ITエンジニア転職サイトの選び方

ITエンジニア転職サイトの選び方

ITエンジニアの転職は、自分に合ったサイト探しから

ITエンジニアの転職に関しては、大手だから任せておけば大丈夫というものではありません。

今、ITエンジニア業界はとても幅広く多種多様なニーズになってきているので、転職サイトにも得意分野と不得意分野があります。なのでまずは、自分にあった求人を扱うサイトを選ぶ事から始めることをオススメ致します。

若手の転職に特化したサイト、マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×ITは20~30代の転職求人を主としていて、若手の求人数は業界トップクラスです。求人範囲は、首都圏・関西圏が中心になるようです。

求人の更新頻度も高く、常に新しい求人情報を知ることができます。応募書類の添削や転職後のサポートなどが充実しています。

しかし、年収アップの交渉などは不得手ではないものの、得意でもないといったところでしょうか。しいていえば全てのサービスにおいて、まんべんなく普通~少し上です。

得意分野の多い大型サイト、リクルートエージェント×IT

リクルートエージェント×ITは若手・ベテラン・ハイキャリアを問わず、業界最大規模の求人数を誇る大型サイトです。

注目すべきは、面談・面接対策に力を入れる事によって、60%以上の転職者の年収アップ交渉を成功させた実績だと言えます。求人の更新度はマイナビエージェント×ITには少し劣るが、随時更新なので比較的高いようです。

大型サイトだけあって、転職先が全国都市部となっているので、都内以外に転職希望の人にも比較的使いやすいサイトです。若干登録が面倒で時間がかかってしまうという点を除けば、とても優良な転職サイトと言えるでしょう。

ITに特化した転職エージェント、レバテックキヤリア

求人数は多めで、若手もベテランも問わず得意としています。レバテックキヤリアの一番の特徴は、フリーランス向けのサービスも展開しているので、正社員かフリーランスかを悩んでいる人にはうってつけの転職サイトです。

IT特化の転職サイトというだけあって、コアな転職実績も数多くあります。ご自分の分野と求人内容があっている場合は、質の良い転職が望めるでしょう。登録時間が1分弱と非常に簡単なのに、とても内定率が高いのでありがたいサイトですね。

難点があるとすれば、求人地域が首都圏・関西に限られてしまうことと、求人内容が狭く深い分野なのでピンポイントに合った人向けということだと思います。

有能なキヤリアコンシェルジュが面談、ワークポート

ワークポートは、IT業界専任のキャリアコンシェルジュがサポートしてくれるので、リアルな情報を得ることができると同時に、専門的な相談にも対応してもらうことができます。

求人数自体はそこまで多くはありませんが、非公開求人が豊富で質がいいのが売りのようです。また、IT特化型転職サイトには珍しく、スカウトメール機能があります。eコンシェルというオリジナルのシステムで、新規求人の提案をしてくれます。

また、採用直結型の企業セミナーや合同セミナーなどが充実しているのも嬉しいポイントです。

キヤリアアップに特化した転職サイト、R-Stone

R-Stoneはエクスクルーシブ案件を中心とした求人を扱っていて、求人数をあえて抑えているため、内定率が非常に高く驚異の年収アップ業績を持っているのが特徴です。

年収アップの実績は、1年目平均+68万円、2年目以降で+145万円だというのですから、驚きです。

2007年に創業したばかりの、新しいサイトであるにもかかわらず、数々の転職エージェントランキングで1位や金賞を受賞するなど、確かな実績が示されているサイトです。

得意とする年齢層も、男女問わず20~40代と幅広いのも魅力の一つです。ただ、R-Stone利用者の目的はビジネスリーダーからのさらなるステップアップです。

R-Stoneを利用して転職を果たした人の半数以上が、元々年収500万円以上のキヤリアであり、自分の実力をもっと活かすことで、年収や待遇をアップさせたいという人向けなので、キヤリアをあまり積んでいない若手が年収アップ目的で利用しても厳しい結果が帰ってくることがみてとれます。

マッチングを科学的にシュミレーションする転職サイト、ギークリー

ギークリーはIT業界に多い内気な人向けの優しい転職サイトです。自分のアピールポイントを明確に打ち出すことができない人のために、細かい面談でそれぞれの強みを引き出してくれます。

また、面談をふまえてスキルや経験をもとに多角的に分析をしたマッチングをしてくれた上で、社風や働き方などの気になる詳しい情報も都度提供してくれます。

求人数も多めで、大手が中心になっています。登録には少し時間がかかりますが、その分自分に合った転職をサポートしてくれます。

以上、ITエンジニアの転職を手がけるサイトを比べてみました。ご自分に合ったサイトが見つかったら、早速登録をしてみてはどうでしょうか?