転職における面接のマナーについて

転職における面接のマナーについて

転職者にとって面接は初めての事ではなく、新卒や第二新卒などで間違いなく経験をしていることです。もちろんのことながら企業側としても面接のマナーについては新卒の学生とは違ってレベルの高いものを求めるはずですし、社会人として当たり前のレベルを保った方々が面接を受けることを想定しています。それだけに面接を受ける側もそれなりの覚悟を持って、最低限のレベルのマナーを身につけた上で面談に臨むことが望ましいと思われます。では具体的にどのようなところが必要な最低限のレベルと言えるのでしょうか。

●服装や身なり

業界や業種によっても異なりますが基本的に企業の面談と言うことであれば建のスーツで髪の毛もスッキリし、ヒゲもきちんと剃っていくと言う基本的なレベルは保つべきだと思います。もちろん、靴やネクタイに関してもきちんとしたものが携帯していることが最低限のレベルだと誰もが考えることでしょう。しかしながら、転職と言えば通年採用と言うこともあり夏場にはクールビズでの面談を求められることもあります。こうした場合には口コミや実際に働く方々の情報を仕入れることによって本当にクールビズでの面談がオッケーなのか、それともきちんとスーツを着こなした方が良いのかを確認してから臨む方が無難であるといえます。最近では、企業によってはあまりにも硬すぎる面談を行うよりもできるだけ自然な形で面談を行いたいと言うこともあり、クールビズ、場合によってはウォームビズを推奨している場合もありますので、事前のチェックは必ず必要になってくると思います。

●マニュアル化されているようなマナー

実際の面接会場で求められる最低限のマナーを改めて見直しておくことも重要だと思います。例えば、面談を待っている会場から実際の面談会場に入る際の作法や、椅子に座るまでの作法、面談を行う際に面談者の目をしっかり見て語ること、そして面談終了後の退出までの作法などは必ずおさらいをしておきましょう。堅苦しいと思われるかもしれませんがこのような作法はいつの時代も重要であり、このようなところは当たり前の社会人品質として先方もチェックしている事は間違いありません。むしろ、どれだけ職務経歴書や履歴書の内容が素晴らしいものであっても、社会人としての最低レベルの品質が保たれていなければ人材としてマイナスに捉えられることもあります。

●面接を受けるにあたっての準備について

実際に面接を受ける前にもマナーを求められることがあります。それは電話で面接を申し込んだり履歴書を送付したりするタイミングになります。またそれ以前に関係のある方々に事前ヒアリングを行う場合にもマナーが求められるでしょう。不躾なことながら突然転職経験者にヒアリングをさせていただくにあたってはきちんとしたメールや電話でお願いをすることが必要になることでしょう。また転職にあたっての面接の合否に関してもその結果はきちんと連絡しておくことが重要です。
また、面接をうけるにあたって、履歴書の書き方、送り方についても基本を守ったほうが間違いなくマイナスに働かないでしょう。そして面接が終わった後希央から連絡があった際の受け答えに関しても社会人としてふさわしい受け答えを行う必要があります。最近ではメールでの連絡が多いのですが、きちんとしたビジネスマナーを守ったメールの返信を行うことが重要です。その後に実際の転職にあたっての説明や配属部署の連絡がありますのでファーストコンタクトの行い方は非常に大きなポイントになってきます。

●ノウハウ本のチェックについて

いかに社会人経験者とは言えいざめんせつのマナーがどのようなものか、全てが正しいところを把握しているとはいいがたいと思います。そこで、実際にどのようなマナーが正しいのか改めてノウハウ本を購入してチェックしてみることも重要かもしれません。面接に関してはあまり奇をてらうことなく基本的なことを淡々とこなすことの方が求められると思います。そしてこの基本こそが転職者の面接にとって非常に重要なことになるのです。
すべての所作を改めて見直すことによって自分自身が社会人として間違って身に付けていたこともあるかもしれません。それをこうしたタイミングに修正することが今後の社会人としての人生にもプラスに働くことになってきます。当たり前のことを当たり前のようにこなすだけと言うことが実は非常に難しいのが面接のポイントです。

まとめ

このように、転職を行うにあたっては社会人に求められる面接のマナーは非常に重要なポイントになります。基本的なことを当たり前のようにこなす、これこそが社会人の転職にとって非常に重要なことになってくるのです。場合によっては客観的な評価を友人や先輩達から行ってもらうのも手法の1つかもしれません。自分自身が間違って身に付けていた面接のマナーがあればこうした客観的な評価の中で修正することもやぶさかではないと思います。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇