転職を引き止められたらどうする?そのときに考慮すべき点とは?

転職を引き止められたらどうする?そのときに考慮すべき点とは?

転職することを決意したものの、いざそれを周りの人に吐露すると「もう一度考え直した方がいいよ」と引き止められることがあります。恐らくこのようなことを言われると、転職をためらってしまうことでしょう。しかし転職すべきかどうかを最終的に決定するのはその人本人です。
転職したいという気持ちが湧き起こり、その決意に至ったからには何らかの理由があるはずです。それで転職を引き止められた場合、まずは自分が転職したいと感じた理由をもう一度考慮することができます。
しかし今度は引き止めた側の気持ち、そしてその理由も一緒に考慮するなら、最善の決定を下すことができるでしょう。では周りの人はどのような理由で転職希望者を引き止めることがあるのか、その点を中心に見ていくことにしましょう。

転職を引き止める理由1.会社に残ってほしい

現在勤めている会社の上司や社員に転職しないで今の職場に残ってほしと言われるかもしれません。このような形で引き止められるなら、その人はこの会社にとって必要な人物とみなされていることになります。
このような評価は非常に嬉しいものです。しかしこれほどまでに評価されているにも関わらず転職したいという思いが沸き起こってくるからには、何か特別な理由があるはずです。残業が多いゆえに転職したいのでしょうか?休日が少ないからですか?それとも給料が少ないからでしょうか?
会社側が残ってほしいという希望を述べてきたのであれば、自分が提示する条件を受け入れてほしいと交渉することができます。もしそれが受け入れられれば転職の必要はなくなり、会社、そして転職希望者の双方がメリットにあずかることができます。

転職を引き止める理由2.次の就職先の安定性が確かではない

現在の仕事が比較的安定しており、さらに生活するのに十分な額の給料が支給されている場合、多くの人はこの職場に留まるのが最善であると結論します。しかし何らかの理由でこのような職場を去ろうとする場合、友人や家族は転職を引き止めることでしょう。
それでも仕事に生きがいを感じたいという人や、自分の夢に向かって新たなスタートを切りたいという人は、安定性を最優先しないこともあります。もちろんこのようなものの見方を否定することはできません。
しかしもしこのような人に養うべき家族がいたり、返済すべき多額の借金がある場合、これらの点をしっかりと考慮すべきです。ただ自分の夢ばかりを追って周りの人に迷惑がかかるのであれば、このような転職はお勧めできません。
しかしどんなに安定した仕事であってもそこから来るストレスが非常に強いものであったり、残業や休日出勤が多いなど健康に影響を及ぼすような状態が続く場合、転職を考慮する必要が生じます。

転職を引き止める理由3.衝動的な性格

転職を決意した人が衝動的な性格の持つ主である場合、周りの人はこの人の下した決定に待ったをかけるかもしれません。このタイプの人は一時的な感情の高ぶりで重要な決定を下してしまうことがあり、その後その決定を大きく後悔することがあるのです。
こうしたことがないよう、友人や家族は「転職する」の一言が発せられたときにそれを引き止め、冷静になるよう勧めます。多くの場合、このような助言は物事を良い方向に導きます。

転職できる状況であることを確かめる

これまで転職を決意した人がどのような形でそれを引き止められることがあるのか、いくつかの状況について考慮してきました。自分の夢に向かっての人生設計がしっかりとできている人は、突然の転職を口にすることがあります。
もちろんこのような形での転職が100%成功するとは言えませんが、最終目標に向かって念入りな計画を立てている場合、物事はスムーズに運びます。そのため転職することで周りの人に大きな迷惑がかからず、尚且つ自分の夢に向かって前進できるのであれば、転職を留める理由はないでしょう。
しかし上記でも触れたように自分が仕事を変えることによって周りの人にも大きな影響が出る場合、自分自身のことのみならず周りの人の状況を考慮しなければなりません。とりわけ家族を養う責任を担っている人の場合、自分の夢は二の次になるはずです。
こうしたことを考えると、独身である人の方が自由に転職できる立場にあることが理解できます。もちろん転職の理由は自分の夢を実現するということだけではありません。しかし転職することで生活リズムは大きく変化します。このような状況に適応するという点でも、仕事に集中できる独身の人の方が有利であると言えます。

まとめ

これまで考慮してきたように、状況によっては転職が自分一人だけの問題ではないこともあります。そのため転職を決意したときに誰かがそれを引き止めた場合、その理由や転職した場合の状況についてよく考えることが必要です。
このまま仕事を続けていくと大きなストレスを抱えたり健康を害してしまう恐れがある場合や、給料が少なくて家族を養っていけないという場合は正当な理由での転職となります。しかしその他の理由で転職を考える場合は、自分を取り巻く状況をもう一度考慮することが必要なのです。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事