転職で給与交渉を成功させるコツ

転職で給与交渉を成功させるコツ

転職を決意するには様々な事情がありますが、その中に「給与に不満がある」という人も多くいます。
今の会社で貰っている給与が低いと感じる場合、転職して給与が下がってしまっては無駄になってしまいます。
また、給与面で不満はなくても、転職をした際に今の給与を維持できなければ成功とは言えません。
転職の時に給与交渉を成功させるコツについて紹介します。

・給与交渉のタイミング

転職をする際に、求人の詳細を見ると、給与に関しては「○○万円~○○万円」「固定給○○万円以上」等と記載されています。
しかしこれはその人の能力次第であり、余程の実力がないと最初から上限の金額を期待するのは無理です。
自分が幾ら位貰えるのか気になって仕方がないことと思いますが、転職の面接の時には給与交渉のタイミングが重要にになります。
この時の態度次第で大きく印象が左右され、合否判断が別れると言っても過言ではありません。

どの企業でも同じですが、内定が出た後では給与面で納得したことになってしまいますので、面接の場でタイミングを見て交渉しておきましょう。
面接官によっては「今のお仕事では給与はどの位ですか?」とさりげなく話題をふってくれる人もいます。
しかし殆どの場合、何も言わなければスル―されてしまいますので、自分から質問するべきです。
タイミングとしては、自己PRや職務内容の説明が終わり、最後に「何か質問はありませんか?」と言われた時がベストでです。

この時に「やり甲斐があれば給与はあまり気にしていません」等と言うと、それだけ自分を安売りしていることになり「信頼できないのでは」「自信がないのでは」と、良い印象を持たれません。
また、給与の話を持ち出してもはぐらかされた場合、内定通知が来た時に改めて「面接の時に給与について確認させて頂けなかったのですが」と言って再度交渉をしましょう。
内定が出た後ですので言いにくいことでも言い易くなります。

・まずは求人内容の確認から

お金の話をする時には人の表情が変わるものです。
今迄温和だった人が急にしつこくなったり、強い態度になることもあります。
最初から「お給料は幾ら貰えますか?」と単刀直入に訊くと、面接官によっては「強欲な人物」「身勝手そう」と悪い印象を持つこともあります。
まずは「求人内容について確認しておきたいのですが」と前置きをして、「給与に関して年齢・能力に応ずと記載されていますが、私の場合はどの位と考えれば良いでしょうか」「給与規定によるということですが、私の場合はどうなるのでしょうか」等と、交渉ではなく現状の確認を行います。
面接官が提示した金額で納得ができれば「ありがとうございます」と言って終わらせます。
もしも納得できければ、交渉にチャレンジしましょう。

・嘘はつかないこと

転職で給与の交渉をする際に、まず前職での給与を訊かれます。
この時により高くして貰おうと思ってウソを付き高めに言う人もいますが、これは避けましょう。
入社後には源泉徴収票を提出するので、すぐに前職の給与がバレてしまいます。
クビにはならなくてもその後昇給できないことも考えられます。
まずは基本給を伝えるか、年収ベースの場合は年収と月額を伝えます。
残業代については会社によるものですので特に触れる必要はありません。

希望給与額を伝える時のコツは、「今まで○○万円貰っていたので、それ以下になるのは避けたいと思います。
自分の経験や実力を考えると、希望金額として○○万円位でしょうか。」
とやんわりとした口調で伝えます。

できれば「今まで貰っていた金額より少しアップすることを希望しています」と言って、企業側から具体的な金額を提示して貰うのが理想です。

・電話やメールで交渉しないこと

人は直接対面しない方が言いたいことを言えるものです。
中には面接の時には何も言わずに、後からメールや電話で「給与について確認したいのですが」と言う人もいますが、印象が悪くなり、折角内定が決まりかけてもその段階で取り消しになる可能性があります。
お互い顔が見えない分、声のトーンや話し方で印象付けがされてしまうのです。
面接の時に必要なことを言わないのは要領が悪い人物と思われてしまい損をします。

・物腰は柔らかでも強気が基本

転職の時の給与交渉は最も核心に近い内容であることから、急にオドオドして声が小さくなる人もいます。
しかし基本的に給与交渉をする時には、物腰やは柔らかに、さりとてはっきりと意志を伝えましょう。
企業側も即戦力を期待しているので、それだけ自分に自信がある人物ならば活躍してくれるのでは、と期待してくれます。

転職の給与交渉は、残業時間や転勤と共に最も聞きにくい部分でもあります。
しかし自分を売り込む為に面接を受けるのですから、給与交渉をせずに終わるのは勿体ないことです。
相性が良い企業ならば給与交渉の段階で「受かったな」と手ごたえを感じます。
転職をするならば、是非給与アップを目指して交渉にチャレンジしましょう。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇