IT業界で転職するためのスキル

IT業界で転職するためのスキル

今や転職をする人が年々増えています。
昔は、同じ会社に勤めて定年を迎えることが、ある種の社会的な常識でもあり、通念的な考えでした。
しかし、今はそのような考え方は古いと言っても過言ではありません。
50代半ばのサラリーマンの人でも 、早期退職をして転職する人が増えています。
毎年上がってきた定期昇給も停滞していますし、昇格による給料アップも厳しい時代です。
このような社会的背景から、転職の動きが活発になってきています。
しかし、これはあくまで老後の生活を案じた場合の転職に過ぎません。
世の中には、もっと前向きに積極的な転職する人がいます。

●積極的な転職とは?

積極的な転職とは、自分のキャリアアップのための転職と言ってもいいでしょう。
キャリアアップとは、自分のスキルを高めてさらにステップアップしながら、高いレベルの仕事にチャレンジすること。
これは自分の夢を叶えるために自己実現です。
自分の進むべき夢を現実のものとして、且つ社会貢献することにやりがいを感じることに、喜びを感じる前向きな転職なのです。

●転職ではIT業界が熱い!

転職ブームの中でも、取り分けIT業界がとても人気を集めています。
大卒の人の就職希望の中でも、高い人気を誇っていますが、フリーターや中高年の人でも、転職の希望者が後を絶ちません。
何故、この業界に人気が集まっているのでしょうか?

●時代の流れを支えるのが、IT業界

インターネットが普及して久しい乃ですが、今やネットがないと社会も経済の動きも停滞してしまうほどに重要な存在となっています。
電気、水道、ガスに次ぐ生活費インフラでもあります。
また、ビジネス業界でもネットワークの利活用は必要不可欠です。
コンピュータも必須の環境がないと仕事ができない状況です。
この世の中の活動を支えるにはITが必須になるのです。
このようなことから、IT企業の位置付けはとても重要であり、この業界で働けることは、やりがい感がありますし、ステータスでもあるのです。

●専門的なスキルが求められる?

このようなことから、転職先として、大きな注目と期待を集めるIT企業なのですが、職種によってはスキルと資格が必要なケースがあることも知っておくとと良いでしょう。

●IT業界で役立つ資格

IT企業と言っても、 その分野やとても広く、コンピュータ系、ネットワーク系、ソフトやアプリ系、あるいはWeb系等とかなり幅広い分野を大くくりで、IT業界というカテゴリーに納めていますが、1つひとつの分野で資格の種類が変わってきます。
情報インフラでは、社内LANやイントラ等をテーマとしたネットワーク系の資格があります。
コンピュータでは、情報処理の資格がよく聞く資格です。
最近は、IT系の分野が広がっていることや互いの分野が重なってトータル的なソリューションニーズも多いことから、資格も包括的な資格さえ生まれてきています。
システムの設計・構築を図るためのプロジェクトマネージャーの資格さえあります。
これ等の資格は、国家資格の物もあれば、Ciscoのような大手メーカーの認定資格もあり、様々です。
IT企業に転借する時に、これ等の資格を持っていると、とても便利なのです。

●それでも、転職の時の必須条件ではあらず

しかし、これ等の資格は必ずしも、入社する時の必須条件とはならないことが少なくありません。
この業界に転職してきた人達の中には、全くIT未経験者も多く、転職後にあらためて、勉強をして資格を取る人もいます。
自己学習、外部セミナー、研修なとを経て資格を取っているのです。

●資格なしでも頑張れる

このように転職後の努力で資格取得に燃えている人もいますが、取得することが目的ではありません。
いかに勉強を続けながら、実践的な経験を積んでいくかも大事なことです。
このようなことを積み重ねて仕事ができる点が、IT業界の魅力なのです。
これもIT業界へ転職したい理由となっているかもしれません。
転職に関しては門戸が開かれた業界と言えるでしょう。

●中高年の活躍

もう1つ驚くことは、IT系の仕事を経験したことのない中高年の人々も活躍していることです。
彼らも自分なりにITスキルを高めていく努力はされているのでしょうが、それだけを武器にしているわけではなさそうです。
転する前の仕事の経験やノウハウ、人脈さえプルプル活用しています。
企画力、営業力、マネジメント力等を活かすことが可能なのも、この業界の懐の深さです。
若い世代の社員が多いIT企業では実践的な経験が少ない人多いこともあり得ます。
そのような会社では、経験豊富でどんな逆境にも乗り越えていけるタフな人を求めています。
不可能だと思われていたプロジェクトでも、彼らの力を借りれば、何とか乗り越えることもできます。
このようにIT系企業への転職では、専門的なスキルやノウハウを求めているケースもあるのです。
とは言いつつも、やはりITに関連する資格を勉強する姿勢は持っておきたいものです。