転職の際、入社日までにしておく事とは?

転職の際、入社日までにしておく事とは?

無事に転職先が決まった後は、在職中の勤務先での手続きに加え、入社日までに新しい勤務先への準備も並行して行わなければいけません。では、実際、どのような流れで行えば良いのでしょうか。

・退職願を出すまで

転職先が決まった後は、すぐに退職したい旨を直属の上司に口頭で伝えます。その上で、今の仕事に支障が出ないよう上司と相談した上で退職日を決定します。そして、退職日を決定する事ができれば、退職願を提出する流れとなります。
期日としては、退職日の2週間前までに直属の上司に手渡しする事になり、その際、税金・年金・健康保険・雇用保険などの退職に伴う公的手続きも一緒に確認しておくと安心です。

・退職日が決まったら、入社日の確認を!

退職日が決まった後は、転職先に退職日が決定したことを伝え、その上で、今度は入社日の決定を行います。
転職の場合、前職での退職日を考慮して入社日の設定を行ってくれる企業がほとんどです。その為、必ず退職日が決定してからすぐにその日程を伝え、入社日の調整を行う必要があります。

・退職日までに今の職場で行う事!

退職日が決まったら、スムーズな引き継ぎが行われるように努力する事が大切です。まずは、引き継ぎに関するスケジュールを作成し、それまでに何をどのように進めて行けば良いのか考える事が必要となります。
その際、決して退職日のギリギリまで予定を入れるのではなく、3日ほど余裕を持たせたスケジュール管理を行う事をお勧めします。そうする事で、万が一の際でも退職日までに対応する事ができ、余裕を持って引き継ぎを進めていく事ができるかと思います。
これら仕事での引き継ぎに並行して、会社位に対する事務的な手続きを行わなければいけません。
例えば、返却物チェックシートを作成し、身分証明書(社員証)などの返却をはじめ、自分の名刺だけではなく取引先の名刺。その他、健康保険証や定期券。貸与された文具、備品、書籍、パソコン、制服なども返却する必要があります。
反対に退職するにあたり勤務先から受け取る必要があるものとしては、雇用保険被保険者証や年金手帳、源泉徴収票などとなり、こういったものの受け取り忘れがないように注意する必要があります。

・大切な人に挨拶をする事も大切

退職するにあたり、大切な人には挨拶まわりを行う事も大切です。一般的には、メールでの挨拶もOKとされており、直接会って挨拶する事が難しい人の場合、メールで退職の挨拶を行います。もちろん、直接会う事が可能な人には、可能な限り直接お会いし、挨拶すると良いかと思います。
また、退職の挨拶を行う時期としては、社外の人に対しては、何かあった場合連絡を取る事ができる期間の余裕を持って挨拶すると良いかと思います。その為、退職日の2〜3週間前が良いかと思います。
一方、社内の人の場合は、事前に退職する事を知っている人がほとんどかと思います。その為、退職の挨拶ではなく、お世話になった最後のご挨拶といった感じで考えると良いかと思います。その事から、退職日に送る事が一般的だと言われていますが、勤務先によっては、多少、考え方の違いが起きる場合がある為、勤務先の通例に合わせると無難かと思います。

・転職先の入社日までに行う事

退職準備も大切ですが、それと同時に必要になるのが転職先への準備となります。入社日までに行わなければいけない事は山積で時間的ゆとりがない日々を送る覚悟も必要です。
まずは、転職先の業務に関する予備知識を身につける事が重要となり、取扱商品の種類や特徴。その他、主要取引先の名称や支社・営業所の所在地などを入社日までに頭に入れておく事でスムーズに業務に入る事が可能になります。
また、入社日までに転職先とも細かな連絡を取るようにし、場合によっては、入社日までに一度、出勤するように言われる事もあります。そう言った事にも対処する事ができるように余裕を持った計画、行動が必要となります。

・入社日に提出が必要な書類の準備

仕事の準備も大切ですが、必要書類の準備も忘れず行う必要があります。例えば、雇用保険被保険者証・年金手帳・源泉徴収票などが手元に揃っているか?その他、個人的に準備しなければいけない、洋服やバックなどは揃っているかなど確認する事を忘れてはいけません。その際、どのようなものが必要なのかわからない場合は、事前に確認しておく事をお勧めします。自分で準備する者に対しては、各企業において考え方が異なる為、必ず確認してから揃えておく必要があります。

・最後に

以上が転職先が決まり、入社日までに行わなければいけない事の流れとなります。転職先が決まり、ホッと一安心できるのも束の間です。退職日、入社日が決まれば、それからは、本当に忙しい日々が続くと覚悟しておいてください。
体調には十分に注意し、万全の体調で入社日を迎える事ができるようにする事が一番です。その為、体調管理だけはお忘れなく!

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇