DMMFXデモでの、各種扱いのやり方の概要

DMMFXデモでの、各種扱いのやり方の概要

今回の記事では、DMMFX(DMMFX)のデモ取引サービス全ツールを扱う全般的なやり方に関しての、内容の記述をしています。初心者から上級者である方まで、DMMFXの同ツールを利用しながらしっかりと、FX取引での基本を全般的に学んでいきたいといった方には大変有意義な記事内容ですので、ご一読には大いにお薦めものです。

1.扱い易さでは、PC版のDMMFXの『DEMO STANDARD』がお薦め

モバイル端末版でも、『バーチャル(Virtual)』といったアプリのものなどもありますが、正直これはパソコンやタブレットの端末をメインとして扱っている方にとっては、どちらかと言えば不向きな仕様になっています。
扱い自体は簡易な仕様にはなってはいますが、キーボードなどをあまり使わない方などに向いている基本仕様の設定ですので、そうした面からも、基本的な画面操作などを学習をしていく上ではあまりにも応用的なところがあります。

こうした事情から、やはり、PC端末本体やタブレット端末を日頃からメインに扱っている方の場合には、専用アプリのインストールが不要で簡単に使えるブラウザ仕様である「DEMO STANDARD」が大変お薦めです。
これならメイン画面にタスクを貼るだけでその場で使用が可能ですので、大変便利です。

そしてこれはただ、使い易いといったところだけでは無くて、1つの画面上に全ての取引アイテムを掲示集約をしたような仕様になっています。このため、スマートな画面環境で迅速な各種操作が可能ですので、効果的な取引トレーニングなどには持って来いのツールです。

基本的なコンピューター上での取引方法を学んでいくには、最適なパソコン・タブレットの各種端末ユーザーの方向けのツールの部類に入ります。

2.上級者向けのツールもあり

これはパソコン・タブレット・モバイルの何れの各種端末においても利用が可能な、模擬取引ツールにあたる「DEMO PLUS」というブラウザ仕様のものです。
本格的な上級者である本業の投資家向けのツールと言える仕様ですので、STANDARDよりもチャート機能が大変充実をされている分、高度なトレード技術を修得出来たりする点でとても利用価値が高いツールで好評があります。

厳選されたテクニカル仕様が20種類設定がなされていて、その上、描画ツールも大変充実をされた設定になっていますので、無駄のないその場での効率よい取引判断などをしていく技術が効果的に身に着く貴重なツールでもあります。

3.モバイル端末用の模擬取引アプリ「バーチャル(Virtual)」

このアプリソフトは、DMMFXで唯一、モバイル端末用に開発をされた模擬取引アプリです。このツール自体、どちらかと言えばスマートフォン向きの仕様になっていますので、利用する端末もスマホがメインです。
タブレット端末でも確かにアプリをインストールしますが、身近にかつお手軽に取引操作が可能なモバイル端末として、スマホでのみこのバーチャルのアプリでは使えるような仕様に設定してあります。

ただし、iPhoneシリーズの場合、iOS7.0以降のOSバージョンの各種端末での使用が条件になっていて、iPhone7以前のモデルでは利用が出来ないようになっています。そのため、この点に注意をする必要があります。

その代わり、このバーチャルのアプリはAndroid端末のスマホ端末では、全てのOSバージョンに対応をした仕様の設定になっており、大変利用価値があります。
ただし、Android端末のタブレットではインストールをはじめとして全て利用が出来ないようになっていますので、そうした面でも注意が必要です。

先にも触れた通り、パソコンやタブレットの各種端末に比べると扱いが大変簡易な仕様になっていて、スマホではかなり操作がし易い点で好評がありますが、まだまだ克服していくべき課題も少なくは無く、今後の将来が注目をされるツールでもあります。

4.DMMFXでの、これらの各種模擬取引ツールに関してのまとめとして

全体的に見てみるとやはり、パソコン・タブレット各種端末とモバイル端末とは基本的な扱い方が異なりますので、確実にどの端末向きの模擬取引ツールのものが良いのか、確定的な事を結論付けていく事は中々出来ない実態があります。

しかしながら、やはり、一番最初に出来たツールの種類自体がパソコン端末用のものであるSTANDARDといったせいもありますので、全体的な扱い易さといった点ではやはり、このSTANDARDに分がある感じがします。
それでも、スマホのモバイル端末本体しか持たない利用者ユーザーの方などもおられたりしますので、そうした点を考えてみると、スマホ用としてはやはり、Virtualのアプリの方に分があると言えます。

こうした現在の、DMMFXでの模擬取引ツールの現状のあり方と言えますが、日々それらの開発・改良技術なども進歩を明らかにしていますので、まだまだ大いに需要があるものと考えられます。