転職に関して年齢の制限をどう考えるか

転職に関して年齢の制限をどう考えるか

いかに転職市場が売り手市場だからといって、すべての転職希望者が希望に沿った転職ができるわけではありません。もちろん昔に比べると転職における年齢の制限も少しずつなくなりつつあります。募集の時点で40歳以上はお断りと言う制限があった中今では経験則やスキルがあれば年齢に関係なく採用される可能性も出てきています。逆に業界や業種によっては中高年のスキルを生かし、逆に安い賃金で転職者を求めることが戦略として求められることも出てきているほどです。では具体的に転職の年齢の関係について考えていきたいと思います。

●年齢をプラスにとらえる

転職を考えたときに年齢をマイナスに考えるかプラスに考えるかこれは最初の大きなポイントとなってきます。もちろんのことながら採用の基準として第二新卒と記載してあったり20代と記載してある場合は致し方ありませんが、実際の転職市場においてはそんな事はほとんどありません。どんどん転職の市場が流動化することによって多様な人材が転職市場でも求められるようになっているからです。これはどのような業界のどのような職種であってもほとんど変わりない状態だと言っても良いでしょう。
例えば、プロジェクトマネジメントを任せたいと言う転職希望者を募るのであれば業種や業態を関係なく、経験者を求めることが当たり前です。無論、このようなスキルを持った転職希望者は年齢もそれなりに高いことが当たり前になってきます。要するにこのような場合は年齢よりもスキルやマネジメント能力を求められることになり、年齢がマイナスになる事はまずないと言っても良いと思います。
次に、工場の現場や技術伝承を行いたい求人に関しては若い人材よりもむしろ年齢の高い人材の方が求められることが多くなってきます。自社の中高年者がどんどん辞めていくことによって若い人材にその能力を伝えられないのであればやむなく外部から人材を受け入れて技術を伝承していくほかないからです。どうでしょうか。このように年齢に関係なく、むしろ高い年齢の方が転職に向いていると言う職種や業界があると言うことが具体的にわかったのではないでしょうか。

●転職で年齢がマイナスに働く場合

新卒はもちろんのことながら第二新卒、さらには転職者でも若い人材の方が求められる場合があります。わかりやすく言えば幹部候補生を促成栽培するような転職でなければ自社でオージェイティーを含めて長期的に育てていきたい、さらにはどのようなスペシャリストを目指すかわからないが企業の中で育てていきたいと言う人材を採用する場合はどうしても特定のスキルで高いレベルにある人材よりも若い人材を求めることになります。
このような求人に関してはどうしても、年齢の高い人材よりも若い人材が必要となってきます。できるだけ特定のスキルに染まっていないことが重要な要素になってくるからです。そしてこのような人材に関してはもしうまくいかなければ、無駄になってしまいますので最初から高い年俸や年収を与えることもなく採用したいと考えるのが企業としても妥当でしょう。

●これからの転職市場について

少子高齢化が続き、労働人口が減っていくことが統計上目に見えている日本の社会においては転職市場も必然的に高い年齢層が求められることも当たり前になってきます。これまでは高い年齢層の転職と言えばスペシャリストでそれなりのスキルがあり高収入が前提の転職でしたが、今後はスペシャリストではなくともちょっとした専門職や人脈を持っていたり、職務経歴書にそれなりの実績が示すことができれば実際に転職に結びつくことが出てくるでしょう。
転職の求人倍率が非常に恵まれた市場になったとしても、年収ベースで考えたときにはどうでしょうか。それなりに高い年収で働いていた中、転職で年収が下がることを大前提にするのは非常に残念な事かもしれません。しかしながら若くて優秀な人材に企業としては投資をせざるを得ず、高い年齢層で転職を求める場合、かなりレベルの高いスキルを持った人材でなければ採用しづらいと言わざるを得ません。
それでも、これからの健康年齢を考えた場合は60歳の定年後も再就職ではなく転職と言う形でどんどん仕事を探しながら70歳近くまで働くことが重要になってきます。ですから年収は多少減ることを大前提としても問題なく働く気持ちが必要になってきます。

まとめ

以上のとおり、現在の日本社会においては転職における年齢は自身の年齢が高くともそれほどマイナスに考える事はありません。むしろ、スキルの高い人材だろうが そうでない場合であろうが求人は存在するので自分自身にマッチした転職先を見つけて、ー長い期間働くこと、やりがいが持てる転職、仕事を探すことを大前提に転職活動をしていくことが大きなポイントだと思います。
このような大前提で考えておけば転職も非常に簡単に進められることは間違いありません。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇