転職がうまくいかない時に振り返りたいポイントについて

転職がうまくいかない時に振り返りたいポイントについて

世間ではよく転職活動は厳しいという言葉を耳にするけど、自分は実績もあるしスキルもあるからそれほど次の内定先が見つかるまでは時間がかからないと考えて転職した矢先、来る日も来る日も不採用の通知ばかりという人は少なくありません。

自分は大丈夫とたかをくくっている人ほど、思うように結果が出ずに転職活動に悩み始めることもあります。今、転職活動がうまくいっていないと心当たりのある人に自分の転職活動を振り返っていただき、何がダメなのか?についてポイントを整理して頂ければと思います。

1、自分のスキルと会社の欲しいスキルがミスマッチ?

新卒と転職の大きな差は、「社会人経験」になります。社会人経験を積んでいる人であればビジネスマナーを習得しており、内定を出した翌日にでも取引先との商談の席に同席しても遜色ないような即戦力を求めているのが会社側のニーズになります。

一方で、転職活動を始める人は会社側の採用目的や人材のどの部分を見極めているのか?についての視点がなく、自分本位である場合なかなか結果がうまく繋がらないというサイクルに陥ることがあります。

自分は、スキルもあるし仕事にも一生懸命取り組むからどこかしらの企業には内定がもらえると思っていると大変危険です。なぜなら、転職市場の場合は企業が欲しいという人材の人物像をすでに持っているためピンポイントのスキルを持っており、また会社が欲しいレベルを習得していることが最低条件である場合が多くあります。

例えば、パソコンで画像編集ができる。または、ホームページを製作できるなど、インターネットの普及により、企業もインターネットを活用したビジネスを展開したいと考えていた場合、社内にパソコン関係に詳しい人材がいないためIT部門の有力者を採用するために募集をかけたとします。

しかし、採用を募集した本質を理解していない求職者が「前職と同じ業界だし営業経験もあるからアピールしよう」と面接にやってきた場合に、会社が欲しいのは営業部員ではなくIT部員であるため、ミスマッチが起こっていることがあります。

つまり、自分の能力と募集をしている企業が本当に必要としているスキルが一致していて初めて面接において具体的な話が展開していくというわけです。

ただ、募集企業の給料を見たり、休日日数や福利厚生にばかりいつまでも注目した転職活動をしているとズルズルと時間だけが経過して成果が伴わないということは誰でも陥る可能性があります。

そのような展開にならないためにもまずは自分の転職したい企業がどんな人材を求めているのかを正確に把握するようにしましょう。また、求められている人材に必要なスキルを有していない場合は、今は無理でも将来的に取得可能なスキルであるのかを知るだけでも、企業を知る前と後では全く違う世界の人となり転職活動を有利に展開することができるようになります。

2、働きたい企業が見つからない

転職活動でよく言われる「内定がなかなか出ない」という要因の1つに求職者が働きたい企業が少ないということが挙げられます。新卒であればどんな企業でも業態でも好きに受けることができ、スキルがなくても入社後の研修で習得してもらえればいいと企業側も考えています。

そのため、人材を育てるという面で人材育成にも力を入れているのに対し、転職市場では人材の入れ替わりが激しい企業が常に人材を募集しているため毎日転職サイトをチェックしても同じ企業や同じ業界の求人ばかりが溢れており、本当に自分が転職した企業というのはなかなか募集をかけていないということがあります。

企業はたくさんありますが働けるのは1社のみ。入社前から自分がやりたいと乗り気ではない企業にエントリーして面接に進んでも積極的なアピールをする気持ちになれず、ただ面接の日をやり過ごしているという人も多数おられます。

転職活動は基本的に孤独です。誰も見てくれている人はいませんし、転職活動中の交通費などは全て貯金から削って行なっているという人も多いはずです。つまり、自己責任の世界であるため、せっかく希望をいっぱい抱いてスタートした転職活動が、気付いた時には自分の経済面を逼迫しており、1日でも早く仕事を探さなければ生活が成り立たないという人もいて、やむなく仕事を選べず進みたかった業界ではないところに転職をしてしまったという場合も少なくありません。

つまり、転職活動の難しいところは人気のある企業はなかなか求人を出しておらず、一方で人材の入れ替わりが激しく退職者も多い企業は常に募集をかけているという状況なので、転職活動前に抱いていた「再スタートを切る」という夢を叶えてくれる魅力的な企業が新卒時に比べると格段に減るという現状を事前に把握しておくことが大切です。

転職活動で理想の企業に入社できるのはほんの一握りです。タイミングよく行きたい企業が募集をかけてくれて、必要なスキルやの適性があれば良いですがなかなかそうはいかないということで転職が総合的に難しいと言われる所以だと思っています。

転職活動を始めてなんか上手くいかないなと思った人は、転職活動の現実を知り身動きが取れなくなってしまっているかもしません。とにかく企業を厳選しすぎずにせっかく2回目の就職活動を行っていることをチャンスと捉えて前に進んでいただければと思います。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇