転職の面接で特に気を付けたいこと

転職の面接で特に気を付けたいこと

面接時のマナーはあげればきりがないほどに合ったりしますが、普段マナーに親しみがなければその時だけ面接マナーを完璧にこなすというのはなかなか難しいものです。特に緊張しがちな面接の中では少しでもリラックスしたいと考えるものです。

もちろん面接時のマナー、礼節は非常に重要です。名詞を机またぎに受け取らないであったり席に誘導されてから着席するなどのマナーを守りつつ、実はもっと注意したいのは「話す内容」です。

外資系企業に多く見られる傾向のようですが、以下の要点が最近は注目されているといわれています。
1、現在の就業先でどのように過ごしてきたのか。
2、消極的な人材ではなくある程度の自信を持っているのか。
3、会話がスムーズに行えるかどうか。
4、仕事面だけでなく各面で誠実性が見受けられるかどうか。
5、自分を飾らず正直な回答ができるかどうか。

意外とそんなものかと思われる項目も多々あるかと思いますが、人間緊張しうる状況下では意外とわかっていることもでもこなしきれないことはたくさんあります。なのであえて列挙してみました。

まず最初の要綱の「現在の就業先でどのように過ごしてきたのか。」ですが、具体的には会社の不満ばかりで比較するのではなく、さらなる上昇志向を見せられるかどうか、ということです。

今の就業先の不満を列挙したうえでその点の改善を希望しているため、という理由を仮に述べたとします。受け手としては内情はわかりますがその点の問題が発生した時に「この人は辞めてしまうのか」と場合によってはマイナスに取られてしまいます。それよりは対峙した問題に自分なりの改善を考えて行動してきたことがわかる職歴を回答したほうがプラスにとらえてもらえます。

二つ目の要綱の「消極的な人材ではなくある程度の自信を持っているのか。」についてはそのままの通りです。新しい仕事が憶えられるか不安であったり、人間関係が構築できるかが不安という問題は面接官もすでに織り込み済みです。これからの就業ビジョンをどのようにとらえているのかも見ていることが多いので、その中で消極的不安ばかりを列挙してしまうとマイナス思考の人間に思われてしまいます。すでに不安要素は織り込み済みだと折り合いをつけて話をしましょう。

三つ目の要綱の「会話がスムーズに行えるかどうか。」についても重要です。会話はキャッチボールというように、面接官がソフトボールを一つ投げているものに対して、次に返すボールが複数の鉄球並みの重たくボリューミーな内容ですとキャッチボールが成立しません。対話手法に「Yes aud」というものがあるのですが、まずは相手の質疑に対して一つ返し、一度区切ってからこちらからの質疑を投げていくように会話をスムーズに成立させるよう心がけましょう。

四つ目の要綱の「仕事面だけでなく各面で誠実性が見受けられるかどうか。」についてですが、これは会話の意識というよりも行動面に現れます。例えばですが話を聞くときは相手の目を見て聞く、背筋を伸ばして話を聞く、相槌を適度にとり話を受けている姿勢を見せるなど、誠実性が垣間見える行動というのが重要です。そうすることで真剣に話を聞いている様子が見えることで仕事に前向きだという印象を与えられます。

そして最後の要綱の「自分を飾らず正直な回答ができるかどうか。」ですが、仕事場では実直性を問われることもあります。そのため自分を誇張するように「自分はできる人間です」とアピールすること自信過剰にみられる可能性があります。能ある鷹は爪を隠すということわざのように、要所要所でこんなことができる、あんなことをしてきたと並べていくと、相手の興味のある所に対してこの人はできる人なのかと出し方によってプラスに転じてくれます。

蛇足であれば恐縮なのですが、いかがでしょうか。どうすればいい印象につながるかというのがわかっていても、改めてその理由を知ることで新たな攻略法が見つかったり、落ち着いて面接に挑もうという意識が芽生えたりするものです。

転職は仕事選びも重要ですがせっかく選んだ企業に就職できなければ実を結びません。むしろ転職において一番重要なフェーズといっても過言ではありません。会社に自分のファーストインプレッションを認識させ、その企業に対して有益であるということをしっかりとアピールすることが重要ですが、先のように過剰アピールも相手からするとおなか一杯になってしまうことがお分かりいただけるかと思います。

採用基準にスコアリング(ある一定基準にしっかりとスコアをつけて減点式or加点式で合否判定を取る方法)を採用しているところもありますが、やはり受け手も人間です。その受け取られ方や印象で大きく左右される部分も非常に大きいので、相手の印象をいかによくしていき、最後に「この会社に有用な人材だ」と思わせることが重要です。最後にもう一度、大切なのは話す内容です!

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇