転職面接の自己紹介から自己アピールにつなげる方法

転職面接の自己紹介から自己アピールにつなげる方法

・自己紹介で面接流れを掴むこと

転職面接で最初の質問である自己紹介。就活生にとっては、準備してきた自己PRや志望動機の方が重要性が高いと思い込んでいる方も多い質問なのですが、実は自己紹介は面接の流れを掴む上でとても重要な質問項目の1つといっても過言ではありません。

面接室に入ってきた就活生は、入室すると極度の緊張感に誰しもが襲われます。部屋の外から見えない中の状況。面接官の人数は何人なのか?部屋の広さはどのくらいあるのか?面接官との距離は近いのか?など、部屋の外で待機しているといろんなイメージが膨らんでいきます。

そんな勝手なイメージが膨らむ中でいざ本番を迎えると目に入ってきた環境に圧倒され、普段の自分が出せずに面接を終えてしまったという経験をした人も多いのではないでしょうか。

面接官としては「就活生との向き合う時間を大切にしたい」と考えて面接に臨んでいます。せっかくこれまでの選考を突破してきた人材にも関わらず、緊張をして考えてきた志望動機や自己PRが何も言えないのではもったいないと思っています。

だからこそ、転職面接では場の雰囲気に慣れてもらうためにも自己紹介をはじめの質問にしている企業が多いのです。自己紹介なら緊張をしていても「名前」「交通手段」など簡単に答えられる質問ばかりなので、身構えている心をリラックスすることができます。

つまり、自己紹介で大事なことは自己PRを必死に行うというのではなく、面接官の気持ちを理解して「なぜ自己紹介の質問があるのか?」ということを理解することで本来の自分を見せる準備にも繋がるのです。なんでも自己PRにつなげなければいけないということはないということをまずは認識し、過度な緊張を取り除くように心がけましょう。

・1つの質問に詰め込みすぎない

転職面接で多い失敗談として「喋りすぎた」という場合です。少しでも自分のことを知ってもらいたいと思うあまり、1つの質問で複数の回答をしてしまう人が見受けられます。それは、言わなくてもわかるように良い回答とは言えませんよね。

面接とはコミュニケーションということを忘れずにいましょう。1つの質問に対して1つから2つ答える程度で十分なのです。面接者も人間ですので、あまりに話が長い人と会話をすると退屈してきます。身近な友人でも話が長い人と会話をすると聞いているだけで疲れることや面白くないなという気持ちになりますよね。それと同じことを自分でも気づかないうちにやってしまっている場合があるのです。

自分は大丈夫と思っていても、実は外から見るとあなたも1つの質問に答えすぎている場合があるかもしれません。誰でも自己アピールをしたいという気持ちを持っていますが、まずは自分の心をコントロールすることを心がけておきましょう。しっかりと伝われば面接官も質問をしてくれます。話も自然と広がっていきますので、良かれと思って思い込みだけで突き進むのは控えていただき、場の空気を良く読んで面接に臨みましょう。

・自己紹介では、具体的な結果と過程を話すこと

自己紹介で良くやってしまいがちな失敗は、「~をしました」というかこの経歴を話すことだけに終始してしまう場合です。結果ももちろん大事なのですが、それだけではどれだけすごい結果なのかが伝わりません。自分では、どれだけ達成するのが難しいことだったのかは経験しているからこそわかっているのですが、面接官は全く経験がないことだとすれば、それが達成するのに難しいことなのか?それとも簡単なことなのか?がよく見えて来ずに自己PRが不発に終わる場合があります。

まずは結果を話すこと。次に、結果を得るまでにどのような過程を経たのかを簡潔に語るようにしましょう。ここでいう所の簡潔とは「200文字程度」をさしています。緊張で余計な言葉を足してしまう就活生が多く見受けられますが、その場合「200文字以上をオーバーしている」というケースが多々あります。面接対策としても便利な「200文字で説明する」という特訓をすると面接会場でも簡潔で分かりやすい話し方で本当に伝えたいことを伝えられるようになりますよ。

・自己紹介の目安は30秒まで

自己紹介はこれから面接を進めていくない中で話の展開を大きく左右する質問の1つ。だからこそ、面接官は面接の入り口から時間をそんなに割きたいとは考えていません。そのため、スタートから長々と話をしてしまう人がいるとその時点で結果は決まったと言っても過言ではないでしょう。

自己紹介では、「浅く深く」とだけ心がけておけば十分です。話に食いつけば成功ですし、食いつかなければ次の志望動機で興味を持ってもらえばいいものなのです。全てに食いついてくれる人はいませんので出だしでつまづいたと思い込んで、勝手にモチベーションを下げてしまい、残りの質問に支離滅裂な回答をしてしまうともったいないので簡潔に話すコミュニケーション能力、その話し方がすでに自己PRになっていると心がけて転職面接に励んでくださいね。

アピールの方法は、話の内容だけでなく仕草、表情、話し方など目に見える印象から得られる情報もとても重要だということをお忘れなく、1つでも志望する企業から内定が得られるように取り組んでくださいね。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事