転職への意気込みは軽すぎず、重すぎず

転職への意気込みは軽すぎず、重すぎず

転職とだけ聞くとその背景にあるものをいろいろと想像できます。キャリアアップや昇給のため、資格のためというような前向きなものから拘束時間の問題やパワハラ、セクハラなどの問題などを抱えたためと多岐にわたりますが、転職そのものについては考えようによっては新天地での再出発ですので気持ちもリフレッシュできていいものです。

そんな中転職理由で特に多いのが人間関係の問題での転職のようです。ですが、転職とは新しい仕事場を探すだけではなく、入社試験や面接などを経て合否判定を迎えるという作業を行わなければならないため、決定するまでは精神面でも不安定になるものです。

そこでの考え方で、ある海外のコラムニストは非常に簡単ながら的を射たコメントを残しています。

「転職は、したいと思えばすればいい。自分の肌に合わない会社に自分から希望して残る気がないなら、自他共のために努力を惜しまないこと。日本人はなぜか嫌なものをこらえることに心血を注ぐが、そうではなく次のステージに移行することに同じだけの努力を怠らないようにすれば、明るい未来は意外とすぐそこにあったりするものだ」

かくいう筆者も現在企業で働いている身ですが、転職を強く考えた時期がありました。私の場合は仕事内容がマンネリ化していたためリフレッシュしたいという理由だったので、人間関係も仕事内容そのものにも何ら問題はなかったため、考え方を変えるだけで今の会社に無理なくとどまることができました。

ですが、強く今の仕事をやめたいと思うとき、確かに日本人の民族性の問題だと思うのですが、嫌なものをいかに合理的に回避するかではなく、いかにこらえて取り込んでいくかを考えていく傾向にあるように思います。

現に仕事での状況悪化にこらえきれず精神疾患に罹患するケースや、最悪の場合それが会社に対しての事件や自殺問題に発展しているのも確かですし、それらの件数がダントツで高水準になっているのも日本の特徴であり問題でもあります。

だからと言って転職したければいつでも転職をすればよいというものでもないかと考えます。やはり一度就職した会社でのスキルというのはその会社に適合した内容でスキルアップしていますので、たとえ同じ業種への転職を考えていたとしても全く同じルールが適用できるとは限りません。そう考えると自分が今まで身を置いてきた会社のルールに従い続けるという選択肢も、場合によっては精神衛生上よい可能性もあるわけです。

それらを総合して考えたとき、ではいかに転職のタイミングを設けるのがいいのか。それをまとめてみました。
1、仕事を変えることで再び背筋を伸ばして働けるビジョンが見えているか。
2、収入面で無理が生じないか。
3、新しいルール、仕事を覚えることに今物怖じしていないか。
4、今の人間関係のほとんどが崩壊することへの覚悟があるか。
5、自分が今、正しい選択をしていると信じられるか。

以上の内容に尽きると考えています。まず一つめの要綱ですが、せっかく転職するのであればリフレッシュした気持ちで働きたいものです。転職したことで「実は転職しないほうがよかったのかな」と少しでも後ろ向きな気持ちになりそうなのであれば、とことんそう思わなくなるまで今の会社で頑張ってみましょう。そうでなければ、転職時です。

二つ目の要綱については現実問題ではありますが、当然仕事が変われば給与面も就業時間面も様々な条件が変わります。その中で生活を圧してしまうようであれば、仕事以外の時間の使い方や生活スタイルに支障が生じます。

三つ目の要綱についてもそのままの意味合いですが、当然新しい職場に入ればその場のルールや常識があります。郷に入れば郷に従えという意味ですね。

四つ目についてはほとんどの方が今まで通っていた学校などで少なからず経験しているかと思います。どれだけ仲がよいと思っている友人関係でも、同じ環境にいないということはそれだけ距離を作ります。今の人間関係が気付かぬうちに失われる可能性があることも覚悟しましょう。

そして最後の要綱です。これが転職において一番重要な心構えでしょう。先の四つの要綱はあくまでも自分に自信をつけるための項目にすぎませんでした。ですが最後は若干ニュアンスが異なります。これは「自分が今選択している転職という選択肢」が、自分にとって間違いではないと思って新天地に向かうのと、若干ながらでも公開を抱えて再就職するのではスタートのポテンシャルも、会社でのファーストインプレッションも異なります。一度転職を決定させたらもう後戻りはできないのです。そう思えば、もう新しいところで頑張るしかありません。後悔などという無駄なものは一刻も早く捨て去り、次のステップで頑張るほうが身のためです。

タイトルにも挙げていますが、転職への意気込みは軽すぎず、重すぎずです。軽い気持ちであれば転職先でさらなる失敗をする可能性もありますし、逆に重すぎると最初の一歩すら踏み出すことができないことも多々あります。自分の気持ちをいかにフラットにして、冷静になりながら利害を考えて転職できるかが成功への第一歩ではないでしょうか。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇