転職で二次面接を突破する為の対策

転職で二次面接を突破する為の対策

書類選考、一次面接までは、採用する可能性がある人とそうでない人をふるいにかける為のステップです。
二次面接になると、採用する可能性がある人をじっくりと比較検討するステップになります。
最も重要な判断基準が「この人材は入社したらどの様に活躍してくれるのか」という点です。
面接も人事担当だけではなく、配属される部署の上司や役員、場合によっては社長が出席することもあります。
自己アピールをする場合には、相手の質問に答えるだけではなく「自分はこの会社のニーズに合っている」という点を織り交ぜることが大切です。
また、給与や転勤の可能性など、疑問点があれば具体的に質問しても構わない段階です。
転職の二次面接で相手に「この人材が欲しい」と思われる為には、以下のポイントを抑えておきましょう。

1. 客観的に自己分析できていること

二次面接では、より自己分析を掘り下げる質問をされることがあります。
一次面接では「あなたの強みは何ですか」と質問されることが多いのですが、二次面接では「あなたの弱みは何ですか」と訊かれることもあるのです。
その時に「神経質です」等とネガティブな言い方をしたり、「でも女性が多い職場だったので仕方ないんです」等と自己弁護する様な言い方は避けましょう。
まずは「人よりも慎重なタイプだと思います」と言い、「最終的に不備がないか確認作業を怠らない様にしています」と述べるとポジティブに聞こえます。

2.わざと怒らせたりネガティブな質問をさせる

二次面接では、圧迫面接とまではいかなくても、わざとしつこく掘り下げた質問をしたり、意地悪な質問をしてくれる場合があります。
これは逆境に陥った時に冷静に対処ができるかどうかを見極めている為で、逆ギレしたり頭が真っ白になって何も答えられなかったりすると、将来顧客に対する対応として判断されて、マイナスポイントになります。
「そういう志望動機ならばウチである必要はないですよね」と言われたり、「うちに入ってもすぐに辞めちゃうんじゃないの」と言われても、「自分は今試されている」「面接官も辛いのかも知れない」と思い、冷静に対応しましょう。
また、自分の経歴に関しては「もしかしたらいじられるかも知れない」という弱点があれば、何を質問されても堂々と回答が出来る様に準備しておきましょう。

3.矛盾点は必ず指摘される

二次面接では、面接官はそれぞれの応募書類を事前に読んで、その内容に合わせて質問を準備しています。
少しでも矛盾点があると必ず指摘されますので整合性を保ちましょう。
その場その場で良い答えを取り繕っていると、必ず矛盾点が発生します。
例えば履歴書に自分の性格として「チームワークで仕事を進めていくのが得意」と記載しているにも関わらず、二次面接で「一人で地道にコツコツとする仕事が好きです」と言うと、「本当はどっちなんですか?」と突っ込まれてしまいます。

4.急に難しい質問をしてくる

二次面接では仕事の内容や業界に関して、急に専門性のある質問をしてくることがあります。
これは面接官は答えられなくて当然だと思っているのですが、分からないことに対してどう反応するか見たいだけです。
何か言わなければと焦って見当違いのことを言ってしまわない様にします。
分かりそうならば「少し考えるお時間を頂けますでしょうか」と言って目を伏せ気味にして10秒程考えてから、ゆっくりと回答します。
もし全く分からないことならば「申し訳ありませんが勉強不足の為に分かりません。次回までに勉強致します」と言いましょう。
この時注意したいのは、「どう思いますか」と自分の意見や感想を訊かれた時には「分かりません」と言わないことです。
正否に関わらず、自分の意見はしっかりと述べましょう。

5.雑談型の二次面接に注意

二次面接では社長や役員が出席することも多く、かなりざっくばらんな話し方をする人も多くいます。
側には採用担当者がいて、応募者の話を聞く態度や受け答えをチェックしています。
役員レベルは話し好きな人が多い為に、一方的に自慢話などを聞くことになったりしても、前向きに関心を持って聞く様にしましょう。
相槌も「はい」「そうなんですか」「それは素晴らしいですね」と相手の話に共感する様にします。
注意するべきは、ついつられてタメ口になったり「そうっす」「あざっす」などと略語を使わないことです。
スムーズに会話が終わればまず大丈夫です。

6.その場で内定を示唆されたら

二次面接はほぼ内定が決まっている人に対して行われることも多く、その場で直接内定を伝えられて「いつから出勤できますか」と言われる場合もあります。
入社する意志があれば「是非お願いします」と言えば良いでしょう。
しかし転職の場合は他にも応募している会社があるのが普通です。
その場合には、「○日までお時間を頂けますでしょうか」と言いましょう。
基本的に1週間以内が目安で、それ以上長引くと内定が取り消されてしまう場合もあります。

まとめ

二次面接を突破する為には、ただその企業に入りたい、気に入られたいという気持では見切られてしまいます。
一次面接よりは自分に自信を持ち、自分が入社をすればこんなに役に立つ、という部分をアピールして、将来自分が働いている姿を面接官にイメージさせるのがポイントです。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇