転職で内定保留を行なう場合の心構えとマナーとは?

転職で内定保留を行なう場合の心構えとマナーとは?

転職活動で複数の企業に応募し1社から内定をもらった場合、他の企業の合否も確認したいため、内定保留を考えざるを得ない場合もあります。しかし、せっかくもらった内定を保留するということは、対応の仕方を間違ってしまうと、その相手先企業に対して失礼になってしまう場合もあります。
このような際に困らないためにも、内定保留をお願いするときも心構えやマナーを見ていくことにしましょう。

■内定保留の期限はどのくらい?

内定保留を企業にお願いする場合、連絡は早めに行ない、できるだけ約3日以内、遅い場合でも1週間以内に最終返事を行なうようにしましょう。
企業やその採用担当者はコストや時間をかけて中途採用試験を行ない、内定を出した人には快く入社してもらい、即戦力として働いてもらえるよう期待しています。企業や採用担当者は、応募者の中には内定保留を行なう者もいることを想定して採用活動を行なうため、最終返事の期限をきちんと連絡して保留することはそれほど問題はなく、採用担当者にマイナスイメージを与えることもあまりありません。
なお、他社の結果が3日から1週間以内でわかる場合は、前述の目安期間内であるため、あえて内定保留の理由を伝える必要はないでしょう。しかし、それ以上に時間がかかってしまうといった場合は、あまりウソの理由を挙げるのではなく、ストレートに「他社の結果も確認したい」と連絡した方がよい場合もあります。
ただし、こうした正直な理由は、応募企業や採用担当者によってはマイナスイメージにつながりやすいので、注意も必要となります。

■最終返事が遅れると内定取り消しになってしまうの?

内定承諾をするにしても保留するにしても、一定期間内に最終返事を行なわなくてはなりません。一般的には会社側から承諾期限を伝えてくるので、内定保留を行なう場合はその最終返事の期限は自分で決めて企業に連絡しなくてはなりません。
この期限を過ぎてしまうと、企業側も「入社意思なし」と判断して、内定を取り消す場合もあります。
さらに、正当な理由がない場合、保留期限を延長するといった応募者の希望が叶えられることはまずないので、自分で決めた期限までに意思を固め、必ず企業に返答するようにしましょう。

■内定保留はどのように行なえばいいの?

現在では、内定の通知を電話や手紙ではなく、メールで伝える企業もたくさんあります。しかし、内定保留の連絡というのは、応募者が自己都合で企業にお願いすることなので、実際に採用担当者と話し、気持ちや熱意、誠意を伝えることが大切になります。
内定保留を企業へ伝える場合、直接出向くかメール、電話などが考えられますが、直接出向くのは丁寧である半面、採用担当者の時間を拘束してしまうことにもなるため、あまりおすすめはできません。
残されたのはメールか電話ということになりますが、前述の通り、気持ちや熱意、誠意を伝えられ、相手の声も直接聞けるという点ではメールよりも電話の方がおすすめです。
ただし、これまでの採用試験期間中に採用担当者と電話でのやり取りがなかった場合や、電話をかけても不在だった場合などは、メールでの連絡でも失礼はないので、臨機応変に考えるようにしましょう。

■内定保留の連絡をする際のポイントとは?

内定保留の連絡をする場合、以下の3つのポイントがあるので注意しましょう。
まず1つ目は、なるべく早めに連絡するということです。
内定保留を行なう場合、企業への連絡は内定をもらったその日に行なうのがベストです。内定を連絡したその日から入社準備を行なう企業もあるほどなので、保留や辞退に関する連絡が遅くなってしまうと、トラブルに発展してしまうケースもあるため、できるだけ早めに行なうことをおすすめします。
次に2つ目は、申し訳ないという気持ちを丁寧に伝えるということです。
せっかく内定を出したのにも関わらず、応募者から内定保留を申し出られたら、採用担当者もあまりよい気持ちはしません。もちろん、企業や採用担当者も内定保留者が出ることはある程度想定してはいますが、相手の気持ちを考慮して対応することが望まれます。そして、内定保留はほとんどの場合、自己都合となるので、まずは申し訳ないといった気持ちを丁寧に伝えることが重要になります。
最後に3つ目は、いつ最終返事を行なうのか明確にするということです。
内定保留を行なうにしても、いつまでに最終の返事を行なうのかはっきりさせることが大切です。そして、保留を伝える際、入社の意思はあるといった気持ちを含ませることも重要です。こうした意思を相手に感じさせない場合、内定取り消しになってしまう恐れもあるため「入社の意思はありますが、入社する前に家族と相談したい」等の気持ちを伝え、採用担当者に失礼のないようにしましょう。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。転職で内定保留を行なう際の心構えやマナーがおわかりいただけたでしょうか?保留をし、結果、入社するにしても辞退するにしても採用のために時間を取ってくれた相手に対して、感謝の意思を伝えることが重要となります。ぜひ、後悔のない対応を心がけてください。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事