確定申告時でのDMMFXの分の、収支表記の方法の概要

確定申告時でのDMMFXの分の、収支表記の方法の概要

今回の記事では、DMMFX(DMMFX)での収支状況を確定申告などのような収支報告書作成の際に行う、借方・貸方それぞれでの各勘定科目の振り分け方、取引内容の表記のための記入方法などに関しての概要が記述をされています。
その他の投資取引の場合とやはり同じく、FXの取引でもその際に発生する手数料、評価損益額の表記の区分の取り方といったものが生じてきたりします。そうした事もあり、今回の記事ではそうした場合での記述内容となっています。

1.DMMFXそれ自体を、会計専用ソフトと連携をさせていく意義

DMMFXの取引システム自体も、ネット環境上でのFXトレードサービスの1つでもありますので、システム上、一部の会計専用ソフトとの連携が可能になっています。
これをやっておけば、自動的に仕訳帳や総勘定元帳などのような各種会計帳簿の形での、借方・貸方それぞれの科目振り分けをしてくれるようになっていますので、一々、自分で振り分けそのものを検討していく面倒さなどがありません。

このため、心身両面での労力の軽減化や自動ソフトの機能による正確さがある効率よい振り分け、合計計算作業などを完了させていけるようになりますので、DMMFXの会計専用ソフトとの連携はそうした面で明らかに、やっていく意義が大いにあります。

2.会計専用ソフトを利用していく際での注意点

今、1.の段落で話したように、会計専用ソフトとのDMMFXの連携には大変便利なところがあるといった事も分かりました。ただ、やはりこうしたソフトなども人間が製作をしたITツールである故に、読み込みや振り分けなどを間違えたりする事もあります。
また、そうしたソフトを扱う方も人間ですので、そうした人間本人も操作や表記のやり方などを間違えてしまう事もあったりします。

こうした事もありますので、これは次の3.の段落のところでも詳しく話しますが、各勘定科目の入力後に、入力をした本人自身がもう一度入力表記内容を確認をする必要性があります。

3.結局は勘定科目記入の際には、自らの目で確かめる形には変わらない

ソフトの振り分け能力、それを扱う人間である本人自身、何れの場合でも必ず、勘定科目入力の際には何らかの形での間違いがあります。そのためにも2.の段落末部分でも確かめを入力完了後に一旦、やっていく必要性についても触れました。
特に、会計専用ソフトとの連携の場合には、FX取引の際に発生する科目の表記を、事業貸科目などで計上表記をしたりしてしまう、あるいは借方科目として誤った計上をしてしまうような事態も、たまにあったりします。

こうしたケースもある事からも、勘定科目記入の完了後には、一旦、作成をした本人が自ら確かめをしていくための作業の必要性といったものには、必須である実態もあります。
つまり、幾らこうした自動的な入力ツールなどを利用している場合とかでも、人の目による事後の確かめ作業といったものは不可欠なものである事には変わりがありませんので、この事をよく理解をしておく事が大切です。

もう少し分かりやすく言うならば、会計専用ソフトなどのような電子機械類の能力を、過信したりしてはならないという事に他なりません。

4.FX取引もやはりビジネスの1つ

そしてこれもとても大切な事ですが、投資行為やその取引は、元手であるお金を扱う「ビジネス」になります。
つまり、そうしたビジネスの部類である故に、会社損益計算上では基本的に、元手であるお金や取引に掛かる手数料、評価損益額などをも含めて、会計計算上は基本的に、事業貸借科目での計算による計上表記となります。

確かに手数料なども発生はしますが、これはコンビニなどに設置をされているATMでお金の出し入れをした際の単なる手数料などとは異なり、事業貸借上の取引の際での貸方であり、基本的には事業貸科目の1つに分類をされます。
こうした事情もあって、先にも話した確かめ作業をしていく意義の根拠は、こうした面でも大いにあります。

5.結論としての、DMMFXを巡る収支計算報告書作成での実態

会計専用ソフトの採用の有無にしろ、全てを自身による手書きの簿記による記入表記計算での収支報告書作成の形にしろ、何れの場合においてもDMMFXを巡る今回のテーマとしては、大して労力面での負担の程度の違いを除いては、変わりが無いような感じも正直します。
それでも会計専用ソフトとDMMFXとの連携サービスの設定の有無に関しては、明かに手書きの場合よりも労力面や時間的コストの面において、負担が軽い事は確実である事実があります。

確かにソフト自体の振り分けのための能力上の問題や、同ソフトを扱う本人の能力如何なども、幾らかあったりはします。
それでも同ソフト類を使うのとそうでは無い場合とでは労力面での負担における実態のあり方が大きく異なりますので、大いにDMMFXでもそれだけに、会計専用ソフトの導入をしていく意義はあるものと考えられます。