IT業界へ営業として転職すること

IT業界へ営業として転職すること

今、IT業界が大変、賑わって活況を帯びています。ビジネス業界の中でも、もっとも元気のある業界と言えるでしょう。それは、多くの企業がIT設備を導入し運用していかなければ、事業運営が不可能だからです。

インターネット等ネットワークや、IOT、AI等の活用等も、その1つですが、そのためには、IT企業がビジネス活動の大きく牽引していると言っても過言ではありません。

しかし、このようことを背景にIT系企業への就職希望者を多いのが特徴です。おそらく、新卒者や第二新卒の中でも、人気の高い業界なのです。これは、新卒者だけではなく、中途採用者でも人気の高い業界なのです。

一方でビジネス業界は、転職ブームと言ってもいいでしょう。昔は、会社に就職したなら、定年退職まで同じ会社で勤め終えることが常識でした。

しかし、現在では自分の夢や憧れを実現させるためや、キャリアアップするために転職する人が増えています。その中で、特にIT業界が人気を呼んでいます。

●IT業界で求人が多い職種

転職も定期採用でも人気の高いIT系企業ですが、どのような職種があるでしょうか?IT企業で人気の高い職種で最も多いのは、システムエンニアやプログラマーでしょう。

IT設備の導入や運用が求められる企業では、設備導入するにあたり、自社の経営効率、業務効率を高めことを目的にシステム導入に踏み切ります。

しかし、むやみやたらと最新の設備を導入すればいいというものではありません。導入については、自社の課題や問題点を解決するための設備でなければなりません。そのためには、その業務に税通したエンジニアが必要になってくるのです。

精通したプロのエンジニアが、顧客である企業の問題点を客観的に的確に分析して、それ解決するためのシステム設計・導入・運用サポートを行います。

プログラマーにおいいては、システムエンジニアと連携しながら、そのシステムを稼働させるために必要なプログタムを設計していきます。

この2つの職種は、今でも慢性的な人材付不足の傾向にあるために、定期採用者だけでは足りず、中途採用者で即戦力となる人材も募集しているのです。このようなことから、人気の高いIT系企業での求人がエンジニア関係が多いのです。

●IT系企業では営業は転職不可能か?

しかし、IT系企業の中途採用の求人は、必ずしもエンジニアだけではありません。他の職種の求人もあり、営業として、中途採用者の募集をしているIT企業も少なくありません。

IT系企業への転職といれば、20代、30代と若い年代の人達でなければ難しいという印象があります。しかし、実際には、このような営業等の仕事で、40代以降のい人々がIT企業で活躍しているケースも数多くあるのです。

●営業経験が活かされること

営業と言うと、人とのコキュニケーションが非常に重要視される仕事でもあります。相手との信頼関係を構築できないと、具体的な取り引きが進まないと言ってもいいくらいです。

しかし、現代のコミュニケーションはメールで済まされるケースがまかり通っています。とは言いつつも、実際には、相対しながら会話を重ねることで、信頼関係を築き、取り引きすることが求めれてきます。

そのために、どうしても人との会話力等、豊富な営業経験も持っている中高年の営業経験者のスキルが重要になってくるわけです。社員の平均年齢が若いIT業界では、このような経験を有している人が多くはありません。

社員の多くが優秀なシステムエンジニアに集中しており。営業社員が不足していることもあるのです。従って、IT系企業では営業の中途採用は、重要な人材確保の手段として残されているわけです。

●IT業界で営業て転職するためには

IT業界で営業として転職を果たすための事前準備としては、現職までの仕事の振り返りを行い、今までのキャリアを整理しておくことです。どのような業界の営業を担当して、どのような実績を残して来たか。その時に培ったノウハウうやスキルはどのようなものか。

これらのことは、希望するIT企業で、どのような面で活かして貢献できるかを整理しておくことです。そうすることで、転職先でのやりたい仕事のイメージが湧きやすく、面接でも説得性のある対応ができることでしょう。

●転職エージェントにも、しっかり理解してもらうこと

転職を確実に成功させるためには、転職エージェントを活用することが良いとされています。業界の傾向や求人情報に詳しいスタッフが多いからです。

これら転職エージョントのスタッフに対して、自分の今までのキャリアを克明に伝えて理解してもらっておくことも必要でしょう。そうすることにより、IT企業での営業職としての再就職も現実的なものとなってきます。

技術者職の求人が多いという印象が強いIT業界ですが、営業の仕事でも求人があるので、この業界へのチャレンジにも諦めないことです。そのためには、自分の今までのキャリアの棚卸しをしておくことが大切です。