30代でのIT業界への転職は通用するか?

30代でのIT業界への転職は通用するか?

この数年でサラリーマンの転職人口が増えてきました。世の中では、働き方改革等の動きもあり、従来のワークスタイルから大きな変化が生まれてきています。それは、自己実現のための仕事をすること。

の手段の1つとして、転職が挙げられます。転職をすることで、自分の夢を実現するのです。その中で特に、人気があるのが、IT業界。IT業界は、今や新卒者の就職希望の中でも人気のある業界ですし、転職先としても常に人気があります。

それは、まさにの世の中の動きがITに支えられているために、IT系企業の貢献度がますます重要になっているからです。このようなことから、転職を考えている人の中に、この業界での再出発を目指す人が多いのです。

●IT業界の転職では、年齢制限がある?

就活でも転職でも人気の高いIT業界。しかし、この業界でも転職には、年齢的な制限があると言われており、限界年齢は30歳とがもさえています。

その理由は、コンピュータのプログラマー等の職種では頭の発想力が柔軟な30代までが限界と言われていたことからでしょうか。このようなことから、IT系企業で転職するなら30代までという既成概念がまかり通っていると思われるのです。

●本当に30代が限界なのか?

果たして、30代が転職限界という見方は本当のことでしょうか?結論から先に言うと、正しい側面と間違っている側面があります。それはIT系企業と言っても、その職種は多岐の渡っています。したがって、30代でなければ通用しない仕事もありますし、40代以降でも十分、活躍できる職種があります。

●IT系の企業の仕事では、そんなジャンルがある?

多岐に渡るIT系企業の仕事。IT系企業というと、インターネットをすぐに連想する人が少なくありませんが、インターネット系では、Web系のデザイン設計・製作やWeb企画・立案等の仕事があります。また、ネットでサイト広告の設計・運用を行う企業もあります。

一方で、BtoBでは、企業内のシステム設備の設計・導入・運用等の仕事があります。この関係では、システムエンジニアの仕事があります。コンピューターやサーバー等のハードや業務量アプリを含めて総合的なシステム設計を行う仕事です。このようにIT系の職種は、大変、幅広いために、30代限界という条件の現実的に存在していることも事実です。

●未経験者でも転職可能と言われるが

一方でも転職サイトでも、「未経験者でもOK」という条件が記載されていることが少なくありません。しかし、この言葉には注意が必要です。

IT業界の未経験者という意味ではなく、システムエンジニアの仕事は経験しているが、Web系は未経験といったように、IT系には何らかの関与はしていたものの、違った業種は未経験という場合が多いのです。

したがって、IT業界での仕事の経験がない、30代、40代の人が、転職を考えるとなると、業務サポート的な仕事に限定されるケースが少なくありません。

但し、40代以降でも純粋な営業や法務関係等の職種でIT企業で活躍している転職者も数多くいますので、IT企業でどのような職種を募集しているかを十分にリサーチしておくこと必要でしょう。これが、IT系の仕事を経験さえている人であれば、30代40代での転職も難しくはないでしょう。

●資格取得や自己学習を行いながら、転職を考える

仕事のジャンルが幅広いIT業界なので、どのような職種を選ぶかで、転職活動のあり方が変わってくることがありますが、希望する職種に関連する資格取得や自己学習に取り組みながら、より転職のハードルを低くすつ努力が求められてきます。

例えば、ネットワーク系のエンジニアの仕事ですが、もし、前職がこの分野の営業であったなら、ある程度の基礎知識があることを前提に、資格取得することが転職に必要なスキルアップのなるでしょう。

資格では、ネットワークの国家資格もあれば、メーカー認定の民間の資格もあります。これらの資格を取得することで、転職先に面接での評価が高くなりますし、現場で活用できる知識にもなります。このような取り組みを転職する前から行っておくことです。

また、転職後の自己学習やeラーニング、外部セミナーの受講で自己啓発を行うのも、自分のスキルアップになっていきます。このように、IT業界への転職でも、転職前からの動き方で、30代の壁を乗り越えることが、非現実的なことではありません。

●転職する前のビジョンをしっかりと確立しておく

転職を成功させるためには、自己学習や資格取得だけが全ててはありません。転職のビジョンをしっかりと作り上げておくことも、重要なことです。

転職をするにも、どのような職種を狙っていくか、それの実現させるためには、どのような準備をしなくてはならないかを明確にしておくとこです。そうすることによって、転職するために必要な具体的な行動が明確に決まってくるからです。

IT系企業への転職が30代限界という考え方は、ある意味、間違いではありませんが、決して難しいことではありませんので、是非、成功に向けてチャレンジして欲しいのです。