英語力・英会話力は転職時に武器となります

英語力・英会話力は転職時に武器となります

転職者に企業が求める英語力・英会話力

昨今では、大企業のみならず中小企業においても海外進出が必須です。そんな中で、企業は社員に対して従来にも増して英語力・英会話力を求める様になっています。

例えば、大企業においては、職種に関係なく定期採用時に英語力を判断する1つの手段であるTOEICスコアを参考にしたり、入社後の役付き昇格後に一定のTOEICスコアをクリアする事を必須としているところも少なくありません。

この様に、職種に関係なく一定の英語力や英会話力を持っている事が、大企業では当たり前に求められる時代なのです。

しかし、輸出担当等で、外国人と複雑な交渉の窓口を担う社員には、そんな一般社員以上の英語力を有している人を求め、そうした人を当てるのは当然です。

英語力が求人条件に記載されている場合の転職

以上の様に、多くの企業では職種に関係なく、それなりの英語力を必要とするほどグローバル環境の中でビジネスを展開しているのです。

そんな中で、転職時には英語力は武器となるのでしょうか?これには2つのケースに分けて考える事が必要です。

まず第1のケースは、輸出入等の担当として即戦力の求人を出している場合です。こうした場合には、求人条件に英検やTOEICスコアが、どの程度以上と明記している場合もあります。

こうしたケースでは、日常会話ができると言うレベルではなく、少し複雑なビジネスの交渉が可能なレベルを要求している事が多く、ビジネス英語も可能なレベルでないと武器とはならず、採用されないケースも考えられるでしょう。

こうした求人は、グローバル化に合わせて社員の多くに英語力を求めると言うレベルではなく、TOEICスコアが700点と言ったある程度突出した能力が求められているのです。

こうしたケースでは、突出した英語力は大きな武器となり、他のスキルや面接で人間性等にダメ出しを受けない限り、採用に繋がる事が多いと言えます。

英語力の要求が求人条件に記載のない場合の転職

もう1つのケースは、英語力を求人条件として上げていない場合です。こうしたケースで、日常会話レベルまたはTOEICスコアーが500以上で大卒の平均より少し高い場合、武器となるかと言う点です。

こうした場合でも、スキルとしてこれを記載する事には意味があると言えます。このレベルは、冒頭記載した大企業が定期採用時や昇格時に求める英語力がこの程度の場合が多いからです。

従って、大企業でもグローバル化の中で、様々な職種においても求める最低限のレベルであり、これをクリアーしている事は一定の意味を持つからです。

しかし、これがあるから即採用に繋がると言うものではなく、特に大企業では、これが足切りとなる程度であり、何人かの応募者の中で、スキルや面談結果で甲乙つけ難い場合、将来の事を見据えて英語力の高い方を採用しようと言う程度の武器になると言えます。

英語力だけでは転職の武器として不足です

かつては、ビジネスにおいて英語を必要とする人は、輸出入等の仕事に就く人に限られていました。現代ほどグローバル化が進んでいない時代には、英語力の必要性の認識が低く、英語が好きで、そうした仕事に就く事を望んだ人だけが突出した英語力を身に付けており、比較的そうした人は少なかったのです。

日常会話はもとより、ビジネス英語を操れる突出した英語力を持つ人の求人は増えていますが、それ以上に学生に英語力の必要性の認識が高まり、文系の人の中では英語力の高い人が以前よりも非常に増えているのです。

従って、突出した英語力はもちろん武器となりますが、求人に輸出入業務等で英語力を条件として記載している場合には、英語力にプラスして貿易実務経験や能力を求められる事もあり、単に突出した英語力があるから安心だと言った時代ではない事も理解する必要があります。

学生時代に英語力を磨き、会社ではビジネススキルを磨く事がお勧めです

以上の様に、高い英語力を必要とする職種であるか否かに関わらず、英語力はビジネスの世界では益々重要性を増しています。

従って、学生時代にTOEICスコア700点を目指して英語力を磨き、会社に入れば、自分の職種に必要なスキルを磨く事がお勧めです。

会社の入って、ビジネススキルと共に英語力を磨く事は、時間の関係等で難しくなる為、学生時代にTOEIC700点を目指し、少なくとも500点はクリアして置く事が、就職や転職時に間口を広げる事に繋がると言えます。

特にキャリアアップとして転職を考える場合には、高い英語力は武器と言うより、むしろ必要条件と考えるべきと言えるかも知れません。

もちろん、英語以外に中国語等が突出して得意な場合にも、就職や転職には武器となるでしょうが、せっかく中学生の時から英語を学んでいるのですから、そうした学校英語にプラスして少し努力する事で、就職や転職に役立つ一定の英語力を身に付ける事を真剣に考えるべきと言えるでしょう。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事