私の看護師転職体験~これって、成功例?!

私の看護師転職体験~これって、成功例?!

私も看護師をしていた頃、転職をした経験があります。同じように転職で悩んでいる方たちの参考になればと思い、私の経験を元に感じたことを投稿します。

私は看護学校卒業後、第一希望の大学病院に受からず中規模の病院に就職しました。正直第一希望を断られ、自信を失っていました。でも就職した病院は雰囲気がよく、先輩も優しく親身に指導してくれ、プライベートに至るまで仲良くしてくれました。そこで看護師として、社会人としての基礎を学ぶことができました。

看護師としてのやりがいは感じており、仕事でも徐々に責任あるものを任されるようになっていました。しかし徐々に給料の面や病院の立地の悪さに不満を感じるようになりました。その頃三交代勤務だったのもあり、三年経つ頃には転職を考えだしました。今も三交代の職場はあると思いますが、寝入りが悪い人にとって、日勤夜勤入りの勤務は過酷ですよね。日勤が定時に帰れるとも限らないので、仮眠なしに夜勤に行くという日もありました。体力的にも精神的にもこの勤務が私にとっては一番のネックでした。

これから何歳まで看護師として働くかはわからないけど、転職するなら20代のうちにと思っていた私は、25歳で転職を決めました。

転職を考えるにあたり、今の状況をよくしたいので二交代であること、給料のアップ、交通の便のよさを主に就職活動をしました。就職活動は主にいろいろな求人サイトを見たり、病院のホームページ見たりです。今はネットの時代なので、携帯1つで仕事探しができるのもいいところですよね。

そこで勤務面や立地の良さ、給料面から転職先を救急指定病院にしぼり、運よく採用通知をもらいました。中途採用(経験者)というのもあり、入職時の研修は免除されるものが多かったです。大規模病院では、新人入職ではマナー指導から技術指導までを座学から実技に至るまでみっちり練習をさせられます。その点経験者はほとんど免除され、入職オリエンテーションの後は即実務といった感じです。

救急病院は最先端の医療技術をもつため、医療器具や感染予防など前病院では使用したことないものばかりでした。始めは物品の慣れには戸惑うと思います。中途採用者だったら、前の病院で使っていただろうから使えて当たり前という雰囲気になってしまいます。これ使ったことないの?!と言われたり。。

大規模病院は定期的に院内異動もあります。一般病棟間の異動だったらまだいいけど、一般病棟から救急病棟に異動となれば、話が違ってきます。まさに第一線の職場に様変わりなので、さらに責任が重くのしかかってきます。救急病院に就職してくる人は、救急病棟を希望して入ってくる人が多いので、まさにICUやERは花形の仕事らしいです。私は自分には向いていないと思っていたので、救命に希望は出しませんでした。大規模病院では自分に合った科を見つけることができるのもよいところだと思います。

全てが中規模病院よりよかったというわけではありません。中規模病院に比べスタッフの数も格段に多いので、中には性格がきついスタッフもいました。人間関係はどこに行っても悩みの種ですよね。私も理不尽なことで怒られたこともありましたが、フォローについてくれた先輩の支えもあり仕事に慣れていくにつれ怒られる回数も少なくなりました。

また、大規模病院は研修の回数が多く、教育体制もしっかりしているので時間外や休日の研修も多くあります。時間外の研修でも手当てがでる病院もあるみたいですが、まだそれは少数派だと思います。スキルアップのためには仕方のないことですもんね。

この転職をよかったことと思っていただけるか、前の職場のままがよかったんじゃないかと思うかたもいると思います。私が思うのは、スキルアップを求める人にはもちろん、今の職場で何らかの不満を感じている人にも、転職をおすすめしたいと思います。大規模病院では年齢制限がある場所も少なくないので、転職するなら早めの決断をおすすめします。

その際には不満が解消されるような病院を選ぶのはもちろん、できればそこで働いている人に友達を通じてやサイトを通してなどで直に意見を聞けるのが一番だと思います。そして転職できたら前の職場はこうだった、やりにくいなぁというのは考えず、新たな職場で新たな気持ちで働いてほしいです。

成功例と書いておきながら、私も出産を機に家庭の事情もあり続けることができず救急病院を退職しました。いつかは再就職を考えていますが、もうその時は救急病院でバリバリ働くのではなく、家庭の都合に合わせて働ける病院を探そうと思っています。総合病院、一般病院、クリニック、健診センター、老健施設など、看護師の働き場所はいくらでもあります。その時の自分に合った働き方を見つけることができるのも、看護師の魅力の1つだと思います。全然違う土地で働くことも可能です。自分を必要としてくれる場所は必ずどこかにあります。

みなさんも紆余曲折しながら納得のいく職場を見つけてほしいと思います。

⬇⬇⬇看護師転職サイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇