転職の内定を頂いた後の動き方について

転職の内定を頂いた後の動き方について

頑張った転職活動の終了の証として届いた内定。本当に嬉しいものだと思います。しかし、そう浮かれてばかりはいられません。新卒の場合は、4月1日と言った形で、その日まで内定をもらった浮かれ気分でいる事ができるかも知れませんが、転職の場合は、内定をつかんだ後も忙しい日々が待っています。

では、実際、何をすれば良いのでしょうか。

・内定を承諾する前に必ず行う事とは?

いくら希望通りの企業の内定をもらう事ができたからと言って、何も確認せず内定の承諾を行う事は危険です。その為、必ず内定の承諾前に気になる事は確認しておきます。

例えば、労働条件の確認です。その場合、言葉での説明だけでは不十分になる事もある為、必ず、事前に「労働(雇用)条件通知書」「労働(雇用)契約書」を受け取り、目を通した上で気になる点については、確認しておくと安心です。

特に給与額(月給)や賞与額。時間外手当(残業)や通勤交通費や住宅手当など支給。休日や有給休暇などには注意し確認していくと安心です。

・入社日の確認

在職中に転職活動を行ってきた人の場合、この入社日の確認も重要な確認事項となります。在職中の業務にも支障が出ないように調整する必要がある為、その事を正直に内定を頂いた企業に説明しておきます。

基本的に転職の場合は、ある程度、入社日の調整が可能になっています。ただし、一般的には3か月以内となっている為、その期間内に入社日を設定するようにします。

・内定を承諾した後は、すぐに退職の手続きを!

内定の承諾をした後は、すぐに退職手続きに移ります。直属の上司に退職の事を伝え、その上で退職日を決定します。法律では「2週間前に報告すれば退職できる」と言う事にはなっていますが、仕事の内容によっては、難しい場合も多いのではないでしょうか。

その為、円満退社するためにも、2週間と言う期限にこだわらず、きっちりと引継ぎを行った上で退社する事ができるようなスケジュールを行う事をお勧めします。

また、退職願は、まず、一言、直属の上司に退職の話を行った後、手続きを済ませる事をお勧めします、間違っても、急に退職願を持って退職を進めると言った方法はお勧めできません。

その場合、もしかしたら、退職する事を引き留められる事もあるかも知れません。そんな時は、強い意志を持ち、自分の気持ちを素直に伝える事を忘れず、また、今までお世話になった感謝の気持ちも忘れず誠意をもって伝える事が大切です。

そして、最後は、きっぱりと退職する意志が固いと言う事も忘れず伝える必要があります。

・もし、転職活動中に余裕があるなら…

もし、転職活動中に余裕があるなら、事前に色々な手を打っておくと言った方法もお勧めです。例えば、すぐに引継ぎができるように資料をまとめておくといったことやファイル管理など誰が見てもわかるようにしておくと言った事も、ちょっとした事ですが、事前に少しずつ行っておく事で、いざ、内定が決まった後、慌てることなくスムーズに引継ぎを進めていく事が可能です。

また、その際、自分の身の回りの片付けも並行して行うと良いかと思います。不要だと思われるものは持ち帰り、整理整頓しておく事で、忘れ物なく退社日に退社する事が可能です。

ただし、これらの動きは、決して、周りの人に気付かれてはいけません。転職と言うものは、内定が出て退社する事が明確になるまで誰にも気付かれてはいけないものとなります。

その為、そう言った動きは、誰にも気づかれる事なく進めていく事が大切だと言えるのです。

・入社手続きに必要な書類の確認

入社する際には、数多くの書類が必要になります。労働契約書をはじめ、源泉徴収票、年金手帳、雇用保険被保険者証など手元にあるものから取り寄せが必要になるものまで様々です。

中には、健康診断書や住民票記載事項証明書などの提出も必要となる為、退職準備と並行し、書類の準備を進めていく必要があります。

また、これらの中には、現在の勤務先から返還してもらわないといけないものもあります。そう言ったものを受け取り忘れがないようにしておく事も大切です。

・入社準備

場合によっては、ギリギリまで勤務し、その後、すぐに転職先に入社すると言う事になる人もいるかと思いますが、どちらにせよ、新しい転職先への入社準備は万全にしておく必要があります。

最低限の業界・職種知識を身につけ、即戦力になるように努めます。特に複数人一緒に入社する場合は、スタートダッシュが重要です。他の人と比べられ、落ちこぼれ扱いにならない為にも事前準備をしっかりとしておく事をお勧めします。

・最後に

これが転職の内定を受け取った後の主な動きとなります。在職中の転職の場合、内定後は、本当に忙しい日々を送る事になるかと思います。引継ぎをしながら、新しい職場への準備。

本当に忙しいとは思いますが、体調管理を行い、お世話になった勤務先にも、そして、これからお世話になる勤務先にもベストな自分で務める事ができるように努力する事を忘れないで欲しいと思います。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事