転職する前の自己分析は今後の生活に大きく関係します。

転職する前の自己分析は今後の生活に大きく関係します。

現在仕事をしておられる人の多くは、これまでに転職したいと感じたことがあると思います。しかしそのような思いが生じる理由は様々です。転職を成功させるとともに新たな職場で楽しく仕事を行うには、まずは転職したいという気持ちがなぜ生じたのか、その理由をしっかりと分析するべきです。ではどのような理由で転職願望が生じるのか、その点についてまずは見ていきたいと思います。

その1、仕事に満足できない

現在行っている仕事がつまらないと感じ、転職を希望する人がいます。確かに能力があるにも関わらずそれに見合った仕事が与えられないなら、この場を離れたいと感じることもあるでしょう。

このような場合、まずは今後の可能性について考えてみることができます。もしかすると自分に合っていないと感じる仕事が与えられるのは今だけかもしれません。今後、自分が希望する仕事が与えられる可能性があるのなら、現在の職場にとどまる方が良いかもしれません。

しかしその可能性が非常に低いのであれば、転職するほうが無難かもしれません。その方が時間を無駄にすることなく、自分の能力を活かせるからです。

その2、職場の雰囲気に満足できない

上司や同僚がフレンドリーではない場合、この場を離れて新たな職場で仕事がしたいと思うかもしれません。しかしこの場合も早急な判断は禁物です。まず自己分析を行い、周りの人たちがなぜ自分にそのような態度を取るのかを考えることができます。

もし自分にも改善できる点があるのなら、まずはその点を努力することから始めるべきです。しかし上司や同僚のいじめや嫉妬による悪態などが見られる場合、転職するほうが良いかもしれません。

その3、夢に向かっての転職

転職を希望する人の中には将来の計画をしっかりと立てている人もいます。現在の職場である程度の経験を積み、そこで学んだことを活かして活躍できる職場に移ることをあらかじめ計画していたり、独立を最終目標としている人もます。

このような人の転職は非常に意味深いものです。しか前職場に迷惑がかからない仕方で転職するべきです。これまでお世話になったことに対する感謝の言葉を述べたり、前もって転職することを伝え、仕事の引継ぎなどが上手くいくようにしなければなりません。

自己分析で転職したい理由を明確にすることは大切

転職について考えると、ワクワクするのではないでしょうか?新たな職場で新たな仕事が待ち受けているわけですし、給料も前職場よりも高いかもしれないという期待を抱くかもしれません。また新たな同僚と仲良くなれば友達も増えます。

しかしこうした期待全てが満たされるわけではないこともあります。そのため転職を考える前にしっかりと自己分析を行い、「自分は転職に期待しすぎていないだろうか」と自問することができます。もしこの自問に対して「イエス」の返答があった場合、転職の動機は非常に安易なものかもしれません。

もちろんこのような理由で転職することを否定するわけではありません。誰もが仕事を楽しく行い、満足のいく給料を手にすることを望んでいるからです。しかし現実をしっかりと見つめなければ、逆に転職が状況を悪化させることにもつながりかねません。そのため転職に踏み切る前に、自己分析を行ってその理由を明確にすることは非常に重要なのです。

自己分析によりふさわしい転職先を知る

上記でも触れましたが、状況によっては転職せざるを得ないこともあります。たとえば職場で理不尽な嫌がらせを受けており、それが一向に改善されない場合や、残業が多くて体がもたないといった状況です。このような場合、次の職場を選ぶためにはまず自己分析を行い、自分にマッチする職場を選ぶようにすべきです。

たとえば自己分析の結果、人間関係があまり得意ではないことが分かった場合、人との接触が少ない職場をチョイスするのがベストであるという結論に達することがあるかもしれません。このような場合は流れ作業を行う工場や、社員一人一人に仕事が与えられ、周りの人との仕事上の関りがない職場をチョイスできます。

また給料は高くなくても、とにかく忙しすぎる職場で働くことは難しいという結論に至った場合、残業のない職場をチョイスすることができます。このように自己分析することによって自分に合った転職先を見つけることができるのです。

自己分析は転職を留めることもある

これまでも何度か述べましたが、自己分析を行った結果、転職するのではなく現在の職場に留まった方が良いという結論に至ることもあります。多くの場合、このような結論に至るのは転職に過度の期待をかけてしまったケースや、転職しても状況が現在より良くなる見込みがないと判断された場合です。

しかし転職の希望がここで絶たれてしまったわけではありません。状況が変化すれば転職のチャンスは再び訪れます。そのため自己分析はただ一度行えばよいというのではなく、転職を考える度に行うようにします。そのようにすることで転職すべきか、それとも現在の職場にとどまるべきかを理解することができ、転職を決意した場合は自分に合った職場を見つけることができるのです。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事