転職するまでの期間はどれくらいかかる?

転職するまでの期間はどれくらいかかる?

転職するまでの期間が長引いてしまうと収入に大きな影響が出てしまうことがあります。このような状況を避けるためには、在職中に転職活動を行って退職と同時に新たな仕事を始めることが理想です。しかしそうできないことがあるのも事実です。
こうしたことを念頭に置き、あらかじめ転職期間に関する状況を考慮して無職の期間中に生活に困ることがないよう、貯金しておくことが必要です。それでも転職活動期間が短ければ多額な貯金は必要なくなるために、やはりすぐに新たな職に就けるよう努力するべきです。
ではどうすれば転職活動に必要となる期間を短くすることができるのでしょうか?ここでは転職の流れ、そして転職活動期間が長引く理由や改善策について述べています。

転職に必要な期間は?

一般的には転職するまでの期間は3か月から半年ほどです。かなり開きがありますが、転職先に対する理想が高かったり、じっくりと、そして慎重に転職先を選びたいという人は時間がかかるのが一般的です。
では具体的にどのような状況が転職期間を長引かせるのか、その理由のいくつかについてご紹介したいと思います。

転職期間が長引く理由1.一社ずつの応募

上記でも述べたように、転職先に多くを希望する人は理想的な職場を見つけては応募し、面接するというスタンスを取ります。もちろんこのような転職活動は自分に合った職場を見つけるという点ではベストな方法です。
しかしもし面接や試験で合格できなければ、転職活動はまた一からやり直しです。求人広告や求人サイトを見て自分にマッチする職場を見つけ、履歴書を作成してそれを送り、その後面接や試験の約束を取りつけるという仕方でことが進められていきます。
履歴書を作成するのは比較的簡単かもしれません。しかしそれを送って書類審査が行われ、次のステップに進むまでの連絡が来るまでにはそれなりの時間がかかります。その後面接を行うまでの時間、そして合否が知らされるまでの時間と、一つの会社への転職活動には想像以上に多くの時間が必要となります。
そのためなるべく転職活動の期間を短くしたいのであれば、自分にマッチすると思われる転職先をいくつかピックアップし、同時に転職活動を進めていくことが必要となります。

転職期間が長引く理由2.目標のない転職

人は様々な理由で退職します。しかしその理由が何であろうと前職場を離れた理由をしっかりと分析し、次の職場に自分は何を求めているのかをはっきりさせなければ的確な転職先を見極めることはできません。
「何となく自分に合わないから、仕事を辞めよう」といったような考え方をしているなら、いつまでもふさわしい転職先を見つけることはできないでしょう。たとえ転職できたとしても、またすぐに辞めてしまう可能性は高いと言えます。
また転職活動の期間が長引いてしまったり、なかなか転職活動を始めないのであれば、新たな職を見つけて働く意欲が徐々に薄れてしまいます。そのため自分をしっかりと分析することは非常に重要なのです。

転職期間が長引く理由3.応募項目と一致していない

とにかく自分好みの仕事がしたいと感じ、魅力を感じる会社に片っ端から面接を依頼するという人がいます。しかし会社の中には特定の人材を欲しているところもあり、募集項目で示されている条件を満たしていなければその会社で働くことはできません。
「もしかすると雇ってもらえるかも」という期待を込めてそのような会社への転職を希望しますが、失敗に終わるケースが多々あるのは言うまでもありません。このような人は当然のことながら転職期間が長引いてしまいます。

まずはふさわしいと思われるところへ転職希望を出す

転職期間を長引かせないためには、まず自分が魅力を感じる会社に就職したい旨を伝えることから始めるべきです。先にも触れましたが転職活動は面接を始める前に履歴書を会社に届けることから始まるのが一般的です。
そのため履歴書を送った後は面接の準備を行いつつも、さらに転職できそうな会社を見つけるように努力します。そして理想的な会社が見つかった場合は、それらにも履歴書を送り、面接してもらえるようにお願いするのです。
こうすることで最初の一社からの面接の日時が告げられるまでの時間を有効に用いることができます。

転職期間を短くするには退職前からのスタートが理想

転職活動を短くするためには、退職前からそれをスタートさせることが理想と言えます。厳密に言うなら前職を離れてから次の職へと移行するまでの期間を短くするためには、この方法がベストであるということです。
しかし在職中に転職活動を行うことは決して容易ではありません。現在勤めている会社に迷惑が掛からないように進めていかなければなりませんので、面接の日時などは慎重に決定するべきです。
また面接などのために欠勤するようなことがあれば、現勤め先の社員から冷たい目で見られてしまうこともあります。そのためできることなら有給休暇を残しておき、転職活動に用いることができます。

まとめ

転職は上手に行うことでその期間を短くすることが可能です。そのためここで述べたことを念頭に置き、転職活動を進めていくことができます。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇