高卒後すぐに転職する人のメリット、デメリット

高卒後すぐに転職する人のメリット、デメリット

転職の成功は自分を必要としてくれる会社をいかに上手に見つけることができるかにかかっています。しかし当然のことながら自分に合った職場でなければ、そこでの仕事は長続きしません。
そのため自分を必要とし、尚且つ仕事内容や職場の雰囲気が自分に合った会社に転職することが理想です。このような会社を見つけるためには、まず自分の置かれている状況を考慮し、生じうるメリット、そしてデメリットについて把握しておくことが必要です。
では高卒後すぐに就職したものの、その後早い段階で転職を決意した若者たちの場合はどうでしょうか?彼らにはどのようなメリット、そしてデメリットが伴っているのでしょうか?ここではその点のいくつかを述べています。

メリット1.若さは重宝される

若い社員を採用すれば長期にわたって会社に貢献してくれる確率が高いために、高卒の年若い人材は重宝されます。もちろん若さが採用に至る最重要事項となるわけではないために、「自分は若いから大丈夫」という確信だけを持って転職面接に向かうことはお勧めできません。
それでも若いうちから経験を積んでおけばより優れた働き手となれるような仕事を任されたり、その機敏さが重宝されて様々な仕事を教えてもらえる可能性は非常に高いと言えます。

メリット2.可愛がられる

誰でも後輩ができると嬉しくなるものです。またその後輩が自分を慕ってくれるのであれば、なおのことその気持ちは強まることでしょう。そして高卒の若者はそのような存在になり得ます。
転職先でもしリクリエーションなどの機会が差し伸べられるのであれば、積極的に参加して社員との交流を深めることができます。そうするなら先輩たちとの距離も縮まり、お互い信頼できる関係が築かれます。

メリット3.仕事に慣れるのが早い

若者は頭の回転が速く、それでいて体力があります。そのため仕事を比較的早く覚えることができます。もちろん経験が浅いために、この点が仕事に影響することはあります。しかしこのような状況は会社の上司や先輩たちがすでに心得ているために、たいていの場合は大きな問題とはなりまりません。
コンピューターを使うような仕事にせよ、機械や道具を使って行う仕事にせよ、若者は非常にスムーズにそれらを行います。そのため職場環境に慣れるのも早く、このような状況は社会人が転職時に感じるストレス軽減にも役立ちます。

デメリット1.経験がない

会社の将来を見据えて新社員を採用したいという場合、経験がなくてもやる気のある若者を採用するのが一般的です。しかし中には即戦力となれる人材を求めている会社もあります。このような場合、社会人としての経験や特殊な知識、そしてスキルを有している人が採用されます。
もちろん高卒後すぐに就職し、その後またすぐに転職する人の多くはそのような経験やスキルを有していないのが一般的です。そのため転職のチョイスが狭められてしまうことがあるのです。
場合によっては「この職場は自分がまさに探し求めていたところだ」と感じるような会社でも、経験のなさゆえに応募できないこともあるのです。

デメリット2.最年少ゆえの辛さ

先程、若いゆえに生じるメリットの一つとして「可愛がられる」という項目を考慮しました。しかし状況によっては逆のことも生じえます。たとえば先輩たちは年下の社員に対してはあえて厳しくし、しっかりと仕事を教え込もうとすることがあります。
このような場合は細かな指導が入ったり、ちょっとしたミスであってもそこを指摘されることがあります。またもともと年下の人に対しては厳し口調で話すという習慣がある人が社内にいるのであれば、その人からの言葉が何となく不快に思えてしまうこともあるかもしれません。
しかし基本的には一生懸命に仕事を行っていれば、上司や先輩たちが怒ることはありません。まだ転職したばかりで仕事を覚えている最中であればなおの事そう言えます。先輩たちが怒りを感じるのは仕事をいい加減に行ったり、怠けているときです。
そのためこうした状況がないように心掛け、尚且つわからないことがあればすぐに尋ねる癖をつけておくことが必要です。

デメリット3.頼られない

これまで再三考えてきたように、高卒の若者には社会人としての経験があまりありません。そのためたとえ採用に至って転職を成功させても、いざというときには経験のある先輩たちが重宝されることがあります。
このような状況を目にすると、意気込んで転職してきた若者たちはがっかりすることでしょう。しかしこの状況もそう長くは続きません。仕事に慣れて戦力となれれば、上司や先輩が仕事上の事柄においても信頼してくれる存在になれます。そうなれば重要な仕事を任されることも多くなります。

まとめ

高卒の社員には若さという大きな武器が備わっています。これを活かして転職活動を行うのであれば、物事をかなり有利に進めていくことができます。もちろん希望する職場への転職が成功しても、最初のうちは自分が期待していたような仕事が与えられないこともあります。
しかし徐々に経験を積んでいけば、満足のいく仕事が与えられるようになります。そのためまずは物事に対する現実的な見方をするようにし、数年先のことを考えて仕事に臨むようにするべきです。
そうするなら転職先での仕事にしっかりと打ち込むことができます。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事