紅茶でのうがい効果と特徴について

紅茶でのうがい効果と特徴について

★紅茶うがいについて

寒い季節は体調を崩しやすく風邪も蔓延しやすい時期ですが、その時期そこ予防が必要であると言えます。
風邪やインフルエンザの予防に紅茶うがいが効果的なのはあまり知られていないポイントであると言えます。
美味しい紅茶を飲み込まずにうがいをして吐き出すなんて、もったいない気もしますが、紅茶うがいは塩水や緑茶でうがいをするよりも殺菌効果が強いので、病気の予防に効果的と言えます。
紅茶うがいの具体的な方法について理解しておくと良いです。

★紅茶うがいの効果について

紅茶には、殺菌作用のあるカテキンや抗酸化作用のあるポリフェノールや身体の動きを調整するビタミンやミネラルが挙げられます。
有効成分が含まれていて、よく風邪を引いたときに紅茶に生姜を入れたジンジャーティーが勧められていると言えます。
紅茶を、何故飲まずにうがいで吐き出すのか不思議に思う人も中にはいると思います。
身体に良い影響を与える成分があるのなら、吐き出すよりも飲み込んで体内に取り込んだ方が効果があるのではないかという気もしますが、紅茶でうがいをする理由は、ただ飲み込むよりも口の中を洗浄して保護する効果が高まるからであります。
他にも、うがいをすることによって喉を潤して、口内の乾燥を防ぐ働きや殺菌によって喉の粘膜や絨毛を保護する効果を得ることもできます。
ただ水分を飲み込むだけでは得られない効果であり、吸い込んだ異物を吐き出して口内を健康に保ちます。
様々な病気に感染するのを防ぐためには、飲み込むよりもうがいをして吐き出した方が効果を得られるのです。

★病気の予防や口内環境の改善などの紅茶うがいで得られる効果

うがいをすることによって、ただ飲み込むのとは違った効果が得られることがわかりました。
紅茶うがいで得られる具体的な効果は、風邪やインフルエンザの予防が挙げられます。
風邪やインフルエンザの予防に、よく緑茶うがいが勧められています。
紅茶と同じ茶葉で出来た緑茶には、紅茶同様にカテキンが含まれているので、カテキンには殺菌作用がある事からカテキンを含む緑茶でうがいをすることによって口内を殺菌しつつ洗浄して病気の予防効果を得ようというものが緑茶うがいになります。
紅茶の葉は緑茶に使われている茶葉を更に発酵させて出来たものなので、緑茶よりも茶葉の発酵が進んでいる紅茶のカテキンには、緑茶以上の殺菌作用があります。
紅茶にはテアフラビンと呼ばれる成分があり、ポリフェノールの一種であるテアフラビンは、カテキンが発酵して生まれる赤い色素のことです。
テアフラビンにも殺菌や抗菌、消毒作用があるので、カテキンの殺菌作用と組み合わされることでより病気の予防効果が高まります。
喉の痛みを緩和、予防し改善する効果も期待できます。
病気の最中だけではなく風邪の引き始めや病み上がりなど、喉に痛みが生じることは結構な頻度で訪れます。
喉が痛くなると食事をするのも避けたくなるし、誰かと会話をするのも億劫になってしまいますが、紅茶うがいには、そんなつらい喉の痛みを緩和する効果があるとされています。
喉の痛みは、ウイルスや細菌が口を通って侵入することで、喉の奥にある粘膜が炎症を起こして腫れてしまうことで起こります。
虫歯や歯周病の予防効果も挙げられます。
虫歯はただ歯を傷めるだけではなく、歯茎や神経にまで悪影響を及ぼし、最悪の場合口だけでなく全身にまで症状が進行して死に至ることもあります。
傷んだ歯は黒くなって見た目も悪くなるし、美容的な観点からもぜひ改善したい存在です。
虫歯の直接的な原因は、歯に付着した歯垢です。紅茶に含まれているカテキンやテアフラビンの殺菌や消毒作用によって歯に歯垢が付着するのを防ぐことができます。

★口臭の予防や改善効果について

使用後のティーバックを冷蔵庫や残飯置き場などに使って消臭効果を得る方法を耳にしたことはあると思います。
実際に消臭剤や芳香剤としても紅茶は活躍しています。
紅茶には、茶葉の匂いが様々な悪臭を吸着することによる消臭効果もあります。
紅茶でうがいをすることで、口臭の原因となる雑菌や細菌を除去するだけでなく、実際に現れた悪臭自体を消し去ってしまえる効果があります。
うがいをすることによって口内に水分を直接流し入れたり血行を良くして唾液の分泌を促すため、口内の乾燥を防いで口臭の原因を絶つこともできます。
口臭に悩んでいる人は、食後や口内の渇きが気になるときなどに紅茶うがいで悪臭の予防して改善をしてみると良いです。
口臭は自分ではなかなか気が付きにくいので、自分は大丈夫と思っている人でも口臭対策をしておいて損はないと言えます。

★紅茶でうがいのまとめ

紅茶は多くの効果があるので、うがいする事で、積極的に利用することがおススメです。
紅茶でのうがいのはもったいないと思いますが気軽にできるので、毎日の習慣にする事が良いと言えます。

⬇⬇⬇紅茶オススメ第1位!フランスの創業150年高級ブランド!⬇⬇⬇
⬇⬇⬇第2位!サントリー、女性の美のためのハーブティ⬇⬇⬇

紅茶カテゴリの最新記事