紅茶のミルクティーの特徴とオススメのミルク

紅茶のミルクティーの特徴とオススメのミルク

★紅茶ミルクティーの入れ方

ミルクを使用した紅茶のミルクティーは多くの人に人気があります。
美味しいミルクティーの作り方を覚えておくと良いです。
アッサム紅茶などミルクティー向きの紅茶を使用して、普通にストレートで淹れます。
カップに入れたばかりに熱々の紅茶に少しだけ加えます。
このときのミルクは冷蔵庫から取り出したばかりの冷えたままのもので問題ないです。
ミルクの量は少しだけですので、紅茶が冷めることもなく、ちょうどいい飲みやすい温度になります。手軽に作れるミルクティーを飲んで見ると良いです。

★ミルクティーに向いている紅茶の茶葉

ミルクティーを作るために、紅茶選びも大事です。ミルクティーに合わない茶葉と合う茶葉をわかって、しっかりとした紅茶選ぶ事が大事です。ミルクティーに合うアッサム紅茶CTCは、紅茶は、アッサム紅茶を細かく砕いて丸めた茶葉です。
茶葉が細かいので、味が濃い紅茶がでやすす、ミルクとバランスがとれるので、ミルクティー向けといえます。
これは主に、煮出すミルクティー用として使われます。
ミルクティーに合うアッサム紅茶 リーフとは、アッサム紅茶は、基本的に濃く入るものが多いので、ミルクティー向けです。アッサム紅茶のフルリーフタイプです。
黄金色に見える茶葉がありますが、これがゴールデンティップスと呼ばれる茶葉の新芽の部分で、ゴールデンティップスがあると、紅茶にまろやかさや自然の甘みがでるので、ミルクティーにしても、まろやかで上品なミルクティーが出来上がります。
牛乳に負けないくらい濃厚に紅茶の味や香りが出る紅茶が、ミルクティーにオススメです。
ミルクティーに合う紅茶として人気なのはインドのアッサム紅茶と、スリランカの紅茶が相性が良いと人気があります。
牛乳をたっぷり入れて飲むミルクティーにしたい場合は、アッサム、ディンブラ、ルフナ紅茶がオススメです。
特にアッサムは甘みとコクのあるミルクティーになり、牛乳を沢山入れる場合の茶葉は細かいCTCのアッサムが適しています。
アッサムCTCは、チャイやロイヤルミルクティーに出来るくらい濃厚に味が出ます。

★ミルクティーに合う紅茶のフレーバーティーについて

フレーバーティーでミルクティーに合う紅茶は、キャラメル、メープル、バニラなどの甘い香りのフレーバーティーがオススメです。 甘い香りのフレーバーティーは、砂糖が入っていなくても甘いものを飲んでいる気分になれる魅力があります。
ダイエット中にも嬉しいポイントで、意外とあっさりしたフレーバーのアプリコットやカシスのフレーバーティーもミルクティーにしてみるとマッチします。
アプリコットやカシスの場合は香りが上品なので、その香りが消えてしまわないように牛乳はくれぐれも少なめにする必要があります。

★ミルクティーに合わない紅茶

ミルクティーに合わない紅茶としては、香りを楽しむダージリンはあまりミルクティーには合わないとされています。基本的に好みですが、せっかくのダージリンの青々とした爽やかな香りが牛乳で消えてしまうのでオススメは出来ないです。
紅茶は嗜好品なので、ダージリンをミルクティーにして飲むという人もいるので、好みで色々試してみると良いです。

★ミルクティーに最適な牛乳

ミルクティーを作る上で選択する最適なミルクは、低温殺菌のミルクです。
実際に飲んでみると、低温殺菌のミルクはよりクリーミーで、生クリームのような味わいがあり、ほのかな甘みがあります。
ミルクティーにすると、低温殺菌のほうが、ミルクの臭みがでていないので、ミルクのクリーミーさと牛乳がうまく調和されていて、美味しいミルクティーができます。
普通の牛乳の高温殺菌の牛乳は、くさみがあるので、ミルクティーには向かないです。
普通の牛乳を使用して、ミルクティーを入れると、少し雑味がでる場合があります。
低温殺菌の牛乳の場合は、クリーミーでマイルドなミルク、ミルクティーに最適です。
低温殺菌を使うと、なめらかでマイルドなミルクティーが出来上がります。
ミルクティーには低温殺菌のミルクがオススメですがなかなか手に入ることも少なく、値段も通常のミルクよりも1.5倍ほど高くなる傾向があります。
必ず低温殺菌のミルクを使用しなければならないわけではないのでバランスよく調整して選ぶ事が肝要と言えます。

★紅茶のミルクのまとめ

紅茶にミルクを入れたミルクティーは、多くの人に人気があり気軽に購入する事が出来るので、メーカーや茶葉によっても味わいが異なるので、いろいろ試して見る事が良いです。
自宅で作る場合には、低温殺菌のミルクを使用する事が美味しいミルクティーをつくるポイントの一つと言えます。
ミルクティーの入れ方や特徴を理解して、自身のお気に入りのミルクティーを見つけてみてください。
自身でミルクの量を調整する事ができるので、気分に合わせてミルク量を変えてみる事もオススメです。

⬇⬇⬇紅茶オススメ第1位!フランスの創業150年高級ブランド!⬇⬇⬇
⬇⬇⬇第2位!サントリー、女性の美のためのハーブティ⬇⬇⬇

紅茶カテゴリの最新記事