転職に必要な書類についてもう一度考えてみました

転職に必要な書類についてもう一度考えてみました

■転職に必要な書類

転職に必要な書類といいましたら、多くの場合は履歴書、それだけですが、中には職務経歴書なども必要です。

そこには履歴書には書ききれなかった職務内容をちょっとだけ細かめに分かりやすく書いておくというものですが、逆に混乱を招かないように簡潔にもしていかなくてはなりません。

■ただの情報の羅列ではいけません、熱意も伝えます。

とにかくやってきた必要な作業を順に書いていくことは大切なんですが、それらにどうやって、どの様に工夫を凝らして自分のその仕事に対するやる気を、その仕事がこなせますよといった情報につなげて書いていくかが問題になってきます。

ちょっとしたつじつま合わせ的にもなってしまうかもしれませんが、自分で書いていてもそのプロセスは意外と納得できるものだったりします。

■書類を作っている過程で気付くこともあります

そういえばこんなことを作業したなあと想い出しながら書いていくかと思うんですが、その中でこの部分はこの次の仕事で生かせる部分だったなあと思いたっていくことだってあります。とにかく書類一つ作るのにもたくさんの考えや思い、そして記録なんかが記されていくんですね。

会社ごとに履歴書を作るのはかなり面倒な作業にはなってくるんですが、その書類を作る段階で既に次ぎのお仕事の作業へのシミュレーションが頭の中で作られていてそれが出来るようになってくるかもしれません。
時間はかかりますけど、口でその場で即興で考えてしまうよりも、じっくりと考えながらコツコツと必要書類を作っていってそれを採用者側に見せてあげる方が内容も充実してくるかと思っています。

■身分証明書などの必要書類は何が一番いいのでしょうか。

自動車の免許や保険証が一番歴史がありますから説得力があるかと思っています。
今はアメリカのようにマイナンバーもありますが、アメリカのソーシャルセキュリティーカードには住所は載っていません。でも日本のマイナンバーには住所も記載されています。ただ、その住所が現住所とは限らないので書き換えなどが必要になってきますが、それは間に合わない場合もありますし、採用者側はその住所が正しいものなのかということは調べようがありません。でもおおよそ会社から通える範囲の住所にお住まいだったらそれでよしとしようという感じになっているかと思われますのでやはり保険証あがりが一番信用がおけるんではないでしょうか。

■転職をする回数は昔と違って現代っこには増えているように思います。

フリーターだって今や立派な職業の一つですし、どれだけ自分が楽しめる仕事か、もしくはどれだけ自分に融通の利く仕事で自分を幸せにできるのか、そしてどれだけ社会に喜んでもらっているのかなども含めますとどんなステータスの職業だって立派なものだと最近では考えられるようになってきています。

とある外国人の1人の方がボランティアだっていい、仕事をしているということ自体がステータスになるんだとおっしゃられている方がおられましたが、これはとてつもなくポジティブな考えかただと思っています。例え短時間でも何かに従事しているということが生きる人々にとって何らかの目的を与えてくれるようです。それらをうまく履歴書などで表せるのが良い履歴書であるとも言えます。

■転職に必要な材料とは

面接という短い時間でどれだけ相手に信用してもらい気に入ってもらえるようにするのかとうことですが、できるだけ多くの自分に関する情報を集めてそれを必要書類という形にまとめてプレゼンテーションします。

日本での必要書類の多くは用紙に印刷したものが大半でありメインとなりますが、国外ではデータでのやりとりが多いように思われます。書類という紙に印刷されたものですと用紙にしわなどが入らないように大切に扱う行為さえも仕事に対する前向きさの見せ所となります。

そして手書きの場合はもちろん文字の書き方や丁寧さ、それに美しさなども評価の対象となる場合が多くありますので見せるところや見られるところは格段に増えていくことでしょう。

■将来の転職の仕方はこう変わるかもしれない

一部の珍しいところではお仕事の履歴をアピールするのにパワーポイントのプレゼンテーションを使用することもあるそうです。印刷するという手間は省けますが、より見せるように考えて作成しませんと内容が貧弱に見えてしまいますから、気をつけて作っていかなければなりません。

一般の小さな会社ではあまりないかもしれませんが、このプレゼンテーション方式は人前で話しをうまく進めることができ、その場面で自分をアピールできるのかというところまで見られますからそういったスキルをアピールする職業にはもってこいですが、あまり関係ない場合でもそれなりのスピーチ力が要求されてしまいます。

大人しくてシャイな人にはあまり向かない方式の面接ですが、転職をする時はこういったものも頭に置いておくといざという時に驚かなくて済むかもしれません。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇