転職内定後の対応はどのようなことをするか?

転職内定後の対応はどのようなことをするか?

転職ブームと呼ばれている昨今、企業側も、中途採用の人々を積極的に受け入れることが多くなってきました。
それは、人材不足による事業者存続が危ぶまれる所もあり、経験豊富な人や高いスキルとノウハウを持つ人を数多く取り込み、即戦力として活用するためにです。
片や面接を受ける転職を考えている人は、早期退職や家庭の事情、あるいは、キャリアアップのために、新しい環境で仕事をすることを考えていることが多いでしょう。
ただ、今、勤務している会社を辞めて新しい会社に変わることは大きな決断でもあり、勇気のいることです。
そのような気持ちで受けた面接で内定をもらった時の喜びはまた格別なものがあるのではないでしょうか。
それだけに、内定をもらった後の対応なり行動が非常に重要になってきます。

●内定をもらうこと

内定をもらうことは、今までのあなたのスキルや実績を評価して、会社に迎え入れてくれる意思表示でもあります。
このことは自分に対する一定の評価を得たことと素直に喜ぶべきかもしれません。
しかし、だからと言って、全て内定先に任せきりで受身的な姿勢ではダメです。
内定の連絡があった後には、どのような対応をすべきかをきちんと把握して、行動に移すことです。

●内定を受けたなら、労働条件を確認すること

内定をもらった後に提示される内定通知書や採用通知書、雇用契約書には、細かな勤務条件や給料等の条件が明記されています。
まずは、その内容を確認することが重要なことです。
この段階で、しっかりと確認をしていなかったために、条件が異なるというトラブルになってしまうことがありますので、このポイントは外すことができません。

●返事はどんなに長くても2週間以内

内定をもらってから、承諾するにも断るにしても、2週間以内には返事を出すことです。
この時は先方の面接担当者に電話連絡で意思表示をすることです。
もし、相手が不在や長距離出張‥で不在の場合は、メールで返事を出しておくことです。
できれば、その後でも電話連絡をしておくと、さらに心証が良くなります。

●内定を応諾するケースの対応

まずは、電話連絡かメールで御礼と同時に入社式までの具体的な手続きを確認しておくことです。
メールならば、先方からの返信を待つことになりますが、手続きを把握しておかなければ、後々の現職の退職スケジュールにも事情がでて来てしまいます。
その後に、承諾書や入社手続きの書類を提出することになります。

●断る場合の対応

転職で内定をもらったからと言って、必ずその会社に入社するということはありません。
自分が希望していた労働条件と合わないケースや複数の会社を受けていて、先に内定を受けたり、条件がよかったりするケースがあります。
その時には、せっかく内定を出してもらったことに対する気持ちから中々、断りづらい気持ちになってしまうのですが、きちんと誠意を持って、断る連絡をしなければなりません。

●内定を断る時のマナー

断る時は、まず、採用してくれることについての感謝の意を伝えた上で断ることです。
一身上の都合で断ることになりますが、素直に外の会社から、早く内定をもらっていたことを伝えても差し支えはないでしょう。
また、家庭の事情が変ってしまったという理由でも通用します。
しかし、あからさまに嘘だと分かってしまう理由は相手の心証を悪くするだけなので、できるだけ正しい理由で断ることです。
基本的には、電話連絡によるお断りになりますが、やむを得ない時にはメールを送ることです。
断ることで、一番大事なことは、タイミングです。
ビジネスの世界では、悪い話ほど速く相手に伝える必要があります。
特に中途採用の転職は、即戦力としての採用なので、先方も応諾を前提に組織的な人員配置を検討している可能性があるために、速く連絡しておくことで、迷惑をかけないようにしなければなりません。
回答する期間は遅くても、1週間以内には連絡することです。
全くアンサーなしということは、社会人としてマナー違反になってしまいますので、絶対に避けるべきことです。

●現職の会社での行動

転職をする時は、現在勤めている会社には、知らせず活動をすることと思います。
しかし、だからと言って「転職先が決まったので、来週、退職します。」 では、あまりにも常識のない対応です。
それこそ社会人としてもマナー欠如と言われても仕方のないことです。
したがって、内定をもらい、応諾した後に、すぐに組織責任者には報告をしておくことかま必要です。
当然、今の担当している仕事の引き継ぎもしなくてはなりませんし、入社してからお世話になった方々に対しても挨拶をしなくてはなりません。
そのようなことから、転職先への連絡も大事なのですが、現職の職場でも、きちんと挨拶と御礼の意思表示をするともに、後任者への繋ぎもしっかりと行っておくことが大事なのです。

このように転職する時は、転職先や、今の会社に対する活動をしっかりと、行っておかねばなりません。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事