iPhoneでは徴収できないNHK受信料

iPhoneでは徴収できないNHK受信料

スマートフォンにも受信料を考えているNHK

現在ではスマートフォンを持っているだけではnhk受信料を徴収されることになっていません。しかし、nhkはより多くの受信料を徴収したいと考え、テレビだけでなくパソコンやスマートフォンを所有するだけでも所有者から受信料を徴収したいと考えています。パソコンやスマートフォンでもテレビが受信できることがあるためにそういったところで受信料を徴収できるのではないかと考えているからです。スマートフォンといえばアンドロイドのイメージもありますが、iphoneもスマートフォンの一種には違いありません。しかし、特にiphoneはデフォルトの機能としてワンセグなどでテレビを見ることができる設定になっていないためにテレビを受信できる機器としては存在していません。今のところスマートフォン全体に受信料を徴収対象にすることは難しいことから、スマートフォンを所持するだけでは受信料の徴収はできないようになっていますが、nhkがなんとか徴収対象にしたいと考えているのはニュース報道からも間違いありません。

 

なぜiphoneはテレビ受信機能をつけていなかったか

iphoneはアップルというアメリカーのメーカーなのでに日本のメーカーではありません。製品開発においても世界規模、グローバルに考えているために機能的な基本設定も世界的なニーズを考えてプランニングされています。そういったグローバルな製品を考える上で、日本独自のニーズであったり、日本で特に高いニーズというのは優先度が低いということになります。その世界戦略的な発想の中でテレビ受信というのはアップルでは低いニーズという捉え方をしているのではないかと考えます。テレビ受信のニーズましてやnhkが見れるというのは日本国内のごくごく少ないニーズとしているのでそのようなテレビ受信機能は省略されていると考えていいでしょう。確かに世界的に考えればテレビを見ることができるというのはそれほどスマートフォンのニーズにおいて高いわけでないかもしれません。電話やメール、SNSなど基本的なことができればと考える人も多いですし、そもそも小さな画面のスマートフォンはテレビ向きの機器ではないという考え方もできます。

 

日本のスマホメーカーはなぜテレビ受信に対応

iphoneだけが世界戦略を考えているわけではなく日本のメーカーもできれば海外でも売れるスマートフォン端末を作りたいと考えているはずです。しかし、日本で販売されている日本のメーカーのスマートフォンの多くはワンセグなどでテレビ受信ができてしまうというものが多くあります。日本国内でも前述のようにそもそもスマートフォンは画面が小さいためにそもそもスマートフォンでテレビは見ないという人も多いと推測できます。それでも必要以上にテレビ受信機能をつけてしまっている日本のメーカーのスマートフォンが多いように感じるのは私だけではないと思います。技術的にテレビ受信機能を内蔵したり、デフォルトでアプリをインストールしておくぐらいは実はそれほど難しいことではないのでつけておけばいいというメーカーの考えもあるかもしれませんが、テレビ受信機能をカットすることはたとえわずかでもコストカットになるはずです。また現在ではテレビ受信機能がつけばもれなくnhk受信できてしまうという事実があります。

 

テレビが受診できれば自動的にnhkが見れてしまう

技術的にはnhkを受信できないテレビを作ることができますが日本のメーカーは対応した商品はありません。そういうことからスマートフォンにもそういったnhkからの要請が日本のメーカーにあったとしても不思議ではありません。スマートフォンにもテレビ受信をデフォルトで組み込みそれに合わせて、nhkを受信できるようにすればスマートフォンを持たせるだけで受信料を徴収できる可能性があると考えているのではないかと思われます。国内メーカーはなんらかの形でnhkと関係を持っているのはテレビ製造においてもわかることから、テレビ受信機能をつけるようにしかもnhkを受信できるスマートフォンにするように要請している可能性もあります。しかしiphoneは国内メーカーでないためにnhkからの影響を受けずに独自の考えて製造できているということが言えます。アップルにしてもテレビの受信機能をつけることぐらいは技術的には難しいということはないはずですが、あえてつけていないと考えていいのではないでしょうか。

 

スマートフォン所持者からの受信料徴収化の歯止めとなっている

つまり、iphoneはスマートフォン所持者からの受信料徴収化の歯止めとなっているといっても過言ではないでしょうか。日本国内で販売される、あるいは日本国内で使用できるスマートフォンのすべてにテレビ受信機能をつけてしかもnhkを受信できるような状態になればnhkはすぐにスマートフォンを所持している通信契約者から受信料を徴収するようになるのは簡単に予想できます。そう考えるとiphoneを始め、テレビ受信できない端末が日本国内に存在していることはnhkからの受信料徴収の歯止めとなっているといってもいいかもしれません。そもそもテレビ事態もすべてnhkが受信できるという前提で販売されているのは問題があるということです。契約する気がないのにもかかわらずに無理やり契約したとされるような状態は決して健全な契約とはいうことはできません。そう考えるとiphoneのシェアが現在5割あるとも言われていることからもnhkはスマートフォン所持者から受信料をそう簡単には徴収できないと思われます。

iPhoneカテゴリの最新記事