転職2回目はどの程度、不利になるのか?

転職2回目はどの程度、不利になるのか?

終身雇用が当たり前とされている日本において、転職するだけでも色々な不安、また、他人からの目が気になるかと思います。とは言っても、転職を考えている人は多く、その証拠に多くの転職サイトや転職エージェントが存在します。
では、そんな転職。何回目まで許されるのでしょうか?また、何回、転職をする事で転職の際に不利になるのでしょうか?

・何回目まで転職する事は可能?

日本における転職の基本は「転職は3回まで」と言われています。その理由として、1度目の転職先がブラック企業だった場合や個人的な理由で退職しなければならなかったなど、1度目の転職までは、何らかの不幸な理由があったと言う事が考えられる為です。
しかし、それが、2回目、3回目と続く事は、そうない事と言えると思います。2回目、3回目と転職を行う人に対して採用を考える企業は、どうしても、「我慢ができない人」「柔軟性がない人」などと言ったようなマイナスのイメージを抱いてしまいます。
もちろん、2回目、3回目の転職だからと言って、転職ができないと言う事はありません。中には、スキルアップを考え、どんどん転職するといった方針をもって転職活動を行う人もいるかと思います。
そのような人の場合、スキルによっては転職回数がプラスに働く事も考えられる事から、回数を気にすることなくチャレンジするといった事も大切になります。

・転職回数と年齢には関係があるの?

転職を行う際、回数と共に言われるのが年齢です。一般的に35歳以上の転職は難しいと言われ、現に求人数がグンと減る傾向があります。
一方、20代の求人はというと、今は売り手市場とも言え、多くの求人の中から転職先を見つける事ができる時代となっています。その為、どんどんチャレンジする事ができる時代だとも言えるのです。
もし、転職先が自分にあわない。将来像を描く事ができない。ブラック企業で体調に悪影響を及ぼす。などといった状況にあり、3年務める事ができないと分かった場合は、すぐに転職を考えるといった事も大切です。
それが例え、2回目の転職であったとしても、少しでも若いうちに転職を行う方が大切だと言えるため、回数を気にする前に動き出す事が大切になります。

・転職する際は回数よりも勤続年数が重要?

転職する際、どうしても、回数を気にしてしまいがちですが、それよりも重視されると言われているのが勤続年数です。特に2回目以降の転職の際に重視される事が多いと言われる勤続年数。
では、実際、どの程度の勤続年数があれば不利になる事はないのでしょうか。
例えば、勤続年数が3か月以下の場合、これは、残念ながら採用の際、大きな影響を及ぼすと言われています。3か月も働く事ができないと言う人の場合、我慢ができない。また、努力する事ができない。などといった評価になってしまうようです。
反対に1年以上の勤続年数がある場合、有利になると言われており、出来る事なら最低でも1年以上の勤続年数を確保した上で転職を行うと良いかと思います。

・転職回数をカバーするためには、経験やスキル、実績が大切!

やはり、2回目の転職となると採用担当者としては、「なぜ、2回もの転職を行ったのか?」また、「2回もの転職で何か得るものがあったのか?」などと言った点について多くの質問を受ける事となります。
その為、それらの質問に対し、明確な答えを出す事ができるような事前準備が重要になってきます。2回もの転職を行う事で得る事ができた事。また、それらの企業でどのような経験、実績を残す事ができたかなどを説明する事ができれば、転職回数など気にすることなく採用を手にする事も可能です。

・仕事を辞めた理由でプラスになるものとマイナスになるもの

転職の際、聞かれる事が多い仕事を辞めた理由ですが、特に2回目以上の転職となると聞かれる事が多くなるかと思います。
そこで気になるのが、この質問に対しマイナスに働く答えとプラスに働く答えかと思います。
データによると仕事を辞めた理由としてマイナスに働く答えは、「健康を害した」と言う事がトップになっており、やはり、採用する人は健康第一といった考えがあるようです。その上で、「労働条件が合わなかった」と言う場合や「経営方針が合わなかった」と言う事がマイナスに働く答えとなっています。
一方、プラスに働く答えとしては、「キャリアアップを行うため」といった答えが最もプラスに働くと言われており、ダントツのトップとなっています。

・最後に

以上が転職2回目は、どの程度、不利になるのか?についてとなります。いかがでしたか?
転職と言うものは、回数にも大きな影響を及ぼす一方、年齢や退職理由などでも大きく影響すると言われています。
その為、回数ばかり気にして転職を諦めるのではなく、その他の点にも配慮し、決めていく事が大切だと言えると思います。
もちろん、回数が多くなればなるほど不利になる転職回数と言う事は間違いありません。その為、その点については、頭に入れて行う事も大切です。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事