薬剤師の転職方法について

薬剤師の転職方法について

薬剤師が転職する時に、現在勤めている薬局等が転職する理由や損得、退職、転職する際の注意点や手順を順番に紹介したいと思います。

1.なぜ転職するのか考える。

現在働いている薬局に不満があり、転職を考えている場合は、周りに相談をしてから、退職する明確な理由を考えましょう。明確な理由があり、退職を上司に相談しづらい場合には、同僚や同期の仲間に相談することが大切です。同じ会社が経営している薬局でも、お店によって人が変われば、当然人間関係も違い、そこに働く人が違うので、お店の雰囲気も全く違うことだってあります。折角入社し、同僚もできたのに、今いる薬局だけを見て嫌になって辞めてしまうのは大変もったいないことです。当然、会社を辞めること、色々な面で損失となるケースがあります。転職を繰り返すとほとんどの場合は給料が安くなります。よほど良い給与体系で転職できれば上がると思いますが、そこで、同じ会社の中で、異動するならばそのような給料減少の経済的な損失は回避できます。まずは、現在勤めている、薬局を辞める前に上司や同僚、同期の薬剤師にまずは相談をして明確な理由を考えましょう。

2.転職を決断したら転職情報を収集する

薬剤師が求人を探す方法としては、インターネットを利用した求人情報サイトで情報を収集し転職支援サイトへ登録します。薬局を探すポイントは、給料、お店の場所、勤務時間、休日、雰囲気、教育システム、借り上げ社宅制度、店舗前にある医療機関などの情報です。薬剤師は資格者ですので、自分ん取って有利な条件で探すことをお勧めします。

3.転職候補の薬局を決める前に確認するポイント

インターネットの求人サイトや、ハローワークの求人票等をみて、募集要項だけを、確認してわかった気になってはいけません。チェーンの薬局ではそこの、薬局が定休日で、あっても、別の薬局へ手伝いに行かされたり、実態は残業がとても多かったりといったこともあり得ます。当然のことですが、本当のところどうなのかを確認しておきましょう。採用担当者が言葉を濁すような場合は、労働時間と求人票の内容がかけ離れている可能性がたかいので、転職を考えなおすべきだと思います。それから、薬局に導入されている設備も確認する重要なポイントです。まったく機械化されておらず手作業が多い職場は疲れるばかりですし、ミスも誘発しやすいです。薬袋も薬歴も全て手書きで、一包化の機械も無かったら折角転職したのに失敗に終わってしまいます。導入された設備や機器も確認が必要なポイントです。

4.収入面の確認について

転職候補になる薬局が見つかったら、まずは、給料面の条件をしっかり確認しましょう。できることならば、コンサルタントを入れて給与の交渉をすることも、選択肢の一つだと思います。給料面は、今後の待遇に大きく影響するので、自分が納得できる内容かどうか確実にチェックすべきポイントです。折角転職したのに、給料が下がるのは絶対に避けたいところ。で、確実に収入をアップさせるには、目先の給料金額だけでなく、定期的な昇給額や、昇給率、賞与についてもしっかりと確認しましょう。

5.入社試験、面接のポイント

自分に納得できる薬局が見つかり、入社試験を受けましょう。筆記試験があったり、性格分析がある薬局もありますが、大事なものは、面接です。面接では、相手がサービス業の薬局店員としての知識や経験を尋ねられ、履歴書の内容に虚偽がないか確認されます。自分のアピールポイントも含め、入社したい動機をよく考えておいて面接を受けてください。

6.退職の申し出について

試験を受けて合格の通地をもらった場合には、現在勤めている薬局に退職を申し出ます。退職を申し出た場合は、お店の運営に支障が出る可能性もあり、ここで陰湿な引き留め工作があるかもしれませんが、こちらも事情があり転職するので、退職する日時は、よほどのことが無い限りはお店にも迷惑を掛けない常識の範囲で退職日を話し合いましょう。一般的には退職を申し出てから退職する日までの期間は就業規則で決まりがありますので、その日取りを逸脱した日付は設定せずに円満に退職できる日時を話し合いましょう。

7.退職までの勤務に付いて

退職が決まったら、退職日までの期間は誰にも文句を言われないように、一所懸命に働きましょう。なぜかと言うと、飛ぶ鳥跡を濁さずで、退職することが大事で、他の薬剤師や同僚に迷惑をかけないことが重要です。有給休暇の消化も必要なことですが、薬局の運営に迷惑をかけないようにやめることで逆に感謝されることもあるからです。

8. 新しい薬局で

新しい薬局に入社したら、たとえ資格者でもそこでは新人扱いされることもあるかもしれませんが、人間関係ができていないので、相手が年下であっても、丁寧に教えを乞うように対応して、職場の雰囲気になじんでいくことが大事です。人間関係はどこの職場でも難しいことですので、人間関係を壊すことがないようにしましょう。

9.まとめ

最後にまとめますと、転職の流れと注意点はここに書いた通りですが、一般的に転職を繰り返すと、よっぽどのことがない限りは、給料が下がる可能性が高いです。転職をうまく立ち回り、良い条件、良い待遇を目指して転職することも人間としての成長も必要なことです。新しい職場に説いても設備が古くないか確認し業務でミスが起きないかも確認しましょう。それから、退職をする際もなるべく迷惑をかけないように、退職するまでの期間や時期も事前に話し合い円満に退職できるようにすることが大事なことになります。この記事を読んでいただき薬剤師の転職が成功することを祈っています。