転職を行うにあたっての動機について

転職を行うにあたっての動機について

転職を行うにあたってはだれもが何らかのきっかけであり、動機があるはずです。
そして、その動機が自分なりに納得いくものであった場合に、具体的な行動にうつるものです。
まずは実際にどのような動機があれば、実際に転職を考える際の正当な、そして自分自身だけではなく、周囲からも納得いく内容なのかを具体的にあげていきたいと思います。

●自分自身のステップアップ

仕事をしていて、自分自身が現状のままではなかなかビジネスマンとして、社会人としてのびていかないのではないかと感じた瞬間、そして新たな環境でなければのびないと感じた瞬間、これは確かに転職の動機としては非常に客観的に見た場合も非常に納得ができるものだと思います。
そして、ここで気をつけないといけないのはなんといってもそれが一時的な感情ではないということを自分も周囲も納得できるものであることです。喜怒哀楽が激しくなっているときにはどうしても一時的な感情を恒常的な感情と置き換えてしまいがちです。そして、それが行動に移ってしまう、さらには自分自身に無理やり言い聞かせてしまうという状況に陥ってしまうのです。
自分自身のステップアップのための転職をしたい。よくよく考えてこうすべきであれば、転職を行うための具体的な行動にうつるべきかと思います。

●異業種で仕事をしたい

自分自身のステップアップ、キャリアアップもさるこごながら、実際に社会人として仕事を始めたにもかかわらず、まったく違った業界、業種で働きたいと考えることもあるでしょう。
そして、これが一時的な感情ではなく、たとえば、書面でそれをぐていてきにまとめられるようなしっかりした論理的な内容でまかなえるようなものであれば、具体的な行動に移してしまうことも問題ないでしょう。
しかしながら、課題として挙げられるのは全く異業種への転職ともなれば、いかに志望動機がしっかりしたものであっても、その過去のスキルや資格が全く生きてこない可能性があるということです。
ですから、いかにその志望動機が本物であったとしても、自分自身がその業界でいきていくにあたって、本当にビジネスマンとして貢献できる人材なのかどうか、そしてどういったスキルを身に着けなければならないのかをしっかり考えてから転職活動にうつるべきかと思います。
実際に、ここまでしっかり考えておけば、思い立ったらすぐに転職活動ではなく、必要なスキルや資格を取得するためのリードタイムも含めて大きなスケジュールを組んで考えることもできるでしょう。
転職を行うのであれば、ここまでしっかり考えておくことが重要です。

●プライベートとの兼ね合い

どうしても、仕事とプライベートは切り離せないことが実態です。
いかに仕事をやりたいと思っていてもプライベートの事情でやむなく転職を考えないといけない場合も出てきます。
それが親の介護であったり、家族の病気であったり、それ以外のやんごとなき理由も含めてもろもろ。
そして、これもいわばタイミングであり、同期であるといってもよいでしょう。
こうしたタイミングをしっかり見据え、それでも自分自身はどんな仕事を続けていきたいのかしっかり考えるきっかけになればそれは非常に重要な転職の動機だと言い切ることができるのです。
もちろん、最初はマイナスな気持ちもあるかもしれません。
それでもなお、どんな仕事をしていきたいのかしっかり考えることができれば、それは自己成長にとって非常に重要なタイミングであり、きっかけになってくるのです。

●新たな人生の転機と捉えるとき

転職の動機として、仕事云々よりも結婚や離婚、家族の死など全く別の観点で人生をリセットしたいと考えた場合の理由をあげることも出てくるでしょう。
これも立派な転職の動機です。
しかしながら、この場合でも以下に自分自身がどんな仕事を心がけたいのか、そして自分がこれまでどんな仕事をしてきたからこそ、これからはこんなことができるのではないかという全うなストーリーのある考え方ができなければ残念ながら転職の動機としては十分ではないと周囲からも判断されてしまうかもしれません。
あくまでも、こうした自己分析を行ったうえで誰もがなっとくいくものであることが成功への道だといえるからです。
こちらもどうしてもきっかけでしかありませんので、それとともに転職を行うことが本当に正しいかどうかは個人の事由によって大きく異なるものです。

こうして転職の動機には自分自身がビジネスマンとしてステップアップしたい、キャリアアップしたい、全くことなる業界で頑張りたい、さらにはプライベートの転機といった様々な要素があります。
しかしながら、何にも変えがたいのは自分自身にとっても周囲からみてもその動機が納得行くものであることです。
これがなければ、思い付きだと考えられてしまいますし、実際にはうまくいかないことも発生してくるので注意が必要になります。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事