転職活動に伴う健康診断の必要性

転職活動に伴う健康診断の必要性

仕事をする上で、会社側から求められることは何でしょうか?
就業時間内で、やるべき仕事をきっちりと完了させること。
限られたパワーで最大の効果を作り出すこと。
そして、業績を上げること。
これらのことが社員に求められます。
最近は長い時間をかけて残業をして目標の仕事を完遂させることより、限られた時間内に終えることが求められています。
このように業務効率化のためには、社員1人ひとりの意識改革がないとなし得るものではありませんが、個人レベルで取り組むだけでは限界があります。
したがって、組織を上げた改革なり、仕組み作りの変更が必要になってきます。
しかし、業績を上げるために、もう1つ大きなテーマもあります。
それは社員の健康管理です。
どんなに会社の仕組みが良くなり、効率を最大に上げるルールや仕組みができるようになっても、そこで働く社員が心身ともに充実した状態でないと、大きな成果を生み出すことができません。
このようなことから、社員の健康管理のために、年1回の定期健康診断が実施されています。
とはいうものの、個々の健康管理は社員自らが行うべきものです。
身体と心を健やかに保つためには自分で身体の状態をベストにしておかなければなりません。

●健康面は転職活動の時でも同じ

一方で、この数年、転職をする人がだんだんと増えてきました。
昔のように、1つの会社に定年まで居続けるのではなく、別の会社変わることで、第2の人生を歩むことが、ごく普通のことになってきています。
転職する理由は色々とあります。
早期退職とともに、転職する人。
自分の夢を叶えるための転職。
あるいは、より高みを目指して、キャリアアップを考えている人。
人によって様々な理由や目的があります。
企業側でも積極的に中途採用を行ったり、社外出向から転職を斡旋したりと、転職における環境や価値観は大きく変化しています。
しかし、個人で転職活動をしている時は、普通に仕事をしている時と比べて、肉体的にも精神的にも、それなりの負担がかかってきます。
特に精神的には、次への雇用不安から来るストレス等で体調を崩してしまうこど 否定できないので、日頃からの健康管理が大切です。

●転職時の健康診断

転職を考えて行動する人は、まず自分が、どんな分野の世界で働くことができるかを考えることでしょう。
今までの経験やスキル、また、培ってきた人脈等を最大に活かすことができる職種や業種を検討して、自分の希望や条件を叶えることができる会社を探すことになります。
そこで思わぬことを希望する転職したい会社から求められることがあります。
それが健康診断書です。
自分からすれば、面接で内定をもらうために、色々な事前準備をすると思うのですが、健康診断書を求められると、想定しきれてきなかったことから、拍子抜けすることもあります。
しかし、この健康診断書自体も、内定を左右することではありません。
正式に雇用契約を結んでいるわけではないために、健康診断書を提出することは必須ではないのですが、職業安定法で企業が転職で面接を受ける人の健康診断書を求めることができることを認めています。
企業からすると、人の健康面を把握しておくことで、その人の採用後の人事面を考慮することも出てくることでしょう。
事前に提出を求めない企業も多いのですが、このことを理解して準備をしておくことは、決して悪いことではありません。

●雇用後の健康診断

苦しい転職活動の結果、晴れて希望する会社から内定をもらうことができました。
後は、現業の会社との退職スムーズに終えて、後は次の会社への入社に胸を弾ませて、頑張ることになります。
晴れて入社となるのですが、今度は正式に健康診断を受けなればなりません。
これは雇入時健康診断と呼ばれるもので、労働安全衛生規則で企業に義務づけられていることです。
これは個人で受ける健康診断でも構いませんし、会社側が勧める病院で受けることもあります。
但し、有効期限は3ヶ月以内となっていますので、正式採用前に健康診断を受ける予定があるのなら、このことを注意しておくことです。
また、この時の健康診断の項目も定められています。
既往歴および業務歴の調査、自覚症状および他覚症状の有無、身長、体重、腹囲、視力、聴力の検査、胸部エックス線検査、血圧測定等です。
これらは定期健康診断で行われていることと全く同じです。
入社後に健康診断を受けて診断書を提出することは、会社側として、その人の健康面を把握しておく義務があることや、入社後の職場に告知しておくことが必要だからです。
採用の可否をまつわることではありません。

まとめ

最近は、転職とは関係のない場面でも、仕事や複雑な人間関係からストレスを溜め過ぎて、体調を崩したり、心の病になる人が増えています。
そうなると、長期での休職を余儀なくされてしまいます。
そうならないためにも、日頃からの健康管理がいかに必要が理解できると想いますが、転職活動時こそ、さらに意識を高めておくことです。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇