転職を3年目未満で行う第二新卒と言う言葉をご存知ですか?

転職を3年目未満で行う第二新卒と言う言葉をご存知ですか?

就職後3年目までに転職を行う際、第二新卒というくくりで転職活動を行うと言われています。では、そんな第二新卒のくくりで転職を行う際、どのよう転職活動になっているのでしょうか。

・第二新卒の定義とは?

まず、第二新卒の定義としては、入社後3年目未満の人となっています。もちろん、明確な定義などありません。転職業界で言われているだけと言えば、それだけのものです。
その為、はっきりと3年目未満と言う事ではなく、企業によっては4年目、5年目ぐらいなら第二新卒扱いする場合もあります。
ただし、この第二新卒と言うものは、学校を卒業後、新卒で一度は社会に出て働いた経験のある人を指します。その為、一度も会社に勤務した経験のない人には適応されません。

・第二新卒が企業に求められている理由

今の日本経済は上向きと言われており、就職活動は売り手市場となっています。その為、必要人数の新卒採用者を確保する事ができない企業も多く、そう言った企業において、第二新卒と言う人材は、喉から手が出るほど欲しい人材になっているのです。
また、せっかく、就職しても3年以内に薬3割の新卒採用者が辞めてしまう時代です。そう言った頃からも、第二新卒にあたる年齢の人材が不足し、企業は積極的に採用していきたいと考えているのです。

・企業は第二新卒者にどんな事を期待しているのか?

一般的な転職の場合、企業はその人のスキルを期待し採用する傾向があります。即戦力として、第一線で働いて欲しいと言う期待がある為です。
一方、第二新卒の場合と言えば、就職して3年目未満が大半と言う事もあり、スキルと言うものを期待する事は難しくなります。では、何を期待しているのかと言うと「基本的なビジネスマナーは身に付けている」と言う点になります。
例えば、新卒者の場合、1からビジネスマナーを身に着けるため、教育しなければいけません。電話の取り方など細かな事まで教育する必要があるのです。
一方、第二新卒の場合は、そう言った基本的なビジネスマナーは前職で身に着けていると言う事で、それを省き、すぐに仕事に就いてもらうことが可能となります。社会人としての育成をする必要がないと言うだけでも、企業にとっては、時間的にも費用的にも大きくカットする事ができると言えるのです。
その他、一般的な転職の場合、どうしても、新しい職場に馴染む事ができないなどと言った事も少なくありません。前職での経験が長ければ長いほど柔軟性にかけてしまうと言う事もデメリットになっているのです。
しかし、第二新卒の場合は、そう言った前職でのこだわりも少なく、また、若いと言う事で柔軟性も高い人がほとんどです。その為、実際、転職後、扱いやすいといった感想を持つ企業も多くなっています。
このように第二新卒者に企業は、柔軟性を求め、また、一番人手不足になる年代の穴埋めとして積極的に採用していきたいと考えているのです。

・第二新卒なら、未経験の業種への転職も可能!

3年目未満と言う事もあり、基本的には前職のスキルなど一切関係なく行われる第二新卒の採用。その為、異業種への転職も第二新卒の場合、比較的行いやすくなると言えるのです。
第二新卒の場合、求められるスキルは、ビジネスマナーのみと言っても過言ではありません。その他は、熱意や意欲、人柄などを重視し採用する企業がほとんどです。そう言った事から、異業種への転職も行いやすいといえるのが、この3年目未満の時期となります。
これを逃せば、異業種への転職は、どんどん難しくなる一方となります。その為、もし、異業種への転職を考えている場合は、少しでも早い決断が大切になると言えると思います。

・第二新卒でデメリットになる事はないのか?

3年目未満での転職と言う事で、その短期間での転職がデメリットになる場合も十分に考えられます。転職しても、すぐに辞めてしまうのではないか?と採用担当者が感じる事も多く、そう言った不安から採用を拒む企業もあります。
その為、面接の際には、出来る限りそう言ったイメージをカバーするように努力する事が大切です。「なぜ、前職の仕事を辞めようと思ったのか?」など聞かれた際に的確に答える事ができるように十分な答えを準備しておくと安心です。
その為には、まず、自己分析をして将来のビジョンを明確にする事が大切です。その上で、ネガティブな退職理由であっても、ポジティブ退職理由に置き換える事が大切となります。

・まとめ

以上が就職後3年目未満に行う転職である第二新卒での転職活動となります。転職と言うものは、一定の年齢以上になると難しくなってくるとも言われてます。また、異業種への転職ともなれば、早ければ早いほどメリットが大きいとも言われています。
そう言った事を踏まえ、自分の転職時期を明確にすると言う事も大切なのではないでしょうか。その際、3年目未満だから早すぎるとは考えず、売り手市場で転職しやすい時期だと言うように考えてみると勇気を持って転職活動を始める事ができるかと思います。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇