DMMFX(DMMFX)のバーチャルが動かない場合での対応方法

DMMFX(DMMFX)のバーチャルが動かない場合での対応方法

今回の記事は、あのDMMFX(DMMFX)のモバイル版デモ取引サービスの「バーチャル(Virtual)」が動かない場合に関しての、対応方法の全体的な概要について書かれている内容になっています。
基本的なVirtualのアプリをインストールしたモバイル端末本体の操作方法や使用しているブラウザの切り替え、端末本体の再起動動作その他、様々な面からでの不具合に対しての対応方法について触れた内容になっていますので、特に現在、DMMFXでの実取引などを本格的に始めようとされている方などには中々お薦めな記事内容です。

1.一般的に多い傾向がある、Virtualが動かなくなる原因のケース

これは大抵の多い、DMMFXのモバイル用FXデモアプリのVirtualで見られるトラブルの傾向でもありますが、起動環境が不十分な状態で使用したりする不具合のケースが少なくはありません。
ごく基本的な事でもありますが、意外にもこれ自体を、端末本体やアプリなどが故障をしてしまったと誤解をされたりする方も多いといった実態があります。

こうしたケースは、このDMMFXのVirtualには限らず、その他の様々なあらゆるモバイル用アプリの製品では十分有り得る事でもありますので、再起動を何度かさせたりした場合には十分改善出来る事が通常です。
それ程は深刻に考える必要は無い不具合のケースですので、端末やアプリの各本体データそのものには異常がほとんど無い以上、それだけに再起動の作業は必須になってくる点は当たり前と言えます。

2.使用しているモバイル端末のOSバージョンなども原因の場合あり

これは特に、iPhoneシリーズなどをはじめとするいわゆる、iOS版でのOS対応面などにおいて、課題になってくる問題とも言えます。
対象iOSバージョンとしては、iOS7.0以降といった設定指定がありますので、全てのOSバージョンに対応をしているAndroid版のものとは、そこが決定的に異なります。

iOS版ではこのように、特にiPhoneシリーズでは使える対象機種が限定をされてくる傾向がありますので、この点をしっかりと理解をしておく事が大切です。
今話したiOSバージョンでインストール・起動などをさせたりした場合には、様々なトラブルを引き起こす可能性も考えられますので、要注意です。

3.アプリや端末本体の故障と勘違いをしてしまうケースについて

この場合、機種自体もVirtualのアプリ対応の対象になっていて、正常に起動も出来た上で使用をしている状態で途中から調子がおかしくなるケース、最初から起動出来ないケース、何れかの2通りが考えられます。

前者のケースの場合、その使用しているモバイル端末の調子やアプリのインストール状態を改善しさえすれば直る可能性がありますが、やはり後者のケースの場合の方では、それら以外の原因も大いに考えられます。
中でも後者のケースで多いのが、FX取引サービスの休業日である土・日や、朝7時から夕方18時までの間以外の時間帯に、アプリを起動させたりした場合です。

これらの場合、DMMFXをはじめとしてどこのFX取引サービスもやっていませんので、起動しても取引が出来ない、あるいは起動自体が出来ない事はあたり前です。
ごく基本的な事ですが、誰もがどうしても忘れがちなところでもありますので、見えやすい近くの場所に日常からメモ紙などを貼ってチェックをしておく事も大事です。

4.Virtualのアプリは、Android版タブレット用のものが無いので注意

そしてこのVirtualのアプリは、Android版としてはスマートフォン用のものしか無くて、タブレット端末用のものが存在していません。そして、スマホ用のものもAndroid版のタブレット端末本体へのインストールなども出来ないようになっていますので、この点にも注意をしておかなくてはなりません。

これにはきちんとした理由があって、Android版の端末本体を購入・利用をされている方が日本国内では少ない傾向があるといった実態がありますので、そうした事からも、VirtualのアプリがAndroid版のタブレット端末には対応をしていない仕様であるといった現状です。

5.これまでの結論から言える事

以上のこれまでの内容を踏まえてみると、このDMMFXでのモバイル端末用のデモ取引アプリは、やはり最新式のモバイル端末サービスへの対応を意識した仕様になっている事実がある事が、よく分かる感じがします。

iOS版ではiOS7.0以降の各OSバージョンを対象にした対応仕様、Android版では全タブレット端末対応のものは存在せず、その代わりAndroidOSのスマホには全てのバージョンの機種で対応をした仕様になっています。
そのようなVirtualのアプリ仕様設定の状況からしても、如何にDMMFXの運営主体者が実戦面でのFX取引における需要の確保を目指しているかが、わかる感じもします。

DMM FXカテゴリの最新記事