転職するにあたってのイベントの活用方法について

転職するにあたってのイベントの活用方法について

過去とは異なり、人材の流動性が進む中によっては転職の様々な形が出てきています。これまでのように転職の情報誌によって面談を受けて転職を図るだけではなく、スキルによって転職のエージェントがいて、エージェントが転職を斡旋する場合もありますし、インターネットやスマートフォンのアプリなどで転職を行う場合もあります。その中で新しい形としてはイベントで転職を斡旋していくと言うこともがありますのでそのパターンをいくつかご紹介したいと思います。

●合同転職会場

新卒であっても転職であっても様々な企業が集まって求人を募る会場があるのはよく知られるところです。しかしながら、過去はそれほど転職に関してはこのような合同企業で集まる事は少なかったと思います。なんといっても主催者側にとっても転職の希望者を集めることが難しい事はもちろん、企業からもキャリア入社を求めるニーズがさほど多くなかったからです。それが今は人材の流動化が進むことによって転職市場が広がり、企業側からも転職希望者からもニーズがある以上はこのようなイベントを開催することで多くの人を集めることができ結果的に主催者としても大きな収益を得ることができるので意味があるようになっています。

●企業が主催する体験会

就職市場においてよく聞かれるのはインターンと言うことです。こちらは大学生が事前に企業体験した上で就職活動に役立てると言う位置づけのものですが実際のところは青田買いの1つになっていると言えるでしょう。そして最近では同じように企業が主催する転職希望者向けのイベントも行っています。それが就業体験を伴うインターンに近い形で開催されているわけですから転職希望者にとっても非常に重要な役割を果たしていると言えるでしょう。正直なところ転職希望者にとっても自分自身が転職しようとする企業の人脈を持っているかどうかが非常に難しいところです。それだけに実際に働く方々とのコミュニケーションを図ることで企業の生のプラスの面やマイナス面をチェックすること、さらに自分自身でそれを体験することができれば非常にメリットがあるといえます。もちろん、大学生のインターンと違ってこのような体験会では即採用に結びつくような査定をされることもありますので非常に近道だと言えるのではないでしょうか。

●臨時でもうける面談ブース

日本には様々な業態で展示博覧会が開催されています。そして実際にこのような展示博覧会においては商品やサービスを訴求することが1番の目的とされていますがそれ以外にも臨時でブースを設けて面談やヘッドハンティングの場を設けることがあります。それだけにこのようなイベントを活用して企業側も転職を希望する側もプラスと捉え大きなチャンスになる可能性があります。
もちろん、このような臨時のブースを設けていなくても、展示博覧会で説明員として立っている人間や、様々な色の人間がうろうろしているわけですから名刺交換を行うことによって場合によっては面談に向かうことができるかもしれません。特に特殊な人材を求めるような企業に関してはこのような展示博覧会で非常に優秀な人材、特に特殊な人材を見つけることができれば非常にメリットがあると言えるでしょう。簡単に転職エージェントにお願いしたからといって特殊能力を持っているような人間を探してくる事は難しいわけですから。ですから、自分自身がこれまで就業していた業種や業態だけではなく、様々な業界を学ぶためにも、昔段階に足を運ぶ方が転職を希望する人間にとってはメリットがあるのではないかと思います。それによって自分自身が隠されたやりたいことを見つけることができる可能性があるからです。そしてこのような展示博覧会に行けば数年後の世界を見ることができ自分自身が気づかなかった新たなニーズも見えてくるはずです。

●1対1で体験できるイベントブース

転職希望者を募りイベントとして集団での面談を行うのではなくマンツーマンでコミニケーションを取れるようなブースを設けるパターンがあります。なかなか大人数ではうまくコミニケーションが取りづらい場合でもこのような場所を用いて普段ではなかなか聞けないようなことを聞き出すタイミングにしてしまうのは非常に良いことです。逆にこのような場所には採用担当者だけではなく様々な職能の人間が、借り出されていることもあり、採用担当者ではなかなか答えづらいような内容を教えてもらえることもあるでしょう。

以上のように最近では単純に転職を考えるやだっても様々なルートがあるイベントを活用したような転職も様々なパターンを見つけることができます。あらゆるところでこのようなイベントが開催されているわけですから自分自身にマッチした転職の手法を見つけてチャレンジすることをお勧めしたいと思います。どれが自分に合っているかはまずは経験してみなければわからないことだと思いますので。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇