転職で退職をするときはやることがたくさんある

転職で退職をするときはやることがたくさんある

転職を実行するということは、それまで勤めていた会社を退職するということでもありますよね。それまで勤めていた会社は、どんな理由で転職するにせよお世話になった会社です。ですので、後腐れがないように、立つ鳥跡を濁さずで退職の手続きをきちんとするようにしましょう。では、転職を実行するときどんなところに注意して退職の手続きを行えば良いのか、要点ごとにまとめて解説していきますね。

転職の退職でまず力を注ぐのは引き継ぎ業務

今までの業務から離れて退職するのですから、引き継ぎ業務を行わなければいけないですよね。もしも引き継ぎ業務を行うことなく急に退職してしまったら、後に残された従業員がとても困ってしまうのは火を見るより明らかです。それでは今まで勤めてきた会社に迷惑をかけますので、転職をするときは退職時の引継ぎ期間を考慮するのがセオリーです。

また、引き継ぎ業務をするならできるだけわかりやすく簡潔に行うのが鉄則です。長く同じ仕事に就いていたりすると、仕事の中でマイルールのようなものができていて、場合によっては「自分にしかわからない」というような特殊な仕事のやり方をしている人もいることでしょう。しかし、それでは満足に引継ぎすることができませんので、それらをできるだけわかりやすくして引き継いでから転職しないといけないです。ですので、引継ぎをする前に誰が見てもわかるようなマニュアル作成をしておくなど、退職前にいろいろと準備しておくのが迷惑のない引継ぎ方法です。

退職日の調整は慎重に

たとえ転職先から「すぐにでも来て欲しい」といわれていたとしても、だからといって引継ぎ等を放り出してすぐ辞めてしまうのはスマートではありません。そもそも退職の申し出はだいぶ前から伝えておかなければいけないものですし、退職日をいつにするかの調整は慎重に行わなければいけないでしょう。

たとえばこれから繁忙期が始まるという前に退職してしまったら、会社にどうしても迷惑がかかります。もちろん転職をするならそれなりに事情はありますからすべてを会社の都合に合わせることは難しいかもしれませんが、それでもできる限り退職日を調整したうえで気持ち良く転職するのが好ましい転職のやり方です。

繁忙期前に逃げるように退職してしまったらたとえこちらに非はなくても後味がどうしても悪くなってしまいますし、お互い納得のいく形で退職日は決めるようにしましょう。

転職で退職するならなるべく有休を消化してしまおう

仕事を退職するとき、まだ消化していない有休はないでしょうか?それまで働きづめだった人なら、有休を1日も消化していないというケースもあっておかしくありませんよね。有休は給与が支給される会社から認められた公的な休みですので、消化しないともったいないです。ですので、転職前にできるだけ有休を消化しておくようにしましょう。

有休期間中はリフレッシュ目的で遊んでももちろん構わないのですが、それだけではなくて転職のための準備をしておくと転職先で仕事を始めるときに良いスタートが切りやすくなりますよね。せっかくご褒美のような形で有休をまとめて消化できるのですから、有意義に過ごさないともったいないです。遊ぶのはほどほどにし、次の会社で好スタートを切るための準備期間にするのがベターですね。

転職のための退職手続きをきちんと行おう

上記した有休の申請だけではなく、転職にともなう退職にはさまざまな手続きがともないますよね。まず退職届を出すことは当然ですし、確定申告のために源泉徴収票をもらったりするのも手続きの1つです。また、厚生年金や財形貯蓄など、各種社会保険についても、何らかの手続きをしなければいけないことがありますよね。

さらに、退職とともに引越しをするなら、転出届や転入届など住所変更手続きをしなければならないですし、運転免許証等の変更届もそうです。転職で引越しをするとなれば会社のことだけではなくさまざまな手続きをする必要がありますので、新しい会社へ勤め始める前にそれらの手続きはまとめて済ませておいたほうが後で困りませんね。

転職するときはやることがたくさんある

ここまで紹介してきた通り、転職をするときは思った以上にやることがたくさんありますよね。業務の引継ぎ、退職日の決定、有休の消化、各種手続きなど、なかなか盛りだくさんなのは否定できません。転職で退職をする場合はこれだけ盛りだくさんのことがありますので、1つ1つ慎重に対応していかなければいけません。

もしも会社に長く勤めていたのなら、その分退職でやることは増えるでしょう。それは正直面倒臭いことなのかもしれませんが、最後のひと踏ん張りだと思って頑張らないといけませんね。会社にまったく迷惑をかけることなくスマートに退職して転職ができれば幸先の良いスタートを切れるでしょうし、それを目標にして後腐れなく転職するのが理想的です。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇