQモバイルとワイモバイルは、系列がau系かソフトバンク系かの違いだけで、サービス内容はかなり酷似しているのと言われています。
ただ、詳しく調べていくと「ネットとのセット割の有無」の他にも、色々と違いがあることが分かります。
●料金プランはほぼ同じ
UQモバイルとワイモバイルは、料金プランは、ほぼ同じと言ってもいいでしょう。
ワイモバイルもUQモバイルも、料金形態は以下の点で同じです。
・プラン:S・M・Lの3種類
・データ容量:2GB・6GB・14GB(2年間)
・月額料金も同じ
加入後の1年間は1,000円引きになるのも同じです。
かけ放題や無料通話が料金に含まれることも似ています。
●通話料金は少し異なる
両者の料金における最大の違いは、通話料金になってきます。
ワイモバイルは10分以内の国内通話が全て無料なのですが、UQモバイルはおしゃべりプラン・ぴったりプランの2つから選ぶことができます。
おしゃべりプランは、5分以内の国内通話何度でも無料。
ぴったりプランは、データ容量に応じて無料通話付与される仕組みです。
おしゃべりプラン、もしくはぴったりプランから選択できる出のですが、
おしゃべり、ぴったりプランの順で見ていくと、
おしゃべりプランは、S、M、Lともに5分以内無料。
ぴったりプランは、S、M、Lの順に60分、120分、180分なのです。
●UQモバイルは、データ繰り越し可能
ここでワイモバイルとUQモバイルの大きな違いとしては、データ繰り越しが挙げられます。
UQモバイルは、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができるサービスがあります。
繰り越せる容量は、各プランの基本容量(2倍になる前の容量)となります。
プラン、データ、繰越上限、月最大の淳で見ていくと、
・プランS:2GB、4GB
・プランM:6GB、12GB
・プランL:14GB、28GB
となります。
しかも、翌月は繰り越したデータ容量から先に消費されるので、さらに翌月にも繰り越ししやすい仕組みになっています。これはスマホでデータ通信を重視している人には、とてもありがたいサービスです。
一方のワイモバイルには、この繰り越しサービスが無いのです。
繰り越しされると月々のデータ使用量の変動を吸収して調整することができるので、もったいないことです。
●UQモバイルは低速通信切替OK
UQモバイルには、「節約モード」という非常にお得なサービスがあります。
これは、データ通信を節約モードに切り替えることで、通信速度が遅くして、データ消費量をカウントさせないというサービスなのです。
仕事帰り、学校帰りのSNSを閲覧している時などは節約モードに切り替えてデータ消費を節約することができます。
動画を見る時に解除してストレス無く楽しむということができるわけです。
節約モードにしている時は300Kbpsの通信が可能ですが、これは
大手キャリアのスマホ通信制限時の128Kbpsと比べると、それよりもかなり高速です。
ツイッター、Facebook、LINE程度どあれば、問題なく通信することができるでしょう。
また、音楽ストリーミングレベルでもほとんど問題ありません。
節約モードには、UQモバイルの専用アプリからワンタッチで切り替えられるので、迷うことも無いでしょう。
こまめに切り替えることで、データ消費を節約できるのですから、非常にうれしい機能です。
このサービスは、ワイモバイルには無いのです。

このようにUQモバイルには光回線とのセット割は無いのですが、データ繰り越しができることや高速と低速の切替ができるとメリットがあります。
もし、光回線とのセット割の必要が無いのであれば、UQモバイルは非常におすすめです。