転職の勇者になるために必要な事前準備とは?

転職の勇者になるために必要な事前準備とは?

転職を決意したものの、自分にはどんな仕事が適しているのかわからないと、仕事選びで悩んでしまう方は案外少なくありません。しかし、これでは転職の勇者となって、内定を勝ち取ることは難しくなってしまいます。
転職活動を始める前に、しっかりと自己分析を行ない、本当の自分、本心の自分と向かい合って、じっくり考えることが大切になります。
履歴書や職務経歴書などの応募書類や面接で、自分の強みを応募先企業にきちんと伝えなくてはなりません。また、年収や休日といった待遇面のみで転職先を決定するのではなく、自己分析で明確にした強みや、自分の能力を活かせる仕事という観点も、転職先選択に加えることによって、転職後に活躍できる可能性も飛躍的にアップするのです。
さらに言えば、自分が好きな仕事と得意な仕事は必ずしも合致するわけではないため、自己分析をすることで、それまで意識しなかった仕事が選択肢に加わることも十分に考えられます。
つまり、自分の可能性を広げて、後悔ない転職をし、勇者となるために自己分析は必要不可欠なのです。
では、自己分析はどのように行なえばよいのでしょうか?3つの段階に分けて、具体的に見ていくことにしましょう。

●第1段階

まずは第1段階です。
この段階ではこれまでの経歴や体験といったキャリアの棚卸しから始めましょう。まだ社会経験の浅い20代の方は、仕事以外のプライベートでもかまわないので、得意分野から強みとなり得そうなものを見つけ出してみましょう。
社会経験がある程度ある方は、これまでの経験や得られた知識をとにかく詳しく書き出していきます。どんな仕事にも何のために行ない、どんなことを達成するのかといった目的や目標があり、その結果・成果に至るまでの過程もあります。
キャリアの棚卸しは時系列でまとめるのがポイントで、業務内容や取扱商品・サービス、目標、成果、苦労したこと、工夫したことなどをできるだけ多くアウトプットしていきましょう。
より具体的には以下のような観点でも考えます。
まず、職種や業務経験といった職歴です。
「どんな職種や業務、課題を任されてきたのか?」「業務上、嬉しさや感動したことはなんだったのか?逆に苦しかったのはどんなことだったのか?」などです。
次に技能、知識、技術といったスキルです。
「入社後に身につけた技能や技術は何か?」「仕事の参考で読んだ本や受講したセミナーは何か?」「仕事で自分が最も詳しいと思える分野は何か?」などです。
次に国内外の出張、研究開発などの経験です。
「仕事上、どんな人たちと関わってきたのか?」「海外出張や社外の人とのコミュニケーションはうまくいっていたのか?」などです。
次に実績です。
「どんな実績をあげることができたのか?」「何か会社で表彰されたことはあるのか?」などです。
では、さらに、第2段階を見ていくことにしましょう。

●第2段階

第2段階は自分の強みを言語化するということです。
第1段階で書き出した経験を分析し、自分が大切にしてきたことや能力・スキルを俯瞰することで、価値観の傾向が見えてくるはずです。それをなるべく簡単なワードを使い、言語化していくのです。
例えば、「自分と関わる社内外のスタッフは、他人と関わるとすぐに問題を起こすような人でも気持ちよく接してくれた」などといった場合、その強みとして「親しみやすさ」「気配り」「育成力」「理解力」といったワードを挙げることができます。
また、「与えられた仕事はコツコツ行なうことができる」といった場合、同様にその強みとして、「継続力」「粘り強さ」「忍耐力」「使命感・責任感」「決められたことをやり抜く力」といったワードが挙げられます。このように、分析から見えてきたことを言語化していくといった作業が重要なのです。
では最後に、第3段階を見ていくことにしましょう。

●第3段階

第3段階は具体的なエピソードも合わせて整理するということです。
第2段階で言語化した自分の強みや傾向を整理するために、次の3つのポイントをおさえながら、さらに具体的エピソードも合わせてまとめていきましょう。その3つのポイントとは、1つ目が「自分にとって大事なこと」、2つ目が「その証拠となる具体的なエピソード」、3つ目が「そこから得られた学びや気づき、成果」です。
この段階では、どんな小さなことでもかまわないので、自分の強みをはっきりと言語化していき、体験とともにまとめていきましょう。すると、これまでの仕事やこれから挑戦することの自信にもつながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。転職の勇者となるために必要な事前準備がおわかりいただけたでしょうか?
自己分析を行なうのは面倒だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、自分についてをよく知らなかったり、強みが明確でないと、後々の応募書類作成や面接対策で苦労してしまいます。希望する企業に入社できるよう、こうした事前の自己分析はしっかりと行なうようにしましょう。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇