第二新卒の転職市場の広がりについて

第二新卒の転職市場の広がりについて

団塊ジュニアでさえも40代に差し掛かり、本格的に労働人口が減っていくことが現実のものとなりつつあります。だからこそ、新卒採用だけではなく第二新卒といった転職市場もどんどん広がりつつあるのは言うまでもありません。それもホワイトカラーやブルーカラーを問わず様々な市場で第二新卒の授業が増えつつあります。
ここで第二新卒と定義付けるのは新卒で就職してから5年以内のビジネスマンと言うことで定義づけたいと思います。
そして第二新卒の転職市場は現在どのような状況であり、どのようなところに気をつければ成功しやすいかについて具体的に上げていきたいと思います。

●第二新卒の転職市場について

今や転職は全く珍しいことではありません。むしろ日本の社会において終身雇用が当たり前ではない方が一般的だと言えるでしょう。そして、良い面でもあり悪い面でもあり、新卒採用で採用された人材が1つの企業に根付くことが難しい状況になっています。もちろんステップアップやキャリアアップを目指して転職を行う場合は第二新卒でも前向きな転職と言えるでしょうが、最近の新卒の学生には組織になじめなかったり、縦社会が我慢できなかったり、人間関係に苦しむことによって残念ながら後ろ向きな理由で転職をせざるを得ない場合もあります。統計でこのような前向きな転職と後ろ向きな転職、それも第二新卒に限った統計が明確に出ているわけではありませんが明らかにこの傾向は現れています。ですから第二新卒で転職を志す場合も2年から3年の社会人経験で踏み切るわけですからまだまだビジネスマンとして一定の基準に達していないこともあり、企業としては採用するにあたっては現場での教育や、一人前になるまでの投資期間を考えるとかなりリスクの伴う新卒採用に近い転職の採用となると言わざるを得ないでしょう。

●第二新卒を志す場合の考え方

前述の通り、第二新卒には前向きな転職と後ろ向きな転職の大きな2つの傾向があります。もちろん前向きな第二新卒による転職であれば明らかに有利だと言えるでしょう。例えば数年間の勤務経験の中で自分自身がさらにステップアップやキャリアアップを行いたい。さらに具体的にはどのようなキャリアアップを行いたいかを実務経験の中で見つけたのであれば転職の面談の際にも間違いなくうまく対応できることだと思います。また転職を行う前にきちんとした自己分析を行い、自分の長所や短所、そして転職先でどのような仕事を行いたいか、自分自身がどのようなキャリアを生かして企業に貢献することができるかを明確に答えることができると思います。
問題は後ろ向きな理由で第二新卒の転職を行う場合です。はっきりっていくら売り手市場の日本の雇用環境にあっても、人間的なコミニケーションに問題があったり、仕事に向かい合う姿勢が前向きでない場合は面談がうまくいかないこともあるでしょう。ですから後者のような場合は、改めて自分自身のキャリアを振り返り短い時間ながらもどのようなことを学んだのか、そして何が足りなかったために仕事がうまくいかなかったのか、そしてどうすれば新たな転職先で仕事を成功させることができるのかを明確にしておく必要があると思います。もちろん前向きな第二新卒の採用に比べるとまだまだ足りない部分が多いのかもしれませんが現時点での自分自身の能力や考え方を明確にして、未来に向かっての伸びしろを面接の際に認めてもらうことが大きなポイントになってくるはずです。

●第二新卒の転職の探し方

第二新卒で転職を行う場合はいくつかの転職の探し方があります。もちろん、現在の職場で人脈や関係会社とのつながりで転職を行う場合には非常にスムーズに転職が進むことでしょう。もちろんそれは前向きな第二新卒の転職であれ、後ろ向きな第二新卒の転職であれ同じことだと思います。ここにはプラスもマイナスもなくうまくいく可能性が高いでしょう。
しかしながら、それ以外にも転職サイトに登録して自分自身で仕事を探すこともあれば、実際に転職を斡旋するイベントなどに参加して転職先を探す場合もあります。このような場合は、どうしても現在の仕事のレベルを職務経歴書や履歴書で明確にする必要があります。短い期間ながら第二新卒としてのキャリアを明確にすることで自分自身の武器を作らなければなりません。
このようにいくつかの転職に結びつける方法がありますので自分自身にもっともっと方法を探すことがポイントになってきます。もちろんのことながらどのような企業に転職を志すにしても転職先の方々とダイレクトにコミニケーションをとって話を聞くことが転職後の後悔につながらないための大きなポイントになる事は言うまでもありません。

第二新卒と言えばまだまだ20代の可能性を秘めたビジネスマンですから短いキャリアの中で自分自身が何を学ぶことができたと明確にして新たな道を探すことにしましょう。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇