転職後、確定申告は誰でも必要になるのか?

転職後、確定申告は誰でも必要になるのか?

会社員の場合、年末調整で勝手に会社の方で行ってもらう事ができる税金関係。しかし、転職した場合、このまま放置で良いのか迷う人も少なくありません。では、転職した人の場合、みんな、確定申告を行わなければいけないのでしょうか。

・必ず確定申告が必要なのか?

転職者すべての人が必ず確定申告を行わなければいけないと言う事はありません。一言で転職と言っても、人それぞれ、転職時期などが異なります。その為、その時期や前職のおける待遇などによって、確定申告をしなければいけない人。そうでない人を分けることが可能になります。

・転職した年に会社で年末調整をした場合

転職した年に前の職場や新しい職場で年末調整を行った場合は基本的に確定申告は不要です。ただし、その場合は、年末調整を行った会社以外で受け取った源泉徴収表を一緒に提出する必要があります。
例えば、6月に前の職場を退職し、新しい職場に8月から勤務している場合、自然と年末調整を新しい勤務先で行う事になります。その際、新しい職場の分は、従来の年末調整のやり方で大丈夫ですが、1月から6月分までの前職の申告を行う事ができなくなってしまいます。それを防ぐ為、源泉徴収表の提出が必要になってくるのです。
源泉徴収表を提出する事で、転職する前の企業からの給与所得と納税額を証明する事が可能になり、その年の年末調整を行う事が可能になります。
結果、自分で確定申告を行う必要はなくなります。
その他、休業期間が長く、その間、国民健康保険料を個人で支払っていた場合は、保険料の支払いを行った証になる書類を一緒に提出する事で、国民健康保険料においても、控除を受ける事が可能です。

・年末調整の時期に転職し、どこでも年末調整を行う事ができなかった場合

前職から新しい職場に移る隙間に年末調整の時期が来てしまった場合、どちらからも年末調整を行う事ができなくなってしまいます。その場合は、確定申告が必要となります。
新しい転職先が決まらず、そのまま、年末調整の時期が来てしまった人はもちろん、転職先が決まっていても入社しておらず年末調整を行う事ができなかった場合でも同じです。
とにかく、年末調整を行う事ができなかった場合は、確定申告が必要と覚えておけば良いかと思います。
それなら、面倒だから確定申告に行きたくないと思ってしまうかも知れませんが、それは絶対にお勧めできません。所得税と言うものは、前年の所得総額に応じた見込み額を給与から源泉徴収する流れになっています。その為、およその目安で所得税は徴収されているのです。その為、転職を行った事で少しでも今年度の所得が低くなった場合は、確定申告を行う事で払い過ぎた所得税を返金してもらえる可能性が高くなります。
特に前職と転職先に勤務するまでに間ができているような人の場合、年収は大きく減ってしまっていると言う事が考えられます。そうなると返金される額も大きくなる可能性がある為、少し面倒だと思っても必ず確定申告を行うようにしてください。
確定申告を行う際に必要な書類は、源泉徴収票と生命保険料の証明書。また、医療費控除がある場合は、それらの書類も一緒に提出します。あとは、印鑑さえ準備すれば大丈夫です。

・退職金をもらった場合

前職を退職する際、退職金が発生していると言う人もいるかと思います。そのような場合は、確定申告が必要では?と思われますが、基本的には、退職金をもらった場合でも確定申告は不要です。
一般的に退職金をもらう場合、その職場で退職金について税務署に申告されており、源泉徴収されている事がほとんどです。その為、改めて確定申告する必要はありません。

・確定申告は放置できる?

「転職したばかりなどで忙しく確定申告をする時間がない!」「どうせ、確定申告しても少しのお金しか戻ってこないなら面倒だから放置したい!」などと思う人もいるかも知れませんが、確定申告は義務です。その為、必ず行う必要があります。
そうしなえれば、各市町村から確定申告における催促状が届く事となり、結果、所得税の還付を受ける事ができなくなってしまいます。
その上、罰則の無申告加算税として、納付税額50万円までは15%、50万円を超える部分は20%が課せられてしまいます。そのような事から多少、面倒に感じても可還付の有無にかかわらず必ず行う必要があります。

・最後に

以上のように同じ転職でも確定申告が必要な人と不要な人がいると言う事がわかったかと思います。確定申告を避けたい場合は、出来るだけ年末の転職は控え、必ずどちらかの企業で年末調整を受ける事ができるようにしてください。
それだけで、基本的には面倒な確定申告は不要です。また、その際、必要になる源泉徴収票においては、必ず前職で受け取る事を忘れないでください。もし、紛失してしまった場合や受け取りを忘れた場合は、必ず、前職にお願いし、再発行してもらう手続きを取ってください。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇