転職が決まらない理由についての考察

転職が決まらない理由についての考察


日本の社会を鑑みると完全に少子高齢化が進み、労働人口が減っていく状況です。

最終的には8千万人の労働市場が6千万人まで減っていくという統計結果まで出ているほどです。

そんな状況下において、今は新卒・第二新卒・転職市場ともに売り手市場だといわれていますがそれでも転職が決まらないという状況もあることは確かです。

では、転職が決まらない方々はどのような事情があって決まらないのでしょうか。

具体的にいくつかあげていきたいと思います。

・能力について

実際に求人数そのものは大きな数字になっているにもかかわらず、転職ができないというのは明らかに能力がないということになります。もちろん、専門職能であってもその能力、レベルが一定年齢に達していなければ転職したくても採用できないということになるわけです。ここで必要になるのは転職を考えた場合にどんなスキルや資格が必要なのか、しっかり検討するということです。それも明らかに自分よがりではなく、いかに客観的に見た場合に評価されるものなのか、そして自分が転職しようとする企業やポストにマッチするのかしっかり確認する必要があると考えられます。

・女性活用について

日本でも女性の活用は少子高齢化を鑑みた場合に必要だという声は大きくなっています。しかし、女性の場合は転職に関してはどうしても厳しい状況があるのはいうまでもありません。もちろん、企業として優秀な人材であれば、男性女性関係なく必要という考え方は浸透しています。ここに差別や区別は一切ないといっても過言ではないでしょう。しかし、実際のところ、女性に対して女性の差別はしてはならなくとも、母性に関してはしっかりフォローすべきところとなってしまいます。ですから既に子育ても一巡している優秀な女性に対してはこの母性の気遣いも必要なく、休暇を必要になることもありませんから、転職市場に関しても全く抵抗がないといえるでしょう。しかしながら、若い女性、または結婚したての場合はこうしたわけにはいきません。来るべき母性の保護を企業として考慮しなければならないという意味からです。

どうしても、企業としてケアが必要になってくる以上、仕組みを整えたり現場も浸透まで図る必要が出てきます。

・雇用のミスマッチ

よく聞かれるのがこの雇用のミスマッチです。実際に雇用したい人数に対して、求人数は満たされているのですが、特に転職になるとどうしてもある程度の即戦力が必須ということもあって、求める人材と、働きたい人材でマッチしないことが発生してしまうのです。これを解消するために、転職エージェントなどがあるのです。しかしながら、こうしたサービスを利用してもなかなか雇用のミスマッチを解消することは個別問題としては難しいところがあるのかもしれません。

・タイミング

転職を行おうと考えた場合に、どういったタイミングで行おうとしているのかは非常に大きな問題です。

実際に企業としてポストに空きが出たタイミングに転職希望を出したり、逆にこうしたタイミングを見計らって求人が出た際にはタイミングよく転職がうまくこともあるでしょう。

ここで重要なのはなんといってもタイミングです。

このタイミングさえあえば、多少のハードルがあったとしてもうまく転職可能になってくるでしょう。

・自分自身のたな卸し

転職をうまく進めようと考えるのであれば、なんといっても自分のたな卸しが一番最初にすべきことです。なんといっても自分自身が何ができて、企業でどのような貢献ができるのかをしっかり知っておく必要があります。このようなたな卸しができてこそ、履歴書、職務経歴書も記載することができますし、面接でもしっかり受け答えができる夕になるわけですから。転職市場においてはエージェントも入ってきますが、まずはしっかりチェックしてもらうことも重要でしょう。

・人脈について

転職市場において重要なのは自分自身のたな卸しもさることながら、人脈でしょう。特に同じ業界での転職ともなれば、人脈があったほうが間違いなく転職しやすい環境になってきます。また、違った業界であっても、これまでの取引先、または趣味でのつながり、学生時代の先輩、同級生、後輩などを通じた紹介であれば、その時点で他の方々に比べてアドバンテージを見ることができるからです。

以上のように転職をうまくいくように考えた場合、ざまざまな要素が必要になってきます。もちろん、これも普段から自分自身がビジネスマンとしてどのような心構えでふるまっているのかが大きく左右するところになります。

結果的に自分自身のステップとして転職を行う際の材料として自分自身を売り込むことになるのですが。自己分析や人脈といったところは前述の通り、とにかく普段からしっかり心構えをもって行っておかなければ、一朝一夕にクリアできる項目でもなく、一夜漬けでなんとかなるものでもないということを覚えておくべきでしょう。

 

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇