紅茶を飲む上で便利なティーバックの特徴と魅力とブランド

紅茶を飲む上で便利なティーバックの特徴と魅力とブランド

★紅茶のティーバックの魅力

紅茶を飲む上で多いのがティーバックを利用する事ですが、ティーバックのいいところは、何より気軽に飲めることです。
同じ1杯を飲むのなら気軽においしく楽しみたいと思うものです。
ティーブレイクは一杯の紅茶を、よりおいしく楽しむために、ティーバッグにもこだわって作られています。

★紅茶のティーバックの種類について

おいしいお茶は、淹れ方よりもまず茶葉のクオリティからて、ティーバックには早く、濃く抽出するための旬の紅茶のおいしさを気軽に楽しめます。
テトラ型三角ティーバックは、茶葉がゆったり広がる三角錐のテトラ型ティーバックです。
バッグの大きさは、中身の茶葉のサイズによって変わります。
茶葉が大きいダージリンは、ひと回り大きなサイズで作っているのが基本です。
ゆとりのサイズで茶葉のおいしさがしっかりと抽出されます。
生分解性素材ソイロンを使用しているものは、ティーバックのフィルターにはトウモロコシを原料とするバイオマス素材ソイロンを使用しています。
ソイロンは土中の微生物により完全に分解される素材で、燃焼時にも有害ガスを発生しないです。

★紅茶のティーバックのワンポイントの入れ方

ティーバックでも淹れ方をちょっと工夫するだけで、ポットで淹れたときと変わらないくらい本格的な味と香りが楽しめます。
淹れ方は簡単で、あらかじめカップにお湯を注いで温めます。
お湯を捨て、ティーバックを入れて、新たに沸騰したてのお湯150ccを注ぎます。
受け皿等でカップにフタをして2分から5分じっくり蒸らします。
茶葉によって蒸らす時間は異なるので事前に調べておくと良いです。
バッグを軽く揺すって引き上げ、角の一つを下に向けながらしずくを落としてできあがりです。
ポイントは早く出そうと一所懸命に揺らしたりせず、高温でじっくり蒸らすことて、これはポットで入れる場合と同じです。
ティースプーンなどでギュッと押し潰すのはナンセンスです。
茶葉を刺激し過ぎると、かえって苦味が出てしまいます。
ティーブレイクのティーバックはティーカップ1杯用として作っています。
容量の大きなマグカップで淹れるときは、ティーバックを2つ使用すると良いです。

★ティーバック紅茶のオススメブランドについて

リラックスしたい時などにティーバックタイプの紅茶を飲んでいるという人は多いで差が、ただ一口に紅茶と言っても、色々なメーカーやブランドから、アールグレイ、ダージリンやセイロンなど、茶葉の種類も様々な商品が販売されていています。
好みですが、どれが本当に美味しい紅茶なのか、購入するまでよくわからない事が基本と言えます。
紅茶の茶葉によって、ブランドによって味わいや特徴が異なるので、紅茶のティーバックについての理解をしておくと良いです。
人気のティーバック紅茶の一つにトワイニング アソート紅茶が挙げられます。
トワイニングの人気かつ伝統の味が一箱に詰まっています。アールグレイ、レディやグレイ、プリンス・オブ・ウェールズなダージリン、セイロン オレンジペコと、茶葉の香り、味が異なる紅茶が個包装で5種類も。好みの味を探してみる事がオススメです。
トワイニングという紅茶のブランドのティーバックなので豊かな香りと繊細な味わいが感じられます。
神戸紅茶のイングリッシュ・ブレックファストも人気が高いティーバック紅茶です。
イギリスを意識して作られたミルクティー派にぴったりの紅茶で、関西圏では安定した人気を誇る同ブレンドと言えます。
現在では、じわじわと東日本に広がってきていえ、強い個性のアッサムとマイルドなケニア紅茶が程良くブレンドされています。
知名度も高く抜群の美味しさを誇るリプトンイエローラベルは、世界展開するブランドです。
日本で日本向けにブレンドされた紅茶であり、ストレートやミルク、アレンジなど、このティーバックだけでもいろいろな楽しみ方ができます。
近くのスーパーマーケットですぐに手に入るのも便利のポイントと言えます。10袋と25袋、50袋と3タイプあるなか、25袋入りが最も売れているそうで、気軽に紅茶を楽しめるティーバックのブランドの一つと言えます。
日東紅茶の有機栽培紅茶 オリジナルブレンドは、安定的に拡大しているオーガニック市場であり、伝統を誇る日本の紅茶メーカーが作った紅茶とされています。
インドとスリランカの有機栽培で育った茶葉から生まれる柔らかい味わいが特徴で、優しい茶葉の味わいがティーバックを通して感じる事ができます。

★紅茶のティーバックのまとめ

紅茶を飲む場合に多くの人が求めているのは美味しさも一つのポイントでもありますが、気軽さということも大きな割合を占めています。
紅茶をティーバックでいれると本格的な味わいが家庭でできるので、人気がありますが、ブランドなど種類もあるので選ぶ際には注意が必要です。
好みの紅茶をティーバックで飲んで見ると良いです。

⬇⬇⬇紅茶オススメ第1位!フランスの創業150年高級ブランド!⬇⬇⬇
⬇⬇⬇第2位!サントリー、女性の美のためのハーブティ⬇⬇⬇

紅茶カテゴリの最新記事