転職した後に後悔しないために考えること

転職した後に後悔しないために考えること

日本経済を考えたときに若い人材から中高年に至るまで転職はそれほど珍しいことではなくなってきました。それだけに特に若い人材が転職を簡単に考えています。1度や2度転職に失敗したからといって問題ないと考えるからです。しかしながら一定の年齢に達してくると転職を失敗すると大きな後悔につながることがあります。なぜなら取り返しのつかないことになって次の転職先を見つけるにあたっての大きな課題にぶち当たることになるからです。軽い気持ちで転職をするわけではないと思いますが具体的にどのような考えをもって転職を行えば後悔をしないのかを具体的なポイントで上げていきたいと思います。また失敗しやすい、後悔をしてしまう転職についてもパターンを上げていきます。

●後悔が多い転職について

特に若い人材で見られる後悔が多い転職についてのパターンをご紹介したいと思います。なんといっても自己分析をきちんと行わず、軽い気持ちで転職した場合にはこうしたポイントが顕著になると思います。まだまだ若いから自分は何度でも修正が効くと言うふうに思い込み、転職を行うことによって失敗するわけです。作用がもまだまだ若い人材であれば、食後のトレーニングで鍛えれば良いと言うことで多少のマイナスがあっても採用してしまいますのでこうしたギャップが生まれてくることになるのです。ここで考えて欲しいのは企業にとって人材を採用すると言う事は非常にリスクを抱えることであり、将来への投資でもあります。個人的にはそれほど大きく考えていなくても企業側にとっては大きな投資であり、リスクであることを自覚し軽い気持ちで転職をしないようにしましょう。ひいては自分自身が後悔の気持ちを持って失敗することにつながってしまうからです。

●自己分析ができていないことによる後悔

転職を志すにあたっては何よりも重要なこととして自己分析をしっかり行うことです。自分自身の長所はどのようなところで、短所がどのようなポイントであるかをしっかり見極めなければなりません。その上で現在の企業で自分自身のキャリアアップやスキルアップができないことを見極めた上で新たな道を探すと言うのが転職になるのです。あくまでもこの自己分析の段階でもともと勤めていた企業への不満や人間関係のトラブルから転職したいと言う簡単な気持ちでないことを自分自身に正直にならなければなりません。そして、自分自身がどのようなキャリアアップやスキルアップをしていきたいのかを明確にし、企業を選んでいくと言うステップを必ず明確にするようにしましょう。ここまで明確にしておけば後悔の気持ちがなくなると思います。仮に、転職先で苦しいことがあっても自分自身に納得ができますので後悔しないと言うことになるのです。

●転職前に色々な人の話を聞いてみる

いかに自己分析をきちんと行っても、実態と伴っていなければ全く意味がありません。そこで絶対に行っておきたいのが自分自身が転職したいと考える企業の先輩方に話を聞いてみることです。なかなかこれは難しいかもしれませんが自分自身が抱く理想と現実のギャップによって転職した後に後悔してしまうことがあるからです。新卒の就職活動のことを思い浮かべればよくわかると思うのですがOB訪問を行ったり、先輩の話を聞くことが当たり前だったと思います。転職にあたっても同じことが当てはまるわけです。転職エージェントや転職のインターネットサイトからうまく転職先のビジネスマンの声を直接聞くことを心がけておきましょう。こうすることで自分自身が抱いている現実と理想のギャップが分かってくるはずです。ここまで行っておけば後悔することも減ってきます。
また、自分自身の自己分析や自分自身の描くキャリアアップやスキルアップを率直に評価してくれる周囲の人間を探してきて語ってみることも大きなポイントではないでしょうか。こじつけで自分自身の思いを語っているようでは周囲からもすぐにばれてしまいますし、もちろんのことながら面接官にもすぐにわかってしまいます。このような浅はかな状態で転職を行えば自分の偽りが通ってしまってもまた後で後悔の念にさいなまれることになってしまうのです。

●転職前に現実と理想をシュミレーションしておく

誰しもが必ず現実と理想のギャップにさいなまれることになります。だからこそ理想だけを描くのではなく現実をあらかじめ自分自身の中でシュミレーションしておいて後悔の念を少しでも少なくすることが大きな対策になってくると思います。もちろん理想としてはこのギャップがないことが良い事は分かっていますが現実にはまずありませんので。

このように転職にあたって後悔をしないためには事前にどれだけ自己分析を行っているか、そしていろいろな方々の話を聞いているかどうかで理想と現実のギャップが変わってきます。まずは自己分析からスタートですが人脈を駆使して客観的な意見を聞いてみましょう。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇