転職の回数はプラスにもなりマイナスにもなります。

転職の回数はプラスにもなりマイナスにもなります。

日本においても終身雇用が当たり前ではなく転職を繰り返しながら自分自身をキャリアアップ、スキルアップするということが当たり前になるなります。しかしながら業種や職種、その転職の理由によっては転職の回数がプラスに働いたりマイナスに働いたりすることがあります。具体的にどのような場合に転職の回数がプラスに働き、どのような場合にマイナスに働くのかを挙げていきたいと思います。もちろんこれはケーススタディであってそれぞれのパターンによって異なると言うことをお忘れなく。

●転職の理由が1番のポイント

履歴書や職務経歴書を提出するときに間違いなく転職の回数は面談で明らかにされてしまうものです。もちろん、その転職の理由が前向きであり面談する人間にも納得できる内容であれば問題ないでしょう。しかしながら実際にその転職の回数に対してどのような理由があって自分自身がどのような動機付けを持ってしっかり説明できないようであれば明らかにマイナスに働くと思います。ですから後付けであっても構いませんので転職の回数が多い場合はきちんとその理由を明確にすることがポイントだと思います。明らかに組織の柔軟性がなかったらあるが、職場での人間関係がうまくいかなかったと言うようなマイナスな理由で転職を繰り返したと言うような説明をするとマイナスになってしまいます。

●スキルアップが前提の転職

転職を行うにあたってその回数が間違いなくプラスに働くのは自分自身のスキルアップのための転職です。ここで間違っても収入を増やすための転職と言う言い方を面接で行うのはマイナスに働く可能性があるので避けましょう。例えば技術者であればプログラミングから始まりマネジメントができるようにスキルアップができ、プレイヤーとしてもマネージャーとしてもスキルを身に付けることが転職の回数が多いことの理由ですと言うようにはっきり答えられることになれば転職の回数は逆にプラスに転じることが多いでしょう。
またはプロスポーツの業界を見てください。自分自身のスキルアップすることで周囲の評価が高まり引き抜かれたと言う日があるのであれば転職の回数、いわゆる所属したチームの回数が多い事は逆に今上でありプラスに働くものであります。新たに働く企業にとってプラスになるのであれば、このような転職の回数は逆に評価軸としては大きなポイントになってくると思われます。

●転職の回数が多くても気にならない業界

転職が今は一般的に行われており転職の回数が多くても気にならない業界はもちろんあります。あらゆる業界のトレーニングコーチ等は転職の回数が多い事はさほど気にならないと思います。プロスポーツ選手ほどではありませんが様々な業界でコーチングを行う事は当たり前になっており、企業の入れ替わりも激しいことがあってそこにひもつく雇用に関しても雇用が安定しないためにどうしても転職の回数が多いと言うことになってきます。むしろこのような経験を積むことで様々なユーザに対する満足度を高めることができると言う安心感を気弱に与えることができるかもしれません。逆に職務経歴書や履歴書の中でどのような団体の中でトレーニングコーチ行ってきたかと言うことをPRポイントにすることができるのは非常に良いかもしれません。そして自分自身が工事してきた選手や子供たちがどのような実績を残したと言うことを面接で訴えることができれば間違いなくその指導力を買ってもらうことができるでしょう。

●転職の回数がマイナスに働く業界

転職の回数がマイナスに働く業界はいわゆる営業や商品企画といった一般企業が多いと思います。もちろんヘッドハンティングの数が転職の回数と言うことであれば全く問題ありませんがほとんどの方がそんな事はありません。むしろこのような転職の回数が多いことでマイナスが働かないようにどのような理由で転職を行ったのかを明確にしておかなければなりません。特に同じ業界で転職を繰り返しているようであれば機密情報の保持があったり、元来のスキルがないのではないかと評価を下されることも致し方ないと考えても良いでしょう。それだけに同じ業界で転職を繰り返しているような形は自分自身をきちんと見直して、転職の回数を減らすように心がけることも必要になってくるかもしれません。年齢とともに雇用が厳しくなる中転職を繰り返すとさらに条件が厳しくなってくることは間違いありません。

まとめ

このように転職の回数が多いことによってプラスに働くこともあればマイナスに働くこともあります。しかしながら基本的にはマイナスに働くことが多いと考えるべきで、どのような理由で転職を行ったのかを明確にしておかなければ転職成功への道はどんどん狭くなっていくのではないでしょうか。いくら売り手市場の日本経済だといってもこれは変わらない事実だと考えてよいでしょう。若いうちにこれに気づかなければ厳しい状況になってきます。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇