ITエンジニアとして転職する時に活用できる転職サイト

ITエンジニアとして転職する時に活用できる転職サイト

今、転職の業界で人気の高い業界と言うと、IT業界が熱い視線を浴びています。

そう、IT業界に勤めている人はさっそうとして格好良さをありますし、各企業だけでなく官公庁や大学を始めとする学校でもIT設備がないと活動ができなくなっている時代です。

これらの数多くの活動を支えるのが、IT企業なのですが、特にエンジニアの数が慢性的に不足しています。そのために、IT系企業の多くは、中途採用や第二新卒者を積極的に受け入れています。

一方で新卒で入社した人も、自分の希望のはずだった会社に入ってから、理想と現実にギャップを感じるために、新たな業界へ移ろうと転職を考える人も増えています。

このようなことから、IT業界への転職にチャレンジしてみようも考える人が、多くなっているのです。でも、転職をするにも本当に成功するのだろうかという不安が付きまとうはずです。

しかも、憧れのIT企業へのチャレンジとなると、高い壁を感じるかもしれません。しかし、不安になることはありません。何故なら、ITエンジニア専門の転職サイトがたくさんあるからです。

専門の転職サイトを利用すると、エンジニアとしてキャリアを持っている人はもちろんのこと、未体験者の人でも、努力次第でエンジニアとしての採用の道も開けてくるのです。ただ、大事なことは、どの転職サイトを利用するかです。

●数多くあるIT企業専門の転職サイトの中で強い所は?

IT業界の転職に強いと言われている転職サイトは、リクナビとマイナビが2大巨頭と言われています。何せ、IT企業への転職の大半がどちらかのサイトを利用していると言われているからです。

でも、この2つのサイトのどちらを利用すれば自分の夢を現実の物とできるのでしょうか?

●リクナビとマイナビの帰郷掲載するからすると

両者が掲載している会社数を見ると、リクナビは、28,000社と業界ダントツを誇っています。方やマイナビの企業紹介数は、21,000社。これもかなりの規模なのですが、リクナビとは、かなりの開きがあります。

ただ、学生の登録数を見ると、その数は逆転しており、リクナビは65万人、ナイナビは72万人となっており、必ずもリクナビがトップを走っているとは言えないのです。

●掲載している企業の傾向にも違いがある

また、両者のサイトに登録している企業の傾向もかなり異なっています。大手のIT企業はリクナビに登録している傾向が強く、マイナビはベンチャー系や中小規模のIT企業が登録されている傾向にあります。

リクナビで紹介されている企業は知名度の高いメーカー系、商社系のIT企業が多いために、首都圏等の大都市に本社が集中しており、ナイナビは、比較的に地方都市の企業が多いのです。

このような特性から、転職で地元に戻ることを考えている転職希望者の人は、ナイナビを利用することが多いと思われます。

● 両者の戦略の違い

興味深い点はそれだけではありません。企業説明会でも現れています。リクナビが参加可能としている社数は、7,500社以上となっているのですが、マイナビは8,700社以上となっています。

両者の企業掲載数とは違ったデータです。これは無料で掲載できる会社の数を増やすことによって掲載数業界をトップを狙ったリクナビの戦略かもしれません。

それでも、確かに紹介数だけで言えばトップであることは間違いありません。一方のマイナビは、どちらかと言うと、中身で勝負と言った感じです。

エントリーする頻度や内定の獲得数や率で評価を求めている面が特異な点でしょう。このようなことが、分かってくると、選択肢の考え方もかなり見えてくるのではないでしょうか?

●サイトの利用法にも違いが

2つのサイトの使い方によっても、使い勝手の感じが変わってきます。リクナビのサイトの形態は、掲示企業の情報、関連情報、コンテンツなどが理解されやすいように整理されて並べられています。利用者にとっては、分かりやすいとの定評があります。

マイナビの方はにタブメニュー方式を取っているのが、詳細な情報の閲覧できることに重点を置いた作りになっています。

このようなサイト構造が異なるために、より多くの情報を見たいのであれば、スクロールで情報収集が可能なリクナビを選び、より詳しい情報を得たいのであれば、マイナビがおすすめでしょう。

●その他の転職サイトは?

ITの転職サイトは他にもいくつもあります。2大巨頭を別にするなら、他に代表的な所では、greenがあります。ここでは、特にWeb業界の人材に特化しています。それだけに細かな条件を含んだ求人検索することができるのが、目玉かもしれません。

現在、成長著しいベンチャー系企業の求人も多く、この道でキャリアアップを目指すエンジニア志望の人はおすすめできる転職サイトです。

もう1つは、TechStars Agent。ここもgreenと同じようにWeb系に強い転職サイトです。ここでは、転職希望者のエンジニアの技術を把握することで、求人企業とのベストな仲人をしてくれるとの評価があります。

●キャリアカウンセリングを持つマイナビ

このように多くのIT転職サイトは、それぞれの特徴を持っていますが、マイナビは、キャリアカウンセリングと強い仕組みも用意しています。

IT業界を熟知した専門スタッフが、希望者にマッチしたIT企業を紹介するために、コンサルからアドバイザーまでを請け負ってくれるので、安心して転職活動の支えとなってくれます。

このようなことから、マイナビでITエンジニアにチャレンジするのが一番の近道なのだと思います。