DMMFX(DMMFX)のバーチャルで考えられる、取引できない様々な理由

DMMFX(DMMFX)のバーチャルで考えられる、取引できない様々な理由

この記事では、DMMFX(DMMFX)のVirtual(バーチャル)での、実際のアプリ操作による環境仕様の上での取引できないケースで考えられる、様々な理由に関して触れた内容の記述がされています。
一般的なよくありがちな操作上での問題から、そのアプリそのものが立ち上がらない場合まで、なるだけ多くのケースについて触れながらその理由について考えていく流れになっていますので、なるだけ多くの方の参考になるよう配慮がしてあります。

1.このVirtualのアプリをインストールした、利用しているモバイル端末のOSバージョン情報を確認してみる

これは特に、iOS版のiPhoneシリーズのスマホ本体を利用されている方に多く見られる傾向でもありますが、この現在所有しているiPhone端末本体の、OSバージョン情報の確認をしないまま、DMMFXのVirtualアプリをインストールをして起動をさせたりしてみると、トラブルになるケースが少なくはありません。
中には起動はするものの、取引行為そのものが画面上で操作が出来ないなどといったケースもありますが、そもそも端末本体のOSバージョンがVirtualのアプリに対応をしていないものですので、こうした不具合が起きたりする事は当たり前です。

これらのようなトラブルのケースが少なくありませんので、まずは対象OSであるiOS7.0以降のOSバージョンであるかどうかを確認をきちんとした上で、Virtualをインストールする事がとても重要です。

2.端末本体の不具合や押しボタン機能の調子を見てみる

これもやはり、少なくないトラブルの一ケースと言えます。この場合、その本人が現在使用しているモバイル端末本体そのものに不具合があるケースになりますので、その端末メーカーの担当部署などへ連絡をして、遠隔操作などで改善をしてもらう必要がケースの内容によってはある場合も十分あります。

また、メイン画面上の押しボタン箇所もそうですが、もう既に設置してある固形ボタンの故障などもあったりするようなケースもありますので、少しでも「何か普段よりもおかしい」などと感じたりした場合には、その端末本体のメーカーの担当者などへ問い合わせたりして、動作環境の確認をしたりしておく事も大事です。

3.Wi-Fiスポット環境の様子を確認する

この場合特に、iOS・Android問わず、あらゆるOSを使用していてWi-Fi設定切り替えが可能、あるいはそれ専用のモバイル端末本体の機種を利用している方に、多く見られる画面硬直・停止などのトラブルのケースが典型です。
こうした場合、端末本体では無く、利用をしているWi-Fiシステムの状況や状態などがおかしい場合が多いので、Wi-Fi設定の様子を見ながら別のWi-Fi回線への設定にし直すか、若しくは無料のWi-Fiスポット環境を利用したりしていた場合には、もう一台の端末などでテザリングを利用してWi-Fi設定を独自に行うか、等々、様々なその場に合った試みをしていく事が、とても大切です。

こうしたWi-Fi環境などが原因と思われる、Virtualのアプリを利用していて取引操作などが出来ないようなトラブルの場合、基本的な対応としては回線そのものの設定を切り替えるか、自宅の固定回線のWi-Fiゲートウェイなどの場合にはその本体の調子をプロバイダー事業者に診てもらうか、それらの対応は必須のものであると言えます。

4.アプリそのものの内容変更が告知などでなされたりはしていないか、確認をする

これもたまにあるケースですので、覚えておいて無難と言えます。この場合、Virtualのアプリ仕様そのものがシステム上変更をされたりする事情によって、従来の端末本体ではインストールなどをしても利用が出来ないようなケースなどが典型です。

決してアプリ本体がダメになったりしたなどといったものでは無くて、利用環境の仕様や条件の内容などが変わり、そのため今まで利用出来ていた端末本体で利用出来なくなるといったケースですので、そうした場合には、その告知などに明記してある指示通りの設定へ変更、あるいは新しい対応した端末本体への機種変更をする等、そうした対応をしながら解決をしていく形になります。

5.結論として

これまでの以上の、DMMFXでのモバイル専用のデモ取引アプリであるVirtualに関して触れてきた内容からして、単に取引が画面上で出来ないといった事では済まない、そうした現象の背後には様々な理由や事情などがある事が、よく分かります。
ただ、そうした数々のこのVirtualを巡っての不具合やトラブルに対しての、システム運営面での技術革新の面では運営者であるDMMはかなり積極的ですので、まだまだこのアプリ自体が改良を重ねていく可能性や需要は、大いにあるものと考えられます。

このように、その長年のサービス展開をしてきたDMMのFXサービスの一ツールですので、更なる誰もが予想だにしない新たなシステムの設置や機能などが開発をされて、Virtualがもっと改善をされていく可能性は十分にあります。